NIMSとシャープ、色域を拡大する緑色蛍光体を開発。現行テレビと同じバックライト技術で8Kテレビが実現する!

NIMSとシャープ、色域を拡大する緑色蛍光体を開発。現行テレビと同じバックライト技術で8Kテレビが実現する!

お役に立ったらシェアお願いします!

NIMS(国立研究開発法人物質・材料研究機構)とシャープが、色域を拡大する緑色蛍光体を開発。この蛍光体を使って白色発光ダイオード (LED) を試作し、8K放送の色のきれいさを十分に再現できる色域であり、現行の液晶テレビと同じ蛍光体LED方式でのバックライトの実用化にメドがたったそうです。

8K放送でも、LED方式のバックライトが実用化

2017年2月23日、国立研究開発法人物質・材料研究機構 (以下NIMS) のチームと、シャープ(株)の研究チームは、8Kテレビに適した白色発光ダイオード (LED) の試作に成功したと発表しました。

LEDを構成する 緑色蛍光体の発色を改良し、赤、緑、青の光の三原色の鮮やかさが向上し、8K放送の目標色域の90%も達成したしたそうです。これは、8K放送の色のキレイさをLED方式でのバックライトの実用化十分に再現できる色域と言えます。

現行の液晶テレビと同じ蛍光体を使うことにメドがたちました。

http://www.nims.go.jp/news/press/2017/02/201702200.html

これがどういうことかと言うと?

価格が安くなるのでは?と思います。一般普及するお値段で製作できるということですね。

2020年に8Kテレビの普及計画

そもそも、2020年に、8Kテレビの普及が計画されてました。

以前当サイトでも記事にしているのですが、8Kというのはまだ高価です。

4Kテレビよりすごい?8Kテレビって何?
「4Kテレビ」ですら、まだまだこれからですが、最近少し話題になっている「8Kテレビ」について簡単に解説します。 8Kとは? 8Kとは、4...

従来のNTSC規格に対して言うと、色空間の面積比で134% (CIE1976座標上) もの広い色域をが必要でした。

また、規格の実現には発色のよい光源が必要で、現行のバックライト技術では対応できませんでした。

色再現性UPには、バックライトの色の3原色の色純度が肝

また、色再現性UPには、バックライトの色の3原色(赤、緑、青)の色純度を向上させる必要がありました。

現状のバックライトは、赤色や青色成分の色純度と比べて、特に緑色成分の発色が悪く、色再現性UPには、緑色蛍光体の開発が重要でした。

今回開発したLEDバックライトは?

試作したLEDバックライトは、NIMSが開発したγAlON (ガンマアロン) 緑色蛍光体を用いたそうです。

特徴は?

  • 発光波長が525nmと色純度が高い緑色
  • スペクトルの半値幅が40nmとシャープ

これにより、純粋な緑色の発色が可能となり、BT.2020規格の色再現域の90%を達成することが可能。

環境を考え、コスト面と安全面で優れた技術

これまで色域拡大の方式として、カドミウムを用いた量子ドットが提案されていました。しかし環境負荷の点で好ましくありませんでした。

しかしこの技術なら、有害な元素を用いずに色再現域に対応でき、現行のバックライトの白色LED部品だけを置き換える技術であり、コスト面と安全面で優れています。

今後は?

今後は、明るさ改善と低コスト化を進める予定。そのあとに液晶テレビに組み込んで色再現性の調整を行い、2018年の8K実用放送開始に向け、8Kテレビのバックライトに適した白色LEDの実用化を目指していくと言います。

関連記事はこちらも

追加情報 2018年から始まる4K・8K実用放送のチャンネルについて
1月24日、BSおよび110度CSによる4K・8K実用放送を行うことを申請していた衛星基幹放送事業者に対して、総務省内で高市総務大臣...

https://4k8ktv.jp/category/about-8k/

【速報】2018年開始の4K/8K実用放送は13局にてスタート予定!
朝日新聞によると、2018年開始の4K/8K実用放送は13局での運用を行うと報道されています。総務省のサイトを確認したのですが、本日(10/...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!