11月25日発売のアイリスオーヤマの4Kテレビは、テレビ視聴に合った画質・音質に自動調整する

アイリスオーヤマから、番組に合わせて最適な画質と音質に自動調整する「AIオート機能搭載4K液晶テレビ」が11月25日に5台発売されます。価格はオープンプライスで、商品については、完全に独自路線を行ってますが、高齢者社会にはぴったりでまだまだ売れそうですね。

アイリスオーヤマの「AIオート機能搭載4K液晶テレビ」

これまでも、アイリスオーヤマは「LUCA(るか)シリーズ」という、色鮮やかで目に優しいテレビを販売しています。また、ホームセンターなどで、音声で操作できるテレビを見たことがあるのでは?あったら良いなとか、なるほど!というテレビや家電が多く、面白いですよね。

今回のテレビは、テレビ本体に「AI機能」を搭載することで、テレビ視聴に合った画質と音質に自動調整する「4K液晶テレビ」です。もちろん、4Kチューナーを2基内蔵し、4K放送を視聴中に別の4K放送と、地上・BS/CSデジタル放送の中から計2番組を同時に録画可能。

この自動調整「AIオート」は、ほかのテレビにも機能的に同じようなものが付いてたりしますが、どうなんでしょうね。一緒か、もしくはそれ以上?東芝のレグザにも似たような機能がありますが、このアイリスオーヤマのテレビは東芝のテレビを並べて比べることは、あまりできそうにないし・・・気になりますね。発売されたら見に行きたいと思います。

・AI機能搭載 番組ジャンルに応じて画質・音質を自動調整「AIオート」ボタン
・見やすい画質と聞き取りやすい音質に調整「はっきり」ボタン
・音声で簡単に操作(65V型、55V型、50V型、43V型)
以前、テレビでアイリスオーヤマの商品開発は、お客様の声を徹底的に拾い、それを形にすることと言ってましたので、なるほど・・・な4Kテレビ。私の父親はもう亡くなりましたが、凄いテレビっ子でした。生きていれば73歳かな。この年齢層のユーザーには刺さりそうなテレビです。
何しろ、4Kテレビを購入した際も、はじめはこんな高価な綺麗なテレビ要らないと言ってましたが、やはり見始めたら綺麗だし、音も良いしで・・・誰だってテレビは綺麗な映像が良いに決まってますからね。
コロナで巣ごもり需要が高まり4Kテレビは売れています。どこかに行けなくとも多少なりとも行った気分になれる高精細な4Kや8Kテレビが売れるは理解できますよね。

さて、気になるお値段は・・・

・75型「75XUC35」   328,000円
・65型「65XUC38VC」 178,000円
・55型「55XUC38VC」 129,800円
・50型「50XUC38VC」   99,800円
・43型「43XUC38VC」   94,800円

番組ジャンルに応じて画質・音質を自動調整「AIオート」ボタン

2つのボタンが、画質と音質を調整。

「AIオート」ボタンは、スポーツやニュース、映画、視聴中の番組のジャンルを自動で認識し、番組に合わせてAI技術が調整します。例えば、映画は暗めだったりしますが、テレビの明るさをいじることなく、テレビが自動でやる模様。

 

「はっきり」ボタンは、音声の聞き取りにくさを解消し、スポーツ中継だと動きが見にくいこともありますが、明瞭に表現してくれるそうです。

また、従来製品と同様。音声操作リモコンで、電源のオン・オフやチャンネル変更、音量の調整などを手軽に行えます。

スペックは?

商品名AIオート機能4Kチューナー内蔵液晶テレビ
参考価格(税抜)328,000円178,000円129,800円99,800円94,800円
品番75XUC3565XUC38VC55XUC38VC50XUC38VC43XUC38VC
画面サイズ75V型65V型55V型50V型43V型
本体寸法(mm)幅x奥行x高さ1673x370x10421460x268x9031242x267x7831123x268x712969x211x618
質量(kg)292014.711.18
チューナー受信チャンネル地上デジタル:UHF(13~62ch) CATVパススルー対応
BSデジタル:BS100~BS999
110度CSデジタル:CS001~CS999
BS4K:001~499
110度CSデジタル4K:500~599
チューナー数地上デジタル/BS・110度CSデジタル×3
BS4K・110度CS4K×3
画素数(水平×垂直)3840×2160
バックライト直下型LEDバックライト
HDR対応対応(HDR10、HLG)
スピーカーチャンネル2チャンネル
音声出力10W+10W
入出力 端子アンテナ端子地上デジタル×1
BS・110度CSデジタル×1
HDMI端子HDMI×3
ARC対応 HDMI端子HDMI2
HDMI対応 入力解像度480p
720p(60Hz)
1080i(60Hz)
1080p(24Hz、30Hz、60Hz)
3840×2160p(24Hz、30Hz、60Hz)
音声出力3.5mmステレオミニジャック×1
光デジタル音声出力×1
LANLANポート(RJ45)×1 ※データ放送用
USB(録画専用)USB3.0 端子×1
サービス用端子2
データ放送双方向データ放送(Broadcast Markup Language)対応
番組表電子番組表(EPG)対応:8日分受信
7チャンネル5時間分表示(文字小)
7チャンネル3時間分表示(文字中)
5チャンネル2時間分表示(文字大)
音声操作
壁掛け金具(別売)ねじ穴寸法400mm×300mm400mm×200mm400mm×200mm100×200mm
発売日2020年11月25日

公式ホームページ:https://www.irisohyama.co.jp/news/2020/?date=1112

 

関連記事はこちら

関連記事

遂に?アイリスオーヤマが、テレビ事業 本格参入発表。発表されたのは4K対応テレビで、家電量販店、ホームセンターを中心に販売し、初年度5万台の出荷を目指します。4K対応テレビと言うことで、4Kチューナー内蔵ではありませんが、ネット接続に依存せ[…]

関連記事

2020年10月24日、シャープから、BS4K/110度CS4Kチューナーを2基搭載したAQUOS 4K「CH1」シリーズが発売されます。良いサイズで展開しますし、余分なものが削ぎ落されたシンプルな4Kテレビとなっています。4K放送の裏番組[…]

関連記事

11月のNHK BS4K番組に『NHK 伝説のコンサート“わが愛しのキャンディーズ”』伝説のコンサートが登場。1970年代に一世を風靡したキャンディーズ1978年の解散コンサートの映像やNHK秘蔵映像をリマスター版で、BSプレミアムで11月[…]

最新情報をチェックしよう!