編集が楽な360度カメラ「Insta360 ONE X2」登場 万人受けしそう

360度カメラ「Insta360シリーズ」の新作「Insta360 ONE X2」が登場。前モデルよりも手振れ補正がUP。SNSにアップする際にも編集が楽で快適。これからはカメラの使い方が根本的に変わりそう・・・そんな予感がします。価格は55,000円(税込)

「Insta360 ONE X2」

Insta360 ONE X2」は、手振れ補正が効いた360度カメラ。価格はオープンプライスで、価格は55,000円(税込)

Insta360.com公式ストアをはじめ、全国の家電量販店オンラインショップ、楽天:Insta360Amazonなど各取扱店舗で予約受付を開始しました。

公式ショップ(楽天含む)は、7営業日で発送と書かれ、Amazonを見ると11月28日に入荷と書かれています。急ぐなら公式サイトで買った方が良さそう。

特徴は?

新機能も多く、行く場所で持っていくカメラを替えるではなくいつでもこのカメラ!っていう出来です。10m防水です。

自撮り棒が消え空撮の様に撮影できたり、ジンバル級の手ぶれ補正「FlowState手ぶれ補正」機能があったり・・・

特に良いなあと思うのは、AIがBESTシーンを見つけてくれる編集機能です。SNSなどにアップする際に便利な機能も多く期待大です。

最大5.7K/30fpsでの360度動画撮影

動画は5.7K。撮影方法は「360度」「ステディカム」「InstaPano」「マルチビュー」という4つの撮影を楽しめます。

メリットは? 撮影時、被写体にカメラを向ける必要なし

360度で撮影するので、撮影時に被写体にカメラを向ける必要がないのです。

「Insta360 ONE X2」は、5.7K 360度で撮影するため、360度どの方向からのアクションも捉えています。あとから編集でどうにもなるので良いですよ!

撮影中、あっち!こっち!とカメラを向ける必要はなく、編集時に好みのアングルを選択するか、AI編集機能に任せるだけでOKなんです。

【Insta360公式ストア】【メーカー公式直販】ONE X2 プレミアムセット

撮影時 ココが良い!

動作環境は、-20℃〜40℃で、結構過酷な状況下でも撮影可能です。重量は149gで軽いです。充電自覚は85分で、駆動時間は、5.7K@30fps で80分。

デュアルレンズ5.7K撮影:撮影時に被写体にカメラを向ける必要がない。編集時に好みのアングルを選択、あるいはAI編集機能に任せるだけ

手振れ補正が優れている:ジンバル要らずで安定。手ブレ補正と水平補正アルゴリズムは強化され、安定した映像を撮影可能です。

見えない自撮り棒:カメラマンやドローンを使わなくても、空中から撮影したように撮れます。
バレットタイムが撮れる:多数のカメラを並べてスローモーションで撮影したような動画が撮れる「バレットタイム」機能。映画マトリックスの様に撮影が可能。
モードが多い!:とくに水中用のモード「AQUAVISION」や低照度でも適正露光の「PureShot」は、絶対便利
以下、イメージです
全方位サウンド:4つのマイクを搭載し、新開発のスマート風切り音低減アルゴリズムが、ノイズの少ない音声収録を叶えます。

撮影方法によって、何ができるのか?

「360度」 WEBカメラやライブカメラでもOK
ZoomなどのWEB会議利用や、FacebookやYouTubeで、360度のライブ配信も可能。とくに「360度ライブ」は、視聴者が見たい方向を自由に選択可能。「リフレームライブ」モードでは配信者がリアルタイムで視点を制御できます。
「ステディカムモード」 超広角でアクションカメラみたい!
360度ではなく、アクションカメラの様に使うモード。どちらかのレンズのみ使用し、超広角で撮影できます。

 

「InstaPano」 パノラマ写真撮影モード
パノラマ写真を撮影するための新しいモード。風景に沿ってカメラやスマートフォンを動かしてパノラマ写真を作成するのではなく、たった一回タップするのみでOK

 

「マルチビュー」 2つのアングルを同時に!!
一人で撮影するときで大丈夫。視野やズームは、アプリでタップするだけでOK。2つのアングルを違う視野で同時に表示し、顔追跡で常にフレーム内に収めてくれます。

AIが賢い!編集が楽

映像は、16:9、1:1、9:16のアスペクト比にして、Instagram、YouTube、TikTokなどに直接共有可能

「オートフレーム」機能は、「Insta360 ONE X2」で撮影したものを解析し、ランドマークや人、動物などを認識、いくつかのカットを提案してくれます。

要は、AIが完璧な写真や動画を探してくれ、完璧なシーンを数秒で提案します。

動画撮影って最近は一般化してきましたけど、編集が面倒くさくて撮りっぱなしのモノも多くないですか?この「Insta360 ONE X2」はその点かなり良いです!!

アプリは「Insta360アプリ」ほか、PC向けは「Insta360 Studio」「Adobe Premiere Pro」AI機能が最高のシーンを見つけて編集する手助けをしてくれます。また「Final Cut Pro X」 (近日公開予定) 用のプラグインを使うと効率的に編集できるようです。

編集は、アプリは「Insta360」の編集ラボで作成と簡単。編集ラボでは、撮影後すぐに使用できるテンプレートを用意して、このテンプレートは随時更新されます。

「Insta360アプリ」「Insta360 Studio」では、ディープトラックアルゴリズムが人や動物など動きのある被写体を追跡し、障害物があっても追跡対象を画角の中心に保ち続けてくれます。

これは・・・素人にも嬉しい。私は写真の編集はしますが、動画編集は苦手です。編集が楽って素晴らしい。このアルゴリズムは他のメーカーでもどんどん取り入れて楽に編集させてくれると良いなあ。

「Insta360 ONE X2」用アプリの対応端末

iOS 
A11またはそれ以上のCPUを搭載する端末
iPhone SE, iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max, iPhone XS/XS Max, iPhone XR, iPhone X, iPhone 8/8 Plus
Android
Kirin 980またはそれ以上 (Huawei Mate 20, P30またはそれ以降の機種)
Qualcomm Snapdragon 845 (Samsung Galaxy S9, Xiaomi Mi 8 またはそれ以降の機種)
Exynos 9810 or above (Samsung S9, S9+, Note9 またはそれ以降の機種)

※iPhone 12シリーズでも動作可能だと思いますが、明記されてはいませんでした。

詳しくはこちらのページを参考にどうぞ

編集で、こんなこともできる!

①どのような被写体も追跡アルゴリズムが人や動物など動きのある被写体を追跡し、障害物があっても追跡対象を画角の中心に保ち続ける。
②AIが最高のアングルを選択被写体にカメラを向ける必要がなく、編集でしかもAIが最高のシーンを探します。
③スローモーションや高速再生もタップだけ超スローモーションやハイパーラプスでの高速再生が、簡単に編集できます。(通常なら、ここからここまで何秒で再生するとかスライドして設定しますが、動画の再生速度設定画面をタップするだけで簡単にできます。

スペックは?

絞りF2.0
35mm換算焦点距離7.2mm
露出値±4EV
ISO感度オート、100-3200
写真解像度360度: 6080×3040 (2:1)

パノラマ: 4320×1440 (3:1)

動画解像度360度: 5.7K@30fps, 25fps, 24fps 4K@50fps, 30fps 3K@100fps

広角 (ステディカムモード): 2560×1440@50fps, 30fps 1920×1440@50fps, 30fps 1920×1080@50fps, 30fps

写真フォーマットJPG  ※RAW (dng、デスクトップアプリ編集のみ)
動画フォーマット360度: INSV

ステディカム: MP4

動画エンコードH.264・H.265
BluetoothBluetooth 4.2
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
USBType-C
Micro SD カード推奨スペック: UHS-I V30 スピードクラス, exFATフォーマット, 最大ストレージ容量1TB

【Insta360公式ストア】【メーカー公式直販】ONE X2 プレミアムセット

 microSDカード:UHS-I V30 スピードクラス, exFATフォーマット

さいごに

どんどん360度カメラの性能も上がり久しぶりに買いたくなる「Insta360 ONE X2」。とくに動画を撮影した後、煩わしい編集機能の充実が魅力ですね。特に水中での撮影のあとって、けっこういじらないといけないのに、それが不要なら本当に便利だと思いました。

GOTOトラベルも延長する感じだし、旅行に持っていきたいし、クリスマスやお正月に実家に帰れそうもないので、これを使って遠く離れた家族とやり取りするのも良いなあと思うのです。

こんな記事もいかがですか?

関連記事

アップルが新しい iPhone 12と同時に5Gに対応すると発表しました。これから私たちの生活はより一層豊かなものになりそうで楽しみです。特に魅力的のは、「iPhone12Pro」と「iPhone12 Pro Max」が「Apple Pro[…]

360度カメラ関連記事

関連記事

あの名作!『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作が、4Kブルーレイになって2020年10月21日に発売されます。3作セットの販売で『バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー 35th アニバーサリー・エディション 4K Ultra HD[…]

最新情報をチェックしよう!