6/16 (土) から『小津4K 巨匠が見つめた7つの家族』で名作7作が、4K修復で上映される

 

6/16 (土) から 7月7日 (土)まで、小津安二郎監督 生誕115年記念企画『小津4K 巨匠が見つめた7つの家族』で名作 7作品が4K修復作品で上映します。場所は新宿ピカデリーと角川シネマ新宿で見られます。短い期間になりますが、見に行ってはいかがでしょうか?

小津安二郎監督 生誕115年記念企画『小津4K 巨匠が見つめた7つの家族』

小津安二郎とは?

1903年12月12日、東京深川(江東区)に生まれる。小学生の時に父の故郷・三重県松阪市に移る。この時期に見たハリウッド映画「シヴィリゼーション」の影響で映画の道を志す。

1923年撮影助手として松竹キネマ蒲田撮影所に入社。1927年時代劇「懺悔の刃」で監督デビューを果たす。

1943年に軍報道部映画班として南方へ従軍、この地で数多くのハリウッド映画を見る。終戦をシンガポールで迎え捕虜生活の後、翌年帰国。

1947年戦後第1作「長屋紳士録」で復帰。戦後は脚本家・野田高梧と組み、神奈川県茅ヶ崎市の旅館・茅ヶ崎館で脚本を執筆し、「晩春」、「麦秋」、「東京物語」といった名作を次々に発表。

「東京暮色」以降は蓼科高原(長野県茅野市)にて脚本を執筆し、晩年の名作を生み出す。

1958年「東京物語」がロンドン国際映画祭でサザーランド賞を受賞し、海外でも注目を浴びるようになる。同年には紫綬褒章、翌1959年には芸術院賞を受賞し、映画人として初の芸術院会員となる。

癌に冒され、1963年12月12日、60歳の誕生日に逝去。

上映作品はすべて4Kデジタル修復版

『晩春 4K修復版』
『麥秋 4K修復版』
『お茶漬の味 4K修復版』
『東京物語 4K修復版』
『早春 4K修復版』
『東京暮色 4K修復版』
『浮草 4K修復版』

海外でも人気の高い小津安二郎監督なので、4K上映は時々されていますが、ここまで揃ったラインナップはファンにとっても嬉しいですね。

4Kのリマスター作品についてはこちらもご覧ください

当サイトの4Kリマスター関連記事

https://4k8ktv.jp/2015/12/15/4k-remaster/

映画は新宿ピカデリーと角川シネマ新宿のみ 上映

新宿ピカデリーのホームページ
角川シネマ新宿のホームページ

参考:http://cinemakadokawa.jp/ozu4k-115/

晩春 4K修復版

晩春 デジタル修復版 [Blu-ray]

父と娘の深い愛と絆を描く、原節子記念すべき小津作品出演第1作
大学教授の周吉は娘・紀子と2人暮らし。紀子は妻を亡くした父に尽くし嫁に行けずにいた。そんな中、紀子に縁談が持ち上がり、周吉は自分も後妻をとると紀子に告げる・・・。

▶晩春 デジタル修復版 [Blu-ray]

麥秋 4K修復版

麥秋 デジタル修復版 [Blu-ray]

戦争の傷を抱え生きる家族の崩壊と再生。人間の無常を描く珠玉の名作。
北鎌倉に暮らす間宮家の長女・紀子は、会社の上司から縁談を持ち込まれる。しかし紀子は戦死した兄の友人で妻を亡くした子持ちの謙吉との結婚を決めてしまう・・・。

麥秋 デジタル修復版 [Blu-ray]

お茶漬の味 4K修復版

お茶漬の味 デジタル修復版 [Blu-ray]

身分や価値観の異なる夫婦のすれ違いと和解を描く。
田舎出身の茂吉は真面目で質素な生活を好む男。一方、上流階級出身の妻・妙子はそんな夫の野暮さが気に入らず、友人のアヤや長兄の娘らと遊びに出かけることで鬱憤を晴らしていたが、茂吉が海外出張に行くことになり・・・。

▶お茶漬の味 デジタル修復版 [Blu-ray]

東京物語 4K修復版

東京物語 小津安二郎生誕110年・ニューデジタルリマスター [Blu-ray]

幾度もリメイクされている、映画史上燦然と輝く小津安二郎の傑作! 尾道に暮らす老夫婦が子供たちに会うため東京に出てくるが子供たちは日々の生活に追われ両親を構ってやれない。そんな寂しい思いをする2人を慰めたのは戦死した次男の嫁・紀子だったが・・・。

東京物語 小津安二郎生誕110年・ニューデジタルリマスター [Blu-ray]

早春 4K修復版

早春 デジタル修復版 [Blu-ray]

倦怠期にある若い夫婦の危機と再生をシリアスに描いた作品。
通勤電車で顔なじみの丸の内勤務の男女が織りなす哀歓に満ちた人間模様。一児を亡くしてから妻との関係に隙間風が吹く杉山とそんな彼を愛する現代娘千代の不倫を主軸に、戦後10年が過ぎたころのサラリーマンや若者の心情を活写している。

▶早春 デジタル修復版 [Blu-ray]

東京暮色 4K修復版

東京暮色 デジタル修復版 [Blu-ray]

絶頂期の小津安二郎が人生の寂寞を淡々とした筆致で描いた名編。銀行に勤める杉山周吉は、長女がすでに嫁ぎ、次女の明子とニ人で静かに暮らしている。明子は、年下の恋人が妊娠を機に自分を避けはじめたことに悩んでいたが、そんな折、偶然に、家庭を捨てて愛人と満洲に逃げた母親が、今は東京に引き揚げて麻雀屋を営んでいることを知る。

▶東京暮色 デジタル修復版 [Blu-ray]

浮草 4K修復版

浮草 4Kデジタル復元版 Blu-ray

名匠・小津安二郎監督が、旅回り一座の人々が繰り広げる喜怒哀楽の日々を詩情豊かに描き上げた作品。小さな港町にやってきた旅の一座。座長の駒十郎と一座のすみ子の関係は誰もが知っていたが、その地には駒十郎が昔子供を生ませたお芳が住んでいて……。

▶浮草 4Kデジタル復元版 Blu-ray

【鑑賞料金】チケットは?

一般 : 1,600円 / 学生応援割 (要学生証提示): 1,000円
シニア(60歳以上) : 1,100円 / 水曜サービスデー : 1,100円(角川シネマ新宿は男女とも)

TCGメンバーズカード会員割引 : 土~月・木曜1,300円 火・金曜1,000円 等

※前売券(1回券1,000円)にてご鑑賞の際には、劇場窓口にて、チケット窓口受付時間内に、日時・座席指定券と引き換えが必要です。
オンラインチケットシステム(インターネット販売)では、利用できません。

また、Amazonプライムビデオにもかなり小津作品がありました。

小津安二郎の作品を探す

Amazonプライム会員にすでに加入している方は、0円で小津作品が見られます。どんな作品があるのかご覧ください。

 

関連記事はこちら

https://4k8ktv.jp/2016/02/22/arabia-4k/

https://4k8ktv.jp/2017/11/01/fitre-tv-4khdr-2/

https://4k8ktv.jp/2017/11/21/cintel-scanner/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください