東芝から「BS/CS 4Kチューナー」が後から搭載可能なレグザ発表!今4Kテレビを買うならこれか??

お役に立ったらシェアお願いします!

国内テレビ初!東芝から、BS/CS 4Kチューナーを搭載したレグザの2018年モデルが発表されました。嬉しいのは、全モデル「新4K8K衛星放送に対応するBS/CS 4Kチューナーを搭載※」可能なテレビにしたこと。2018年12月に始まるBS/CSで4K本放送(新4K8K衛星放送)も、これを買えば安心ですね。※あとからチップを差し込めば、BS/CSで4K本放送に対応します。

2018年のレグザ 全モデル「新4K8K衛星放送に対応」

先日、東芝 レグザの新モデルが、合計9モデル発表されました。どうやらこの全モデルに「新4K8K衛星放送に対応するBS/CS 4Kチューナーを搭載」する模様。

誤解を生みそうですが、今現在はこのチューナーは内蔵されてなく、10月頃郵送されてくるチップを差し込めば、BS/CSで4K本放送に対応するのです。ややこしい・・・

しかし、2018年12月に始まるBS/CSで4K本放送(新4K8K衛星放送)も、これを買えば安心かな?

※アンテナや混合器、ブースターなども交換することで、すべてのBS・110度CSの4K放送を視聴できます。8K放送の受信には対応していません。

2018年12月1日からBS・110度CSで4K放送が始まります

昨日、総務省から報道資料として、「現在市販されている4Kテレビ・4K対応テレビによるBS等4K・8K放送の視聴に関するお知らせ」という資料が...
5月1日、総務省から平成30年12月から実用放送が開始される「BS等4K・8K放送」について、動画が紹介されました。4K・8K放送の...
スカパーが、次世代の4K8K対応のアンテナを発売する。このアンテナを使えば、国内におけるすべての衛星放送に対応可能で、すべての 4K...

ここでは、BS/CSで4K本放送(新4K8K衛星放送)の話は置いておきますが、このBS/CSで4K本放送(新4K8K衛星放送)を視聴するには、チューナーが必要です。

今現在4Kテレビ(4K対応テレビ)をお持ちの方は、2018年秋ごろ発売予定の外付けのチューナーなどを購入する必要がありますが、今、テレビが壊れた!・・・でも2018年12月に4K放送がはじまるみたいだ、じゃあ4Kテレビを検討しよう!という方には、ぴったりの商品ですね。

これから4Kテレビを買おうとお考えの方!新しいレグザを選べば、チューナーを追加しなくても、簡単に4K放送を楽しめます!!

テレビの背面に「拡張端子」と書かれたUSB端子が備わっているそうで、このチップをそこに差し込めば、4K本放送を受信できるようになるとのこと。

発売するモデルは?

4K有機ELテレビの「X920」シリーズ
4K解像度のVA液晶パネルを搭載「BM620X」「M520X」シリーズ

※単体4Kチューナーも2018年秋に発売予定。

一応、BS/CS 4K本放送対応

BS/CS 4K本放送では、新しい著作権保護技術で、ACASが採用される予定です。そのため、ACASチップを内蔵した「BS/CS 4K視聴チップ」が必要なのですが、6月頃に発売されるモデルには間に合わないそう。

よって「BS/CS 4K視聴チップ」搭載が間に合わない人は、対象機種購入者のみ10月以降に発送するので、それで対応してね、と言うことらしい。

テレビの背面に「拡張端子」と書かれたUSB端子が備わっているそうで、このチップをそこに差し込めば、4K本放送を受信できるようになるとのこと。

4K視聴チップの申し込みはインターネットや電話、ファックスでも申し込み可能なので安心してください。

4K有機ELテレビ X920シリーズ

発売は7月下旬 サイズは2種類

65V型の 65X920(65万円前後、税別)
55V型の 55X920(45万円前後、税別)

「レグザエンジンEvolution PRO」で引き締まった黒と高画質を実現

参照:http://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/x920/index_j.html

ディスプレイは、LG製の4K有機ELパネルを採用。映像エンジンは、新たに「レグザエンジンEvolution PRO」を搭載。「BS/CS 4K放送」を高コントラストに描く新しい映像エンジン。

新開発の画素構造を採用し、ピーク輝度、黒の再現能力が向上。高いコントラストで輝きと引き締まった黒を再現します。この「レグザエンジンEvolution PRO」は、有機ELパネル専用に高画質チューニングした新映像処理エンジンで、高精細で緻密な描写を実現します。

HDR10とHLGは対応、ドルビービジョンは非対応

HDRフォーマットは、HDR10とHLGには対応していますが、ドルビービジョンには非対応。

映像の種類を判別する「BS/CS 4KビューティX PRO」

参照:http://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/x920/index_j.html

また「BS/CS 4KビューティX PRO」も追加されている。これは放送で使われる圧縮された4K映像に対し、映画、アニメ、音楽ライブなど素材のフレーム数に応じて、最適な参照フレーム数を算出。三次元ノイズリダクション処理・フレーム超解像処理を実行することで、BS・110度CSの4K放送を美しく楽しめる技術です。

ノイズレスの4K映像を作り出す機能も

このほか、「地デジビューティX PRO」「HDRリアライザー PRO」「美肌リアライザー」も搭載。「地デジビューティX PRO」は、地デジなどの映像(水平1440×垂直1080画素等)を、ノイズレスの4K映像を作り出す機能。

また、HDR映像の色彩を正確に再現する「HDRリアライザー PRO」は、色の表現が難しい明るいシーンでもありのままの色彩で描き出す機能や、肌の質感を美しく、リアルに再現する「美肌リアライザー」も搭載されています。

新開発の「有機ELレグザオーディオシステム」搭載

参照:http://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/x920/index_j.html

フルレンジスピーカー、ツィーター、バスレフボックスのすべてを新開発。

総合出力46Wのマルチアンプ駆動で、臨場感豊かな高音質を実現。取り付け位置を改善したボックスに収められ、スピーカーユニットは正面から見えないよう配置しています。

またお馴染みの「タイムシフトマシン」も

別売の「タイムシフトマシン」対応USBハードディスクがあれば、オンエア中の番組もボタン1つで最初から楽しめ、放送済みの番組も過去番組表からすぐ再生できます。
(録画は地上デジタル放送最大6チャンネルまで可能)

「過去番組表」放送済みの番組表から見たい番組を簡単に選んで見られます。
「始めにジャンプ」放送中の番組を、ボタン1つで番組のオープニングから楽しめる。
「ざんまいスマートアクセス」で録画した膨大な番組から、見たい番組をすぐに選べます。
「ボイス機能」リモコンに番組名などを話しかけ、簡単に見たい番組を探すことが可能。

BS/CS 4K放送の録画に対応し、別売のUSBハードディスクを接続することで4K番組の録画もできます。4K放送の番組表から、簡単に録画予約もできます。

地上/BS/110度CSデジタル放送用のチューナーを3基搭載し、同時に別の2番組を録画できたり、「おまかせ録画」を使えば、毎回録画予約をすることなく、おすすめのドラマやアニメ、好きなタレントなど、お気に入りのテーマの番組を自動的に録画するので、らくちんです。

そのほか「ダブルウィンドウ」「まるごとチャンネル」等が使え、放送+外部入力、4K 放送+放送などさまざまな組み合わせで表示できます。

また、放送中の地上デジタル番組最大6チャンネルを画面上に同時表示する「まるごとチャンネル」も面白いかも。

「声」でレグザを快適操作、スマートスピーカー連携

スマートスピーカー連携で、スマートスピーカーに話しかけることで、チャンネルの変更などさまざまな操作を行うことができます。

※ Google アシスタント搭載スピーカーに対応
※ 本機能のご利用にはインターネットへの接続環境が必要。

4K液晶レグザ M520Xシリーズ・BM620Xシリーズ

BM620Xシリーズ:重低音「バズーカオーディオシステム」

BM620Xは、新開発のVA方式液晶パネルと「レグザエンジンEvolution」を採用。

前面に配置した「クリアダイレクトスピーカー」と、新開発の「バズーカウーファー」を搭載し、マルチアンプ駆動により豊かな低音再生と、透明感のあるクリアな音質を再現します。

BM620Xシリーズは3種類 6月下旬発売

55V型 55BM620X(21万5000円前後)
50V型 50BM620X(17万5000円前後)
53V型 43BM620X(14万5000円前後)

M520Xシリーズ:自然でクリアな「レグザパワーオーディオ」

M520Xは、新開発のVA方式液晶パネルとレグザエンジンEvolutionを採用。

自然でクリアなサウンドを再現する「レグザパワーオーディオ」は、剛性を強化したバスレフ型フルレンジスピーカーとレグザサウンドイコライザー・ハイブリッドで低音から高音までバランスの良い迫力あるサウンドを再現します。

M520Xシリーズは4種類 発売日は多少異なる↓

65V型 65M520X(25万円前後)6月下旬発売
55V型 55M520X(20万円前後)6月下旬発売
50V型 50M520X(16万円前後)6月6日発売
43V型 43M520X(13万円前後)6月6日発売

新開発の映像処理エンジン「レグザエンジンEvolution」

参照:http://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/bm620x/index_j.html

4K放送や地上デジタル放送を高精細に映しだす新開発映像処理エンジン「レグザエンジンEvolution」は、映像信号処理のビット精度改善により階調性や微小信号再現性が向上し、滑らかなグラデーションやディテールを再現します。

そのほか、BM620XとM520Xには、ブロックごとに映像の種類を検知し、絵柄に応じて最適な復元処理をする「BS/CS 4KビューティX」が搭載。

地デジのノイズを抑える「地デジビューティX」、明るいシーンでも自然な色彩を描く「HDRリアライザー」「美肌リアライザー」も搭載している。

この4K液晶レグザ M520Xシリーズ・BM620Xシリーズも、同時に別の2番組を録画でき、「おまかせ録画」も使えます。また「ダブルウィンドウ」も使え、放送+外部入力、4K 放送+放送などさまざまな組み合わせで表示できます。

レグザのサイト

レグザX920シリーズの製品詳細

さいごに

これからBS/CS 4Kチューナーが載ったものは登場していくでしょうから、この商品に飛びつくのは早いかも?しれませんが、東芝のテレビはもともと根強いファンが多い商品。今回発表した有機ELテレビも液晶テレビも、さすが東芝!やっぱり引き締まった黒が魅力で綺麗だねという声が聞こえてきそうです。

この先何を発表してくるのかよくわからない東芝。経営的にもいろいろあるだろうけど、頑張って良いテレビ作って欲しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!