UHD(Ultra HD)は4K?それとも8K?

お役に立ったらシェアお願いします!

今回は少し難しい内容で、どちらかというと技術的な内容です。もう少し4Kのことを詳しく知りたい方向けのトピックスとなっています。

Ultra HD(UHD)と4Kは同じ?

4K_UHD

日本ではあまり一般的ではありませんが、海外ではよく「Ultra HD」というワードを目にします。よく「4K」ロゴの下によく併記されていますね。

場合によっては4KよりもUHDという表現をメインとしているようです。例えば今年に新しく4K関係で作られた規格名称や団体名称ですが、4KではなくUltra HD/UHDとなっています。

  • Ultra HD Blu-ray
  • UHD Alliance

Ultra HD Blu-ray

4Kに対応する次世代のブルーレイディスク規格です。先日、パナソニックから世界初の対応機器(DMR-UBZ1)が発売されました。この機器で出来ることを以下の通りです。

  • Netflix/youtube/アクトビラ4KをHDDに録画出来る
  • 4K対応ディスクである「Ultra HD Blu-ray」が再生出来る

実はUltra HD Blu-rayを再生は出来るのですが、まだUltra HD Blu-rayに録画することが出来ません。これまでのディスク規格の歴史を考えると、そう遠くない未来に録画が可能なレコーダーが出てくると思われます。

UHD Alliance

今年の1月に4Kコンテンツの技術支援や認知拡大を目的として設立されました。設立メンバーはDIRECTV、Dolby、LG電子、Netflix、パナソニック、Samsung、シャープ、ソニービジュアルプロダクツ、Technicolor、The Walt Disney Studios、20世紀フォックス、ワーナーブラザーズの計12社です。

面白いのは世界最大の配信事業者であるNetflixが入っていること、ソニー本体ではなくソニービジュアルプロダクツが入っていることです。このことからも設立の目的として認知拡大が上がっていますが、まずは技術的な観点がメインであることがわかります。

8KもUltra HD(UHD)?

images

上記で4Kのことを海外ではUltra HDと表記される記載しましたが、実は8Kも4K同様にUltra HDと併記されています。それって4K=8K=Ultra HDってこと?と思ってしまいますが、それは間違い。しかし、4Kと8KにUltra HDが併記されるのはちゃんとした理由があります。

4Kも8Kも実は国際標準規格は同じITU-R BT.2020

BT2020

出展:ITU-R BT.2020 part2

上記はBT.2020の抜粋です。上から三番目のPixel countが解像度に関する使用です。左側の7,680 x 4,320は8Kのことを指しています。また、右側の3,840 x 2,160は4Kを指しています。

本サイトの最初の記事内にて「実は、4Kという規格はないんです!」と紹介しましたが、8Kも同様に8Kという規格はありません。では規格上はどうなっているかというと以下のように定義されています。

  • 3,840 x 2,160(通称4K):UHDTV1
  • 7,680 x 4,320(8K):UHDTV2

国際規格上では4K/8Kは共にUHDTVとなっており、区別は1と2表記だけなんです。海外で4K/8KともUHDと併記される理由は赤字部分を引用しているからなんです。理由が分かると併記されているも頷けます。

ここで上記の3,840×2,160(通称4K)と記載したのは理由があります。以前にも4Kという規格がないと記載しましたが、本来の意味でいうと4KはDCi-4Kを指しており、私たちが普段見掛るテレビ・放送・サービス等の4KはUHDというのが本来は正確です。

そのため、海外(特にアメリカ)では4KとUHDを明確に分けて使われています。これはDCI-4Kがデジタルシネマ(映画)向けの規格であることも関係しています。映画といえば、ハリウッド!が代名詞なのでテレビ・放送向けはUHD、4Kはでデジタルシネマ向けと業界規格・関係者などは分けていますが、アメリカの一般の方ですら、ごっちゃになっていて、4Kが一般的に使われています。

まとめ

規格の成り立ち上で言えば、4K・8K・UHDはそれぞれ内容が異なります。しかし、一般的にはデジタルシネマ用規格(DCI-4K)という存在があまり知られていないため、UHD=4Kとなっています。

かつ、規格上は4K/8Kの違いはUHDTV1とUHDTV2という1,2の違いしかないため、主に欧米では4K/8K=UHD(Ultra HD)という表現がされています。一方日本は、8K規格を開発したNHKがスーパーハイビジョンという愛称を使っていることから、8KやUHD(Ultra HD)ではなく、スーパーハイビジョンという言い方が一般的となっています。

8K(スーパーハイビジョン)関連記事

8K(スーパーハイビジョン)の歴史:8Kはどうやってできたのか
今日は8K(スーパーハイビジョン)の歴史について解説いたします。8Kって最近の話でしょ?って思われるかも知れませんが、実は研究開発の...
4Kテレビよりすごい?8Kテレビって何?
「4Kテレビ」ですら、まだまだこれからですが、最近少し話題になっている「8Kテレビ」について簡単に解説します。 8Kとは? 8Kとは、4...
世界初8K(Super-Hi-Vision:SHV)対応中継車(SHC-1)と22.2ch対応音声中継車(SA-1)レビュー
昨年の9月に池上通信機株式会社(以下池上通信機)が、「世界初」の8K中継に必要な機材を一式搭載可能な8K対応中継車を製作しました。製...
脅威の22.2chマルチチャンネル音響、8K(スーパーハイビジョン)がすごいのは画質だけじゃない!
来年、2016年から試験放送が実施される8K(スーパーハイビジョン)は現在のフルハイビジョンの16倍の解像度(横:7,680×縦:4,320...
パナソニックと慶應大学発のベンチャー企業、非圧縮フルスペック8Kの伝送可能な光ファイバーケーブルを開発
パナソニックは、フルスペック非圧縮8K映像を、1本の光ファイバーで伝送可能な独自のコネクタ付ケーブルを、慶應義塾大学発ベンチャー企業「KAI...
22th International Display Workshops(IDS'15)より主要な最新の8Kディスプレイ技術を紹介します!
「22th International Display Workshops(以下IDW '15)」が、滋賀県の大津プリンスホテルで2015年...
【CES2016速報】LGが98インチ8Kテレビ発表!
LG Electronicsは、1月6日から米国ラスベガスで開幕する「2016 CES」にて、8K対応の98インチテレビ、LGUH9800や...
サカナクションの「Aoi −碧− サカナクション」が8Kx3Dx22.2ch立体音響にて上映について語ります!
2015年11月12日・13日の2日間、東京・渋谷ヒカリエにて、放送・メディア業界関係者向けに、2013年度NHKサッカー放送テーマ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!