4Kで30mまで潜水可能なドローン「PowerRay」発表!ソナー付きモデルもある!

 

4Kで最大30mまで潜水可能なドローン「PowerRay」を発表。ラインナップは3種類でうち2種類はソナー(魚群探知機)付きの模様。さらに釣り糸も仕掛けられるつくりのようで、遊び心なのか真面目に魚を狙っているか不明ですが、なかなか面白い4Kの水中ドローンだと思います。

 

潜水型ドローン PowerRay

CES2017で発表され、賞賛を浴びた水中ドローンPowerRay。

開発したのは卵形ドローンPowerEggでおなじみ中国拠点の会社、PowerVision社です。

公式ホームページで予約 開始

釣り大国の日本で売れるのか?とにかく面白い。Youtubeの動画を見てもワクワクする内容で、子供から大人まで楽しめそうです。

公式HP: //www.powervision.me/jp/

公式Youtube

製品説明になります。

実際どうやって使うのか?わかりやすく説明してくれています。

これをみると、陸や船に居ながらにして水中散策可能!新しい可能性を感じます。

ラインナップは3種類

ラインアップは3種類。いずれも税別

  • 「PowerRay EXPLORER」168,000円
  • 「PowerRay ANGLER」208,000円
  • 「PowerRay WIZARD」218,000円

商品は、ソナー付き・VRグラス付きとあり、ケーブルの長さや保存できるメモリの容量サイズが違います。

「PowerRay ANGLER」「PowerRay WIZARD」には、球体の魚群探知機(ソナー)「PowerSeeker」が付いていて、魚群分布や水中温度などが見られます。

この球体「PowerSeeker」の取り外し可能で、釣り糸に付けてソナーとして使用することも可能です。

また「PowerRay WIZARD」は、カールツァイス(Carl Zeiss)のVRゴーグル「VR ONE Plus」が付属しています。

 

この商品は、釣りの新たな楽しみ方を改めて訴え、新しい楽しみ方も提示してくれている面白い水中4Kドローンです。

内蔵のカメラで4K動画や写真の撮影ももちろんできるし、魚群探知機で水中の魚がいるのか確認できるし、VRゴーグルを使ってまるで水中にいるかのように楽しめる。

最大深度は、30mまでなので注意が必要ですが、リゾート地など比較的浅い海で使うのは問題ないし。凄いなあと思いますよ。

1240万画素の1/2.3型CMOSセンサーを装備し、4K/30fps動画の撮影にも対応。操作は、スマートフォンと接続した専用コントローラーを使用します。

また収納は、このようにケースにすべて収まり。便利です。

動画の保存容量・ケーブルの長さは?

「PowerRay EXPLORER」・「PowerRay ANGLER」が32GBで、50m

「PowerRay WIZARD」が64GBで70m。

本体サイズは共通サイズで、
465(幅)×270(高さ)×126(奥行)mm、重量は3.8kg

また、環境温度-10℃~50℃まで。

さいごに

お値段はちょっと高いけど、可能性を考えたらかなり安い。水中の様子をリアルタイムで見られて、ソナーが付いて、釣りだけでなくいろいろな楽しみ方ができる。

個人的には欲しいですね。

関連記事はこちらも

[kanren id=”7851″]

https://4k8ktv.jp/2016/09/29/mavic-pro/

https://4k8ktv.jp/2017/05/13/4kcamera_ordynskaya-cave/

https://4k8ktv.jp/2017/04/26/yi-halo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください