4K対応 360°カメラ「RICOH THETA SC2」12月13日に新発売

リコーから、360°の全天球カメラ「RICOH THETA (リコー・シータ)」のエントリーモデル「RICOH THETA SC2」12月13日に新発売されます。「RICOH THETA SC」の後継モデルで4K動画対応モデルです。色も可愛いし、女性がターゲットかなあ。

エントリーモデル「RICOH THETA SC2」12月13日に新発売

「RICOH THETA」は、2013年に世界初の360°カメラとして発売以来され、根強い人気があり、私たちが普段目にするこ360°カメラで撮影されたものは、ほとんど「RICOH THETA」で撮影されたものではないかなと思います。接合された部分の映像も綺麗だし人気があるのもうなずけます。

最近も、「RICOH THETA」にて宇宙の国際宇宙ステーションから撮影した360°静止画・動画が公開されましたよね。

JAXA、リコー、宇宙空間で撮影した360°の全天球静止画・動画を公開
~国際宇宙ステーションから地球の撮影に成功~

さて、新製品の「RICOH THETA SC2」は、簡単な操作で誰でも手軽に高品質な全天球イメージが撮影できる同シリーズのエントリーモデル。

 

「RICOH THETA SC2」はどんな特徴があるの?

全天球静止画は、約1400万画素に相当。

全天球動画撮影は、4K(3840×1920ピクセル)相当、30fps(フレーム/秒)。

人物の顔を認識し、美肌に見せる顔モード、夜間でも低ノイズで撮影可能な夜景モードなど、撮影モードをあらかじめ搭載。

SNSを活用して画像や動画の共有を楽しむ方や、初めて360°カメラを手に取る方に最適な1台です。軽量・コンパクトなボディで、女性向けのかわいい4色をラインアップしてます。

 

「RICOH THETA SC」との違いは?

「RICOH THETA SC」との違いは、まず4Kに対応したこと、あとは内蔵メモリが増えたことですね。8GB→14GBに増えています。カメラのレンズの明るさはF値2.0で同じ。

あとは、手振れ補正機能が付いたことや、Bluetoothによるスマートフォンとの常時接続が可能になったことですね。

小さなモニターが付き、電源状況の確認もできるようになっています。↓

「RICOH THETA SC」「RICOH THETA SC2」

 

スペックは?

本体色
ピンク、ブルー、ベージュ、ホワイト
価格 オープン価格 メーカー価格は36,800円
発売日 2019年12月13日
撮影距離約10cm~∞(レンズ先端より)
撮影モード静止画:オート、シャッター優先、ISO優先、マニュアル
動画:オート
撮影機能静止画:ノイズ低減、DR補正、HDR合成、インターバル撮影、マルチブラケット撮影、セルフタイマー(2秒、5秒、10秒)、マイセッティング、アニメーションフォト撮影(2020年春対応予定)
プリセット:顔、夜景、車窓
動画:セルフタイマー(2秒、5秒、10秒)、マイセッティング
露出静止画・動画:-2.0~+2.0EV 1/3EVステップ
ISO感度静止画:オート(ISO64~1600、上限設定可能)、ISO優先・マニュアル(ISO64~3200)
動画:オート(ISO64~6400、上限設定可能)
ホワイトバランスモード静止画・動画:オート、屋外、日陰、曇天、白熱灯1、白熱灯2、昼光色蛍光灯、昼白色蛍光灯、白色蛍光灯、電球色蛍光灯、水中、色温度(2500K~10000K)
シャッタースピード静止画:(オート)1/25000秒~1/8秒
(シャッター優先AEモード)1/25000秒~1/8秒
(マニュアルモード)1/25000秒~60秒
動画:(オート)1/25000秒~1/30秒
記録媒体内蔵メモリー:約14GB
記録可能枚数、時間静止画:JPEG 約3000枚
動画(1回の記録時間):最大3分
動画(合計記録時間):(4K)約32分、(2K)約115分
情報表示パネル0.5型有機EL(OLED)パネル 60×32ドット、明るさ自動調整
電源リチウムイオンバッテリー(内蔵)
電池寿命静止画:約260枚、動画:約60分
画像ファイル形式静止画:JPEG(Exif Ver2.3)
動画:MP4(映像:MPEG-4 AVC/H.264、音声:AAC-LC(モノラル)
外部インターフェースMicroUSB:USB2.0
外寸45.2mm(幅)×130.6mm(高さ)×22.9mm(17.9mm)(奥行き)
重量約104g
レンズ構成・F値6群7枚、F2.0
画像素子1/2.3型(×2)
有効画素数約1200万画素(×2)、※出力画素 約1400万画素
静止画解像度5376×2688ピクセル
動画解像度/フレームレート/
ビットレート
4K:3840×1920/29.97fps/54Mbps(High),32Mbps(Low)
2K:1920×960/29.97fps/16Mbps(High), 8Mbps(Low)

さいごに

現時点で「RICOH THETA SC」新作の「RICOH THETA SC2」の違いは1万円くらいの差。これなら、新製品を買おうかなと思いますよね。

しかし、ここ最近360°カメラが沢山発表され、目移りしますね。

RICOH THETA S 360度 全天球カメラ 910720
RICOH THETA S 360度 全天球カメラ 910720
  • リコー
  • 価格 : ¥ 26,000
  • 商品ランキング : 7,934 位
カスタマーレビューを見る

関連記事はこちらも

リコーから、360°の全天球カメラ「RICOH THETA (リコー・シータ)」のエントリーモデル「RICOH THETA SC2」12月13日に新発売されます。「RICOH THETA SC」の後継モデルで4K動画対応モデルです。色も可愛いし、女性 […]

Kandaoから世界最小の360度8Kカメラ「QooCam 8K」が発表されました。Youtubeの動画見ましたが、映像もなかなか綺麗です。本体には、2.4インチのタッチスクリーンがついており、プレビューできるのはもちろん、パラメータもリアルタイムで […]

10月25日、GoProから「HERO8 BLACK」 全天球カメラ「MAX」が発売されます。また「HERO8 BLACK」に取り付けられる拡張モジュールも同時に発表され、12月に配送の予定となっています。 目次 1 GoPro「HERO8 BLAC […]

最新情報をチェックしよう!