22th International Display Workshops(IDS’15)より主要な最新の8Kディスプレイ技術を紹介します!

22th International Display Workshops(IDS’15)より主要な最新の8Kディスプレイ技術を紹介します!

お役に立ったらシェアお願いします!

「22th International Display Workshops(以下IDW ’15)」が、滋賀県の大津プリンスホテルで2015年12月9日、10日、11日の3日間日程で開催されました。このIDWはアジア最大のディスプレイ国際会議の一つです。

今年は横浜でネットワークの国際会議IETF 94が開催されるなど、大きな国際会議がいくつも日本で開催され、日本の各方面の有識者が多数日本に来日したのではないかと思います。

IDW ’15は研究者向けの会議であるため、発表内容を理解するのはかなり難しいのですが、その中から今後の8Kディスプレイに関わる内容についてトピックスをいくつか紹介したいと思います。

パナソニックが55型の8K/120p(120Hz/120フレーム/秒)対応IPS液晶を開発

panasonic_display

出典:パナソニック液晶ディスプレイ(論文番号:LCT1-1)

パナソンックにはアモルファスSi結晶を用いたIPS液晶で、55型の8K/120p(120Hz or 120フレーム/秒)対応IPS液晶の開発に成功したと発表しました。従来の技術では120p(120Hz/120フレーム/秒)で表示・処理が追い付かないため、画面を上下に分割して制御することにより120pを実現しています。

シャープが低消費電力で知られるIGZOでスマホ対応4Kディスプレイを開発

Z5-Premium

世界初の4Kスマートフォン「Xperia Z5 Premium」(SO-03H)」にはシャープ製のLTPS液晶が採用されています。今回の発表ではより高精細かつ明るいディスプレイが可能となる新型のIGZO液晶ディスプレイについて発表が行われました。

三菱電機がBT.2020に98%対応の高コントラスト液晶を開発

bt2020

「REAL」シリーズを発売している三菱電機がより高コントラストの液晶ディスプレイ開発に成功しました。その色域再現はITU-R.BT.2020規格の98%まで再現出来ています。98%というのはほぼ人間の目で見える色と同等の再現性があります、尚この液晶開発はNHKと共同開発が行われています。

高コントラストを実現するために色の三原色(R:赤、G:緑、B:青)それぞれにレーザーダイオードを採用しています。これらのレーザーダイオードを液晶バックライトの光源とすることによってこれまでにない高コントラストを実現しています。

レーザーダイオードをバックライトとして用いるには高出力な半導体レーザーが必要となります。赤色の半導体レーザーについては三菱電機のテレビ「REAL」シリーズですでに採用されていますが、緑色の半導体レーザーは最近になってようやく開発されたばかりで、テレビの液晶バックライトに応用されたのは初となったようです。

しかし、この半導体レーザーは非常に高価であるため、一般の液晶テレビに採用されるのはしばらく先になりそうです。放送局向けや医療用など業務用向けに先行して製品化される可能性はありそうです。

まとめ

今年の発表は8K(スーパーハイビジョン)でのフルスペックである120p(120Hz or 120フレーム/秒)対応に向けた基礎技術開発が着実に進んでいることが確認出来る会議となっていました。逆に言えば、8Kテレビの製品化はまだもう少し先であることを痛感した発表内容だったと思います。

一般的な世帯で言えばどんなに大きくても60インチ以下であるため、パナソニックが発表した内容が最も現実的な製品が発売されそうだなと感じれる内容となっていました。一応我が家としては今後のディスプレイの開発やBSでの4K/8K放送内容を追っかけて2018年頃に買い替えたいと考えています。

8K(スーパーハイビジョン)関連記事

8K(スーパーハイビジョン)の歴史:8Kはどうやってできたのか
今日は8K(スーパーハイビジョン)の歴史について解説いたします。8Kって最近の話でしょ?って思われるかも知れませんが、実は研究開発の...
4Kテレビよりすごい?8Kテレビって何?
「4Kテレビ」ですら、まだまだこれからですが、最近少し話題になっている「8Kテレビ」について簡単に解説します。 8Kとは? 8Kとは、4...
UHD(Ultra HD)は4K?それとも8K?
今回は少し難しい内容で、どちらかというと技術的な内容です。もう少し4Kのことを詳しく知りたい方向けのトピックスとなっています。 Ultra...
世界初8K(Super-Hi-Vision:SHV)対応中継車(SHC-1)と22.2ch対応音声中継車(SA-1)レビュー
昨年の9月に池上通信機株式会社(以下池上通信機)が、「世界初」の8K中継に必要な機材を一式搭載可能な8K対応中継車を製作しました。製...
脅威の22.2chマルチチャンネル音響、8K(スーパーハイビジョン)がすごいのは画質だけじゃない!
来年、2016年から試験放送が実施される8K(スーパーハイビジョン)は現在のフルハイビジョンの16倍の解像度(横:7,680×縦:4,320...
パナソニックと慶應大学発のベンチャー企業、非圧縮フルスペック8Kの伝送可能な光ファイバーケーブルを開発
パナソニックは、フルスペック非圧縮8K映像を、1本の光ファイバーで伝送可能な独自のコネクタ付ケーブルを、慶應義塾大学発ベンチャー企業「KAI...
【CES2016速報】LGが98インチ8Kテレビ発表!
LG Electronicsは、1月6日から米国ラスベガスで開幕する「2016 CES」にて、8K対応の98インチテレビ、LGUH9800や...
サカナクションの「Aoi −碧− サカナクション」が8Kx3Dx22.2ch立体音響にて上映について語ります!
2015年11月12日・13日の2日間、東京・渋谷ヒカリエにて、放送・メディア業界関係者向けに、2013年度NHKサッカー放送テーマ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!