【CES2018速報】2018年 試作品のSONYの8Kテレビがお目見え SONY製品どんなものが出る?

お役に立ったらシェアお願いします!

SONYは、米国ラスベガスにて1月9日(火)より開催の「CES 2018」に出展し最新の4K有機ELテレビや8Kディスプレイや次世代プロセッサー「X1™ Ultimate」を発表。また自動運転車載向けイメージセンサーや新しいAiboを発表し、会場を沸かせたそうです。この8Kディスプレイは実質8Kテレビの試作品ですね。発売が楽しみです。

スポンサーリンク

CES 2018 主な展示内容と参考展示は?

有機ELブラビア『A8Fシリーズ(AF8シリーズ)』

有機ELテレビは、LG、Panasonic、Philips、Grundig、Loewe、Bang&Olufsen、Toshibaなども販売しており、今年はさらに激戦が予想されます。SONYは今年も逃げ切れるのでしょうか?

2017年に発売した『A1シリーズ』は査読者にもユーザーにも高い評価を受けたモデル。『A1』で採用した4Kプロセッサー「X1™Extreme(エックスワン エクストリーム)」と、画面を振動させて音を出力する音響「Acoustic Surface(アコースティック サーフェス)」を継承したモデル。

海外では今春、55インチと65インチのサイズで発売される予定です。

SONYは2018年も、Googleの「Android TV」オペレーティングシステムを使用。また『A1』の5度の傾きを気にして居た方がいるかどうかは不明ですが、この『A8Fシリーズ』の画面は垂直になってるようです。

「X1 Extreme」は複数のHDRフォーマットをサポート(HDR10、HybridLog-Gamma、Dolby Vision)

「Acoustic Surface」はスピーカーユニットとしてOLEDパネルをスピーカー膜として使用し、スピーカーユニットを必要とせずに画面から直接音を出すオーディオテクノロジー

関連記事はこちらも

SONYが5月8日、4K BRAVIAの2017年モデルとなる新シリーズを発表しました。 この中には先日海外で発表された4K有...

4K液晶テレビ ブラビア『X900Fシリーズ』

4K液晶テレビ ブラビア『X900Fシリーズ』も、4Kプロセッサー「X1 Extreme」を搭載。新技術「X-Motion Clarity(エックスモーション クラリティー)」により、動画応答性能が大幅に改善したそうです。

85インチまでの大型サイズで展開し、映画や、スポーツの動きの速いアクションシーンも、大画面でクリアでスムーズに楽しめるモデルです。

大画面サイズの顧客の要求に応えるために、この『X900Fシリーズ』を拡張。海外モデルは、49インチ、55インチ、65インチ、75インチ、85インチがありますが、価格もまだ未定。

2018年 試作品のSONYの8Kテレビがお目見え

プロセッサー「X1™ Ultimate(エックスワン アルティメイト)」を参考展示

CES会場では、8Kディスプレイも参考展示しており、実質この8Kモニターがプロトタイプの8Kテレビと言えるでしょう。この8Kディスプレイに搭載の次世代プロセッサーが「X1™ Ultimate(エックスワン アルティメイト)」になります。

このプロセッサー「X1™ Ultimate」は、X1 Extremeより約2倍のリアルタイム画像処理能力を実現し、バックライト技術を組み合わせ、8K HDRコンテンツのリアルタイム処理と、HDRフォーマットの最高値 10,000nitsの超高ピーク輝度を実現。

この新しいプロセッサーは現在は試作段階に入っているそうです。SONYの「X1 Extreme」と「X1 Ultimateプロセッサ」の違いは、画像処理方法の様です。「X1 Extreme」はコンテンツをフレーム単位で処理し「X1 Ultimate」はオブジェクトベースで処理するようです。

また、この「X1™ Ultimate」は8Kテレビ用ではなく、4Kテレビにも搭載される予定です。

CESで8Kのテレビの正式発表はなかったけど・・実質これが8Kテレビのプロトタイプでしょう。

海外のサイトによると、SONYが8Kのロゴを発表したという。ヨーロッパやアメリカ、日本において商標登録申請をしたようで、もうすぐソニ...

初のDolby Vision Ultra HD ブルーレイプレーヤー「UBP-X700」を発表

このCES 2018でDolby Visionを搭載した初の「Dolby Vision Ultra HD ブルーレイプレーヤー」を発表しました。海外では「UBP-X700」は2018年1月か2月に発売される予定で、価格は199ドル。

日本国内での販売も、Dolby Vision対応だしあると思います。

テレビでDolby Visionのアップデートを出す予定となっているSONYですが、日本でのDolby Vision アップデート時期は未定。(現時点の対象モデルは、Z9D/A1/X9500Eシリーズ)

もし、「UBP-X700」が発売されても、Dolby Vision Blu-rayディスクを再生するには、ファームウェアのアップデートが必要になります。なので、動向をしっかり見ておかないといけませんが、いろいろなサイトを見る限り2018年夏が濃厚です。

関連記事はこちら

ボーナスで何を買いますか?4Kテレビもいいけど、値段もこなれてきたUltra HD Blu-rayプレイヤーがお勧め。どれが自分に合...

当サイトのUltra HD ブルーレイ関連記事

今回は少し難しい内容で、どちらかというと技術的な内容です。もう少し4Kのことを詳しく知りたい方向けのトピックスとなっています。 Ultra...

Dolby AtmosやDTS:X対応のサウンドバー「HT-Z9F」「HT-X9000F」

ブラビアに合わせて設置できるスリムなサウンドバー『HT-Z9F』と『HT-X9000F』は、「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」と「DTS:X™」に対応。

フロントスピーカーだけで3次元の立体音響を実現する「Vertical Surround Engine(バーティカル サラウンド エンジン)」を搭載、『HT-Z9F』は、3.1chのサウンドバーとして世界で初めてDolby Atmosに対応しています。海外では約900ドルで販売されます。

これから発売予定の4KUltra HD Blu-ray™ プレーヤー『UBP-X700※』との組み合わせにより、4K HDRの高画質と最新の音声フォーマットによる全方位からの音に包まれる臨場感を楽しめます。

※日本のプレスリリースに品番が載っているので、日本でも発売されると思われます。

Xperia™ スマートフォン2機種発売

ソニーモバイルは、『Xperia XA2』と『Xperia XA2 Ultra』の2機種を展示。発売は2018年1月末以降の予定。

4K動画撮影や最高ISO感度12800(静止画)を実現。

『Xperia XA2』『Xperia XA2 Ultra』のどちらのメインカメラも、F2.0で約2300万画素。

フロントカメラは、F2.4で約120度の800万画素と広角モデルなのは2機種共通。ただし『Xperia XA2 Ultra』のみデュアルカメラ搭載。

クアルコム®のSnapdragon™ 630プロセッサ搭載で毎秒960コマのスーパースローが撮れます。

海外ではデュアルSIMモデルも販売予定。

そのほかには?

これ以外にもAiboや自動運転用のイメージセンサー、イヤホンなど気になるものがいっぱいです。詳細が分かり次第追記していこうと思います。

SONYのプレスリリース

関連記事はこちらも

過去のCES関連記事など

低価格化が進んできた「4Kテレビ」ついにこの夏、10万円を切る低価格の4Kテレビが続々登場しました。まだ4Kテレビへの買い替えは早い...
Amazonプライムビデオの4K Ultra HDの作品が凄い勢いで増えている!と、驚いてしまいました。でもPCで4K Ultra ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!