TCLから「QLED」「DolbyVision・Dolby Atmos」対応 「Q815」シリーズ 11月20日発売

TCLジャパンエレクトロニクスから、量子ドットLED技術「QLED」 4K液晶テレビ「Q815」と、 4K対応液晶テレビ「C815」(4Kチューナー非搭載)が11月20日に発売されます。また、通常モデルとして4K液晶テレビ「P815」も同日発売。今回発売のものはすべて、DolbyVisionとDolbyAtoms、Android TVも搭載の欲張りな方向けで注目です!

量子ドットLED技術「QLED」「Q815」と「C815」シリーズ

「Q815」シリーズ 価格は?

4Kチューナー内蔵モデル。Android TVで、DolbyVisionとDolbyAtoms対応。

QLED搭載4Kテレビ「Q815」
・65型「65Q815」  15万円前後
・55型「55Q815」  12万円前後

「C815」シリーズ 価格は?

4Kチューナー非搭載モデル。Android TVで、DolbyVisionとDolbyAtoms対応。独自の120Hz倍速駆動技術を搭載。

QLED搭載4K対応テレビ「C815」
・65型「65C815」 120Hzパネル 12万円前後
・55型「55C815」 60Hzパネル 9万円前後

特徴は?

  • 豊富な色彩を表現する 量子ドットLED技術「QLED」採用(Q815・C815共通)
  • Dolby Vision/HDR10/HLG対応(Q815・C815共通)
  • Android TV(Q815・C815共通)
  • 残像感を低減(「MEMC」120Hzを採用)(C815の65型のみ)
  • Dolby Atmos対応(Q815・C815共通)
  • 「マイクロディミング」技術搭載(C815のみ)
  • 「ローカルディミング」機能搭載(Q815のみ)

Q815とC815シリーズの違いは??

どちらのパネルとも液晶方式で、解像度は4K/3,840×2,160ドット。OSはAndroidが載っています。

Q815とC815シリーズの違いは、4Kチューナーの有無。サウンドシステム、バックライトエリア制御の有無になります。

量子ドットLED技術「QLED」って?

パネルは液晶です。量子ドットLED技術「QLED」は、従来の4K液晶テレビに比べ、色域が広く、色のロスが少ないのが特徴。量子ドットフィルムにより、青色LEDライトをナノメートルサイズの粒子に吸収し、波長の違う光へ変更するので、光のロスが少なく鮮やかです。

残像感を低減

C815の65型は120Hz倍速駆動技術を採用(「MEMC(motion estimation, motion compensation)」)。残像感を低減させ、動きの速いスポーツ番組を見る方にはお勧め!

出典:TCL JAPAN C815シリーズ

Dolby Vision対応

 

Android TV

Android TVはあったらとても便利なので、対応しているのは嬉しいですね。ただ、日本のテレビは海外の様に頻繁にアップデートをしてくれないのでそこは残念ですが・・・

Dolby Atmos対応

C815のみ、フロントサウンドバーと背部にサブウーファーを搭載し、3次元の立体音響「Dolby Atmos」に対応。映画館のような音響を楽しめます。

「マイクロディミング」技術って?

出典:TCL JAPAN C815シリーズ

テレビ画面を1,296ゾーンに分割し、エリアごとの映像情報分析する「マイクロディミング」を搭載。くっきりさせることで、奥行きも表現します。

「ローカルディミング」機能搭載

パネル内のLEDの発光量をエリアで制御する「ローカルディミング」機能を搭載しています。この機能は、LEDの発光量を画面のゾーン毎にコントロールできるので、コントラスト比を高め、風景の奥行き感や素材の質感をさらに高めます。

スペックは?

シリーズC815Q815
参考価格(税抜)120,000円前後90,000円前後150,000円前後120,000円前後
品番65C81555C81565Q81555Q815
画面サイズ65V型55V型65V型55V型
チューナーBS4K・110度CSデジタル4K11
地上デジタルCATVパススルー対応2222
110度CSデジタル2222
画素数(水平×垂直)3840×2160
バックライトエッジ型バックライトLED直下型LEDバックライト
HDR対応Dolby Vision/HDR10/HLG対応
音質実用最大出力50W サブウーファー搭載
Dolby Atmos対応
実用最大出力20W
Dolby Atmos対応
無線LAN
Google assistant
Android TV
chromecast built-in
端子HDMIHDMI2.0x3
USBUSB2.0x2

通常モデル「P815」シリーズ

「P815」シリーズは、4Kチューナー搭載モデル。Androidシステムを搭載し、55V型、50V型、43V型の3機種。

「C815」シリーズ 価格は?

TCL-P815 55V型 50V型
TCL-P815 43V型
4Kチューナー内蔵モデル。Android TVで、DolbyVisionとDolbyAtoms対応。

4Kテレビ「P815」
・55型「55P815」  8万円前後
・50型「50P815」  7万円前後
・43型「43P815」  6万円前後

特徴は?

  • 「マイクロディミング」技術搭載
  • 広色域(WCG:Wide Color Gamut)採用で鮮やかな色彩を実現
  • Dolby Vision/HDR10/HLG対応
  • Dolby Atmos対応
  • Android TV

スペックは?

シリーズP815
参考価格(税抜)80,000円前後70,000円前後60,000円前後
品番55P81550P81543P815
画面サイズ55V型50V型43V型
チューナーBS4K・110度CSデジタル4K111
地上デジタルCATVパススルー対応222
110度CSデジタル222
画素数(水平×垂直)3840×2160
バックライト直下型LEDバックライト
HDR対応Dolby Vision/HDR10/HLG対応
音質実用最大出力16W
Dolby Atmos対応
無線LAN
Google assistant
Android TV
chromecast built-in
端子HDMIHDMI2.0x3
USBUSB2.0x2

さいごに

関連記事はこちらも

関連記事

アイリスオーヤマから、番組に合わせて最適な画質と音質に自動調整する「AIオート機能搭載4K液晶テレビ」が11月25日に5台発売されます。価格はオープンプライスで、商品については、完全に独自路線を行ってますが、高齢者社会にはぴったりでまだまだ[…]

関連記事

10月17日、FUNAIブランドでお馴染みの船井電機から、4Kダブルチューナー内蔵のテレビとブルーレイレコーダーが発売されます。今回も全国のヤマダ電機 や ヤマダウェブコムで独占販売になります。4Kテレビの方は11月7日発売で現在予約受付中[…]

関連記事

2020年10月24日、シャープから、BS4K/110度CS4Kチューナーを2基搭載したAQUOS 4K「CH1」シリーズが発売されます。良いサイズで展開しますし、余分なものが削ぎ落されたシンプルな4Kテレビとなっています。4K放送の裏番組[…]

 

最新情報をチェックしよう!