組立て方次第で、アクションカメラ・ドローンにもなる「PITTA」は、旅のお供に良さそう

 

個人的に欲しいドローンを見つけました。その名も「PITTA」何ともカワイイ名前ですが、組み立て方次第で、防犯カメラや、アクションカメラ・・・もちろんドローンにもなるのです。小さくて持ち運びができ、旅のお供にも良さそうです。クラウドファウンディングのKickstarterでプレオーダーできるので覗いてみてはいかがでしょうか?

 

デザインも斬新!ドローン「PITTA」

韓国「EYEDEA」開発 4K対応アクションカメラ兼ドローン

この商品を開発するための資金をクラウドファンディングで募集中ですが、目標金額は550万円なのにもかかわらず、5100万円もの資金を集めているんです。

小さなコンパクトなドローンはこれまでも登場していますが、組み立て方次第で使用用途に柔軟に対応できることが気に入りましたね。

ボディ部分の丸い球体は7cmほどで、ドローンの羽を含めても17cmという小さなサイズ。しかも重量も200gと軽い。

気になる構造はこうなっているみたいです。

このサイズなら、旅行でなく毎日持ち歩いても苦になりませんね。

クレードルも、もちろん丸くて、デザイン的にも良いなあ。

公式動画

何ができる?

据え置きでWEBカメラにもなるし、自転車等に取り付ければアクションカメラ。球体の部分を組み替えればドローンにも変身!します。

WEBカメラ

クルードルにカメラを装着しておけば、WEBカメラに!

アクションカメラ

アクションカメラとしては大きいかもしれませんね。

球体の底面に三脚用のねじ穴があり、自転車に装着することも可能。

ドローン

でも、球体の頭部分を外して、ドローン部分の羽を装着。動画をみましたがとても簡単そうです。

驚いたのは、この女の子の手の上に乗ったこのドローンが、ふわっと飛び立ったことですね。まるでマジックでした。形が良いんだろうなあ。

私は、ハリー・ポッターの映画に出てくる「クィディッチ」って競技の空飛ぶボール「スニッチ」みたいだなあって思いましたね。

自動追尾させて撮影し続けることでき、ターゲットを中心に周回したり、360度のパノラマ撮影、ホバリング、自動着陸などが可能なようです。もちろん4K(30fps)でも撮影可能。HDRでもあるようですが、4KのHDRかどうかまでは不明。

スキーの時に上空から撮影して滑りをチェックしたり、旅行などのスナップ写真でも誰かが欠けずに、全員一緒に撮影できるも魅力。

防水機能も備わっており、雨や雪の中での撮影も可能で安心です。また超音波センサーによる地上レベルの安定化機能を備えているため、高度を維持することができ地面に衝突することはないようです。

スペックの詳細が載っていないのでこれから向上する可能性はありますが、バッテリーフルで15分ほどの飛行が可能なようです。またデータは、Wi-FiまたはUSBを介して接続可能で、SDカードスロットはないようです。

さて気になるお値段は?

2018年2月3日まで募集しており、発送は4月以降。日本からの購入も100個以上あるようです。ただ、Kickstarterはクラウドファンディングであり、オンラインストアではありません。
プロジェクトを保証したり、クリエイターの能力審査はしてないため、注意が必要です。

1月23日現在、289ドル(日本円で32000円程)で参加できそうです。日本までは送料が25ドル必要で、トータル34,500円ってくらいです。

詳しくはこちら

これだけ色々できてこのお値段は悪くないと思います。

関連記事はこちら

当サイトのドローン関連の記事はこちら

変わったドローンならこちら

https://4k8ktv.jp/2017/05/29/hover-4k/

https://4k8ktv.jp/2017/05/17/powerray/

https://4k8ktv.jp/2016/09/29/mavic-pro/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください