4Kテレビ購入の方必見!来年開始のBSデジタル4K放送は最新の4Kテレビで視聴出来ない

4Kテレビ購入の方必見!来年開始のBSデジタル4K放送は最新の4Kテレビで視聴出来ない

お役に立ったらシェアお願いします!

今、販売してる4Kテレビでは、来年始まるBSデジタル4Kの放送が見られないなんて!えっ?って感じです。4Kテレビの購入検討をされている方に、是非とも知って頂きたい内容なので、ショッキングなタイトルにしました。

何かと情報が少ない4K放送には、まだまだあまり知らせていない落とし穴があります。

今日のトピックスを3項目でまとめると、

  • 2016年からBSデジタルにて始まる4K試験放送は今の4Kテレビでは視聴できない。
  • BSデジタル4K放送は2018年から実用(商用)放送になる予定。
  • 8K放送についても来年の2016年から試験放送がBSデジタル放送にて開始される。

2016年からBSデジタルにて始まる4K試験放送は、今の4Kテレビでは視聴できない

BS-Digital-4K

出典:4K・8Kロードマップに関するフォローアップ会合 第二次中間報告

私のブログでは定番?の総務省の次世代放送に関する報告書を使って解説していきます。

注目してほしいのは、2016年の「4K・8K試験放送」(BS17ch)という内容です。

えっ、8Kも試験放送開始するの?っとそちらにまずビックリされる方もいらっしゃると思いますが、今日はここにはあまり触れず、本題の4K試験放送について解説します。

資料左側の「衛星」「124/128度CS」という項目の2014年・2015年をご覧ください。

2014年の「4K試験放送」は今年度末にて試験放送の終了を発表した「Channel 4K」を表しています。また、2015年の「4K実用放送」今年の3月からスカパーが開始した世界初の4K放送専門chである「スカパー!4K」のことです。

上記2つの放送はどちらも「124/128度CS」(CSデジタル)にて放送されています。実はここが重要なポイントです。今の4Kテレビには、CSデジタルの4Kチューナーしか搭載されていないんです。なぜならまだ具体的なことが決まっていないので家電メーカーは生産も発売も出来ません。

BSデジタルでの4K試験放送開始時期は、夏のオリンピックが一つのポイントとなっています。あと9か月ぐらいしかありませんが、具体的な仕様が確定しておらず、どの4Kテレビにも搭載されていません。

今のペースで行くと2015年度中に仕様が確定し、2016年の6月ぐらいに対応チューナーが発売されるのではないでしょうか。購入する側から言えば全く迷惑な話です。

せっかく全部の4K放送が見れると思って購入したテレビが、来年から始まる新しい4K放送が見れないなんて・・・

今すぐに4K放送を見たいという方、もしくはチューナーが発売されて見たい作品があれば、対応チューナー買うよ!のはいいと思いますが、そんなに急いでない方は来年の夏ぐらいまで待った方が賢明かもしれません。

BSデジタルの試験放送については、今後も最新情報を取り上げていく予定です。

BSデジタル4K放送は、2018年から実用(商用)放送になる予定

2016年のいつから始まるかも決まっていない、BSデジタルでの4K試験放送ですが、試験放送開始から2年後の2018年からは、実用放送に切替わることがすでに計画されています。

Channel 4Kの様に、完全な試験放送であれば、まぁチューナーはなくてもいいか。。と考えられますが商用放送することがすでに計画されているのであれば、なおさら見れるテレビを購入したいですね。

BSデジタルでの4K実用放送について、覚えていてほしいことがもう1点。資料を見て頂くとBSの下に「左旋」「右旋」という聞きなれない言葉があると思います。これもビックリな内容なのですが、この「BS(左旋)」は今のBSアンテナでは受信出来ない可能性が高いということです。

特に注意が必要なのが、アパート・マンション等で共同BSアンテナを使っている場合です。4K放送は非常にデータ量が多いため、多分岐を前提とした配線を用いているアパート・マンションではロス(ノイズ)が多くて受信出来ない可能性があると言われています。

共同のBSアンテナを利用されている方は、2016年から開始される4K試験放送を視聴するには別途アンテナを立てる前提で検討をした方がいいかもしれません。

8K放送も2016年に、試験放送がBSデジタル放送で開始される

この内容は、私も最初見たときに目を疑いました。たしかに最近は大きなスポーツイベントがあると、パブリックビューイング等で8K放送(スーパーハイビジョン)を見る機会が増えました。

しかし、仕組み的には実用化はまだまだ先だなと、ほんの数年前まで感じていました。NHKの技術研究所も当初は2025年頃実用化なーんてことを言ってたぐらいですから。

それが2013年頃から、東京オリンピック関連で一気に盛り上がって、気づけば2016年から既存のBSデジタルで試験放送開始とは驚きです。

放送開始はいいけど、8Kのコンテンツなんてあるの?という疑問が沸いてきます。私が知る限りでは、NHK以外で8Kのコンテンツを試験的に撮影等を行っている会社が4社ほどあります。

WOWOW、スカパー、J SPORTS、東北新社の4社です。これからの会社はまだ、8Kでの放送が開始される前にノウハウを積むために試験的に取り組んでいるようです。

豊富なコンテンツは期待出来ませんが、すでに数社が8Kに取り組んでいるので、8K試験放送開始時に全くコンテンツがない!!ということは避けられそうです。

4K8K試験放送を受信するにはBSアンテナも買い換えが必要

2016年から開始される4K/8K試験放送は、既存のBSアンテナにて受信が可能ですが、2018年からスタートが予定されている左旋波を用いた実用4K放送には、対応アンテナ等が必要です。

現在、BS左旋波に対応しているアンテナ及び周辺機器はマスプロからのみ発売されており、DXアンテナも今春には発売を開始する予定です。

2018年開始予定の左旋円偏波4K/8K実用放送にも対応!「BC45RL」など6ラインナップ「BC paRabo」が発売開始
マスプロ電工は、現在のBS/110度CSデジタル放送だけでなく、2018年に開始予定となっているBS左旋波(左旋円偏波)を用いた4K/8K衛...
2018年開始予定の4K/8K実用放送に対応する分配器・分波器、衛星ミキサーが2月上旬から発売
マスプロ電工は、2018年から開始予定のBS左旋円偏波4K/8K実用放送にも対応可能な分配器・分波器、衛星ミキサーを2月上旬に発売開始します...

4K/8K試験放送関連記事

2018年開始予定の4K/8K実用放送とは?
総務省は10月19日、2018年開始予定となっているBS及び東経110°CSによる4K/8K実用放送の業務認定申請の受付結果と、20...
4K/8K試験放送は録画禁止?!今の4Kテレビでは視聴出来ない~次世代放送は知らないと損することがたくさんある~
このサイトを立ち上げようと思った一つに4K/8Kや新技術のHDRに関する情報があまり一般的に知られていないと感じたからです。スタートは「4K...
NTT、8K/60p対応HEVCリアルタイムエンコーダを開発
2月15日、日本電信電話株式会社(以下NTT)は、8K/60p対応HEVCリアルタイムエンコーダを開発したと発表しました。今回の新開...
日テレ、世界初?地上波レギュラー番組「笑点」を8Kにて収録!
2016年1月9日、落語家が一堂に会する「大喜利」で有名な日本テレビ(日テレ)の超人気長寿番組「笑点」が8Kにて収録されました。日テ...
脅威の22.2chマルチチャンネル音響、8K(スーパーハイビジョン)がすごいのは画質だけじゃない!
来年、2016年から試験放送が実施される8K(スーパーハイビジョン)は現在のフルハイビジョンの16倍の解像度(横:7,680×縦:4,320...
サカナクションの「Aoi −碧− サカナクション」が8Kx3Dx22.2ch立体音響にて上映について語ります!
2015年11月12日・13日の2日間、東京・渋谷ヒカリエにて、放送・メディア業界関係者向けに、2013年度NHKサッカー放送テーマ...
8K(スーパーハイビジョン)の歴史:8Kはどうやってできたのか
今日は8K(スーパーハイビジョン)の歴史について解説いたします。8Kって最近の話でしょ?って思われるかも知れませんが、実は研究開発の...
4Kテレビよりすごい?8Kテレビって何?
「4Kテレビ」ですら、まだまだこれからですが、最近少し話題になっている「8Kテレビ」について簡単に解説します。 8Kとは? 8Kとは、4...
UHD(Ultra HD)は4K?それとも8K?
今回は少し難しい内容で、どちらかというと技術的な内容です。もう少し4Kのことを詳しく知りたい方向けのトピックスとなっています。 Ultra...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!

コメント

  1. 物部文直(ものべふみなお) より:

    この情報はとても有り難い情報です。
    かと言って、必ずしも100%買い控えの原因になるとも思えませんが、後付けの4BSチューナーやセット・トップ・ボックスを嫌う人は待てば良いし、今すぐ4Kの良さを味わいたい人はすぐに買って、4KBSチューナーの標準化が実現して発売されたらそれを購入して既に買った4K対応TVを使い続けると言う選択肢が有り、このサイトは正しい選択、納得した上での選択が出来る貴重な情報を与えてくれたサイト、または消費者の味方のサイトだと思います。
    一方で、企業に取ってもプラスのサイトだと思います。
    と言うのは、この様な情報が無かった為に知らずに買ってしまった顧客から大きな苦情を受ける事を避けられるメリットとなるjからです。
    購入者、消費者が『メーカーや業界に欺された』と感じる事の無いビジネス推進の為に消費者、メーカーの奏法から感謝されるべきサイト、または情報と思います。

    • のほほん より:

      物部文直さま

      コメントありがとうございます。
      最近はちょっと仕事が忙しくて技術的な内容をかけていませんが、
      少しでも役にたててうれしいです。

      近々、まもなく国際標準化となるHDRの最新動向や次世代圧縮技術のアップデートを
      書こうと思いますので見て頂けると幸いです。