NHK、8月からBSデジタルにて8K(スーパーハイビジョン)試験放送をスタート!

NHK、8月からBSデジタルにて8K(スーパーハイビジョン)試験放送をスタート!

お役に立ったらシェアお願いします!

総務省は、今年の夏から開始が予定されている4K/8K試験放送を実施する事業者として、NHKと、次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)を認定することを明らかにしました。試験放送の開始はNHKが8月1日、NexTV-Fが12月1日となっています。

オリンピックの8K中継ギリギリ間に合う!?

olympiad-260782_1280

NHKは8月1日より、8K(スーパーハイビジョン)での試験放送実施を予定しているため、8/5から開催されるリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックにギリギリ間に合うスケジュールとなっています。

現時点では8Kテレビはもちろんのこと、8K試験放送に対応するチューナーもないため、オリンピックの8K放送は前回のオリンピック同様にパブリックビューイングでの視聴が主な内容になると想定されます。

試験放送はBS 17chにてスタート

4K8K試験放送は、当初の予定通りBS衛星セーフティネット終了に伴う空き周波数BS 17ch(12.03436GHz)を利用して実施されます。

試験放送は「周波数分割」または「時分割方式」での放送

NHKとNexTV-Fが共同にてBS 17chを使用するため、放送は周波数分割または時分割方式にて放送が実施されます。今回、総務省より放送認可が出たBS 17chでの試験放送については、4Kであれば同時に3ch、8K(スーパーハイビジョン)であれば1chの放送が可能となっています。

放送スケジュール案

NHK及びNexTV-Fが提案している4K8K試験放送における週間放送番組例によると、試験放送は朝10時~17時までの1日あたり7時間編成となっています。

8月1日より試験放送を開始するNHKは、8K(スーパーハイビジョン)での試験放送を中心に行ない、4K放送は月の最終週の16時台に、ひと月あたり6時間程度実施。

一方、NexTV-Fは4K放送が中心となり、毎週月曜日には8K放送(10分程度?)も実施するという編成計画となっています。

視聴には対応チューナーが必要

CSデジタルでは、すでにスカパー!4KやChannel 4Kを実施しているので4Kチューナーが発売されいます。しかし、BSデジタル放送での4K放送は、本試験放送が最初の放送となるため、現状対応チューナーは発売されておらず、視聴する手段がないのが現状です。

昨年の日本最大の放送機器展である「InterBEE2015」の聞いた限りでも、試験放送対応チューナー開発を行って企業はなく(当時はまだ仕様が公開されていなかったため)、メーカー側も間に合わないだろうと発言していました。

昨年の12月に技術仕様が公開となったので、今年の夏~秋ごろには登場してくるのではないかと想定しています。

今年から始まる試験放送はBS 17chを使用するため、現状のBSアンテナ等で対応出来ますが、2018年から開始が予定されているBS(左旋)での4K/8K放送については、別途対応アンテナが必要となります。詳しくはこちらを参照下さい。

2018年開始予定の左旋円偏波4K/8K実用放送にも対応!「BC45RL」など6ラインナップ「BC paRabo」が発売開始
マスプロ電工は、現在のBS/110度CSデジタル放送だけでなく、2018年に開始予定となっているBS左旋波(左旋円偏波)を用いた4K/8K衛...
2018年開始予定の4K/8K実用放送に対応する分配器・分波器、衛星ミキサーが2月上旬から発売
マスプロ電工は、2018年から開始予定のBS左旋円偏波4K/8K実用放送にも対応可能な分配器・分波器、衛星ミキサーを2月上旬に発売開始します...

放送設備はNHKの設備を使用

4K/8K試験放送に必要な放送設備については、すべてNHKの設備にて実施するようです。NexTV-Fは独自で放送設備は持たず、NHKの放送設備を借用するとなっています。

NexTV-Fの8K機材は、東京・渋谷のにあるNHKの子会社「NHKメディアテクノロジー」内にあり、NHKとNextV-Fは試験放送の認定事業者として別ではありますが、試験放送自体は2者の共同運用となりそうです。

まとめ

ようやく、試験放送の事業者が発表されました。しかし、決定がこのタイミングでは、恐らく夏までに対応チューナーの発売は厳しいでしょう。そのため、今年のオリンピックを一般の人が4Kテレビで見れる可能性は非常に低いと思われます。

何とか8K放送は間に合うスケジュールとなっていますが、対応するテレビもない・チューナーもないでは、これまでのオリンピック時にイベントとして開催されていたパブリックビューイングでの視聴が想定されるため、ホントにこれで試験放送が間に合ったか?と言われると疑問です。

2017年には110度CSでの新たな4K試験放送開始が予定されているので、テレビや対応チューナーの購入については当面慎重に選択する必要がありそうです。

8K(スーパーハイビジョン)関連記事

8K(スーパーハイビジョン)の歴史:8Kはどうやってできたのか
今日は8K(スーパーハイビジョン)の歴史について解説いたします。8Kって最近の話でしょ?って思われるかも知れませんが、実は研究開発の...
4Kテレビよりすごい?8Kテレビって何?
「4Kテレビ」ですら、まだまだこれからですが、最近少し話題になっている「8Kテレビ」について簡単に解説します。 8Kとは? 8Kとは、4...
UHD(Ultra HD)は4K?それとも8K?
今回は少し難しい内容で、どちらかというと技術的な内容です。もう少し4Kのことを詳しく知りたい方向けのトピックスとなっています。 Ultra...
日テレ、世界初?地上波レギュラー番組「笑点」を8Kにて収録!
2016年1月9日、落語家が一堂に会する「大喜利」で有名な日本テレビ(日テレ)の超人気長寿番組「笑点」が8Kにて収録されました。日テ...
世界初8K(Super-Hi-Vision:SHV)対応中継車(SHC-1)と22.2ch対応音声中継車(SA-1)レビュー
昨年の9月に池上通信機株式会社(以下池上通信機)が、「世界初」の8K中継に必要な機材を一式搭載可能な8K対応中継車を製作しました。製...
脅威の22.2chマルチチャンネル音響、8K(スーパーハイビジョン)がすごいのは画質だけじゃない!
来年、2016年から試験放送が実施される8K(スーパーハイビジョン)は現在のフルハイビジョンの16倍の解像度(横:7,680×縦:4,320...
パナソニックと慶應大学発のベンチャー企業、非圧縮フルスペック8Kの伝送可能な光ファイバーケーブルを開発
パナソニックは、フルスペック非圧縮8K映像を、1本の光ファイバーで伝送可能な独自のコネクタ付ケーブルを、慶應義塾大学発ベンチャー企業「KAI...
22th International Display Workshops(IDS'15)より主要な最新の8Kディスプレイ技術を紹介します!
「22th International Display Workshops(以下IDW '15)」が、滋賀県の大津プリンスホテルで2015年...
【CES2016速報】LGが98インチ8Kテレビ発表!
LG Electronicsは、1月6日から米国ラスベガスで開幕する「2016 CES」にて、8K対応の98インチテレビ、LGUH9800や...
サカナクションの「Aoi −碧− サカナクション」が8Kx3Dx22.2ch立体音響にて上映について語ります!
2015年11月12日・13日の2日間、東京・渋谷ヒカリエにて、放送・メディア業界関係者向けに、2013年度NHKサッカー放送テーマ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!