「NAB Show」で VRカメラ「YI HALO」を発表!継ぎ目も感じなくキレイ!

「NAB Show」で VRカメラ「YI HALO」を発表!継ぎ目も感じなくキレイ!

お役に立ったらシェアお願いします!

中国を拠点とする企業「YI Technology」が、ラスベガス開催の「NAB Show」で VRカメラ「YI HALO」を発表しました。17個のアクションカメラで構成され、合成すれば、8K・30fpsで360度の動画を作成できます。発売は2017年夏の予定です。

Google の「Jump」プラットフォーム

Googleは、数年前に360度撮影のための「Jump」プログラムを発表しました。
この「Jump」はオープンなもので、ユーザーは、1つのメーカーの新しいソフトウェアに頼る必要はなく、Googleが開発した実績のあるシステムを活用できるのです。

動画はこちらからも見られます。Youtubeにジャンプします。

YI HALO

この「Jump」プラットフォームを利用した、360度VRカメラリグでは、16台のカメラで構成されたGoProの「Odyssey」がすでにあるのですが、この「YI HALO」は17台のカメラ構成となっています。

デザイン面でみると、「YI HALO」は17個のアクションカメラを保持するフレームとなります。側面には16台のカメラ、真上に1台のカメラが配置され、合計17台のカメラになります。

「Odyssey」と違うのは、この真上を向いたカメラが1台追加されたこと。空の映像を撮影できる様です。

GoProの「Odyssey」についてはこちら

また、Twitterでも写真を公開しています。HPにも写真があるのですが、このTwitterの写真の方が、電源が入った時の状態が把握できて良いなと思いました。

YI Technologyとは?

YI Technologyは、中国上海を本社拠点として2014年に創業の新しい会社。「YI」とはYoung Innovator の略だそうです。

創立してわずか2年でユーザー数は450万人を突破。日本での総代理店は、ソフトバンクC&Sで、現在までに、アクションカメラ、ホームカメラ、ドライブレコーダー、ドローン、ミラーレス一眼カメラなどの製品シリーズを発表しています。

この YI Technology は、高品質なのに低価格なのも魅力です。

VRカメラ「YI HALO」とは?

バッテリーも含め、およそ3.5Kgと軽いのも魅力。連続100時間の撮影が可能。動画を見てみると、さすが!継ぎ目も感じませんし綺麗です。

Youtube


センサーは、SONY 1/2.3型 IMX377 CMOSセンサー搭載で、12メガピクセル。こんなにカメラが入っているのに3.5Kgって本当に驚きです。

カメラは100時間の連続撮影が可能。

Googleの「Jump Assembler」合成すれば、8Kで30fps、5K(5.8K)で60fpsの動画になるそうで、作業時間がどの位なのか気になります。数時間で済むのか、1日がかりなのかは不明。

最近の機械は、ソフトの更新も多く気になるところですが、新しいファームウェアがリリースされたら、コントロールパネルで数回クリックするだけで、すべてのカメラをアップグレード可能。

また、バッテリの残量が少なくなったり、microSDカードの容量がMAXに近づくと警告したりと、無駄な動作も少なく嬉しい。

2017年の夏に販売を予定しているそうです。

100人のクリエイターに無料で貸し出し?

Googleが、Jump Startプログラムの開始を発表しました。有望なコンテンツクリエイターに、貸し出すそうです。さすがに貰えないのですね。興味のある方、申し込みは5月22日までです。

関連記事はこちらも

4K/VRのGear 360を試してみました!
Samsung(サムスン電子)のGear 360が、7/15日に日本でも発売開始となりました。海外ではすでに発売されていたため、...
「360°」「4K」「VR」・・全て兼ね備えた「Orah 4i」4月30日まで半額!!
近頃、360°映像の撮れるVRカメラを各社発売していますが、「360度」「4K」「VR」・・これら全てを備えたカメラ「Ora...
Kodakのアクションカム「ORBIT360 4K」はどんな360度VRカメラか?
Kodakブランドのアクションカム「ORBIT360 4K」が米国で1月中に発売されそうです。これまでも「SP360 4K」を2台マ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!