女性にもお勧め!ジェスチャーで動き、スマホサイズのDJIのドローン。絶対に買いだ!!!

お役に立ったらシェアお願いします!

DJIから重量わずか 430gのドローン「Mavic Air」が発売されました。「Mavic Air」はゼスチャーで簡単に撮影できたり、後ろにも障害物センサーがあるのが魅力。携帯性に優れた3軸ジンバル 4Kドローンで価格は104,000円。「Mavic Pro」の進化版といったところです。

DJIから「Mavic Air」発売

「Mavic Air」の先行予約は、DJI公式オンラインストア、DJI認定ストアおよびDJI正規販売代理店にて、1月24日より開始しています。
予約販売品の出荷開始は1月28日を予定しています。

動画を見ると分かりますが、動きが早く機敏で凄いです。「Mavic Pro」の進化版といったところです。

折りたたみ可能で便利なパーソナルドローン「Mavic Pro」がDJIから発売されます。持ち運びやすく、操作も簡単。DJI史上最もコンパクト...
ベルリンで開催中の「IFA 2017」にて、DJIがドローンの新モデルを2つ発表しました。発表したのは、「Mavic Pro」と「P...

また、DJI Education Discount    法人向け販売プログラム   なども用意されているので、一度見ておくと良いでしょう。学生や教員なら10%引きです。

公式Youtube

スマートフォンと同じサイズのドローン

重量わずか430g。折り畳み可能なアームとプロペラは、空気力学の観点から最適に設計されたスレンダーなフレームにぴったりと収まり、折りたたむとスマートフォンと同等のサイズになります。

3軸ジンバルはフレームにより保護され、3方向の衝撃吸収部から吊り下げることで、振動が大幅に低減。カメラは1/2.3 CMOSインチセンサーと35 mm判換算の24mm相当のF/2.8レンズを搭載。

4K 30fps動画を、最大ビットレート100 Mbpsで撮影可能。さらに、動きの多いアクションシーンも、1080p/120 fpsのスローモーション動画で撮影できます。

DJIのドローンでは初めて、microSDカードスロットとは別に、8GBの内蔵ストレージを搭載しています。

初めてのドローンでも大丈夫?

撮影技術やドローンの操縦経験に関係なく、誰にでも新しい可能性を与えてくれるドローンです。

例えば、25枚の写真を自動で撮影し合成する新しいSphere Mode(スフィアモード)を使って、32 MPの全天球パノラマ写真を約1分間で作成できます。(水平、垂直方向、180°のパノラマ撮影にも対応)

ビデオ撮影では、QuickShot(クイックショット)を活用すると、事前に設定した飛行経路を自動で被写体をフレームに収めながら、まるでプロが撮影したような動画を簡単に撮影することができます。心強い機能です。

Rocket(ロケット)、Dronie(ドローニー)、Circle(サークル)とHelix(ヘリックス:螺旋)といったモードに加え、新しく加わったAsteroid(アステロイド:小惑星)やBoomerang(ブーメラン)を使えば、熟練の操縦スキルや高度な編集ソフトウェアが必要だった動画も簡単に撮影可能。

Asteroidでは、機体は被写体の後方に上昇し、飛行経路の終点でパノラマ撮影します。Boomerangでは、機体は楕円状に上昇しながら被写体の周辺を周回し、飛行開始地点まで戻り、動画の撮影を終了します。

とくに魅力的なのはゼスチャーで動くこと

被写体が走ったり、自転車に乗るようなシーンも、追尾でき、機能が強化されています。

ジェスチャーだけで、離陸から追尾、写真や動画の撮影、機体の前後操作までを、最大6mの認識範囲で行えます。送信機での操作が不要なので、どんな角度からでも、シャッターチャンスを逃しません。写真と動画を簡単に撮影できます。

安全な飛行を約束

強化された計算能力と最適化されたアルゴリズムで、安全に障害物や複雑な地形間を飛行します。台のビジョンシステムと赤外線センサーからデータを収集し、周辺環境の3Dマップを作成します。

正確なホバリングと優れた飛行性能を実現し、最大20m先までの障害物を検知します。Advanced Pilot Assistant System(APAS:高度操縦支援システム)を搭載し、障害物を能動的に自動回避します。

最大飛行時間は約21分。最大風速10m/sまでの耐風性と海抜最大5,000mまで安定した飛行が可能。

アンテナは、信号範囲の向上に貢献し、送信機で飛行している場合720pのリアルタイム伝送を最大範囲2kmで実現します。

Mavic Airのセット内容は?

「Mavic Air」は、オニキスブラック(黒)、アークティックホワイト(白)、フレイムレッド(赤)の3色で、販売価格は、104,000円(税込)

また「Mavic Air」には、賠償責任保険が1年間無償付帯されています。(※要登録)

セット内容は、機体、バッテリー、送信機、キャリーケース、プロペラガート(1組)、プロペラ(4組)等が含まれます。

Mavic Airの送信機には、初めて脱着式のコントロールスティックを採用し、持ち運びの際には送信機内部に収納可能。

デザインや構造についてはこちらの動画を見ると良いでしょう

また、Mavic Airの発表に併せて、DJI認定ストア、DJI正規販売代理店において、Mavic Airの無料操縦体験やオリジナルグッズがあたる特別キャンペーンを開催しています。

DJIオンラインストア
「Mavic Air」

DJIについて

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJI。DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンとカメラ技術を開発、製造しています。

現在、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、世界100ヵ国を超えるユーザーが、映画制作、建設業界、災害対策や人命救助、農業、管理保全など多くの産業分野においてDJIの製品を愛用しています。

関連記事はこちら

折りたたみ可能で便利なパーソナルドローン「Mavic Pro」がDJIから発売されます。持ち運びやすく、操作も簡単。DJI史上最もコンパクト...
ベルリンで開催中の「IFA 2017」にて、DJIがドローンの新モデルを2つ発表しました。発表したのは、「Mavic Pro」と「P...

当サイトのドローン関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!