Panasonic AIで最適な「画質・音質」を調整する4Kテレビ ビエラ 5月27日発売

5月27日、パナソニック ビエラから新しい4Kテレビが発売されます。AI技術を使い自動で最適な画質や音質を調整する4Kテレビで、LX950は75/65/55型、LX900は49/43型をラインナップ。全体的に機能が底上げされ、特にHDRコンテンツは今まで以上にきれいに見られそう。そしてゲーム用のUIが追加され、家族みんなに優しい4Kテレビって感じです。

ビエラ 久しぶりに4Kテレビ発売

「レイアウトフリーテレビ(TH-43LF1)」という4K放送を無線伝送するテレビの発売が2021年10月にあったものの、少し間が空いてましたね。

4K液晶ビエラ(VIERA)「LX950」
75型 TH-75LX950  

blank

6月24日発売 約41万円
65型 TH-65LX950  

blank

5月27日発売 約31万円
55型 TH-55LX950 

blank

5月27日発売 約28万円
4K液晶ビエラ(VIERA)「LX900」
49型 TH-49LX900

blank

6月17日発売 約19万円
43型 TH-43LX900 

blank

6月17日発売 約18万円

特徴は?

最新のAI技術で自動的に画質と音質を調整するのですが、この精度が上がったこと。

共通して、Dolby Atmos®対応ですが、LX950シリーズは、テレビ背面上部にイネーブルドスピーカー最大出力60Wを搭載。360立体音響サウンドシステムを採用し迫力のあるサウンドを楽しめます。

また、ゲームでも使いやすいように、ユーザーインターフェイス「ゲームコントロールボード」を搭載。

プレイ中、映像のフレームレートやHDRメタデータなどのソース情報を表示したり、暗い部分を調整して陰の部分を見えやすくする「暗部視認性強調」機能があり、家族みんなに嬉しい機能がいっぱいです。

LX950とLX900シリーズの主な違いは?

AOMI
「ディスプレイ」がまず違います。また機能面だと「オートAI音質」「イネーブルドスピーカー」が違います。その他の基本機能はほぼ同じですね。

ディープラーニングを活用したAI技術利用のアルゴリズム「オートAI画質/オートAI音質」LX950シリーズのみ

サウンド面ではテレビ背面上部に上向きに配置した「イネーブルドスピーカー」を搭載360立体音響サウンドシステム(LX950シリーズのみ

また、75型 TH-75LX950 43型 TH-43LX900 という2サイズで、「VRR(Variable Refresh Rate)」「AMD FreeSync™ Premium」に対応しています。

一番大きなサイズと一番小さなサイズで、これニーズにしっかりあっていますね。

①ディスプレイが違う!

LX950・LX900シリーズは、IPS液晶 4K(3,840×2,160)の倍速パネル。

LX950シリーズは、独自の設計のプレミアム液晶ディスプレイとなっています。

(※LX900の43型のみVA液晶)

blank
AI技術により自動で最適な画質・音質に調整 4K液晶ビエラ 2シリーズ5機種を発売 Panasonicプレスリリースより

 

LX950シリーズには輝度とデザイン性を高めた、独自設計のプレミアム液晶ディスプレイを採用。

このディスプレイは、高輝度と、高いコントラスト性能を実現し、HDRならではの光の輝きから暗闇までの表現を可能にしています。

LX900の43型のみVA液晶。

LX950・LX900シリーズともに、4K/3,840×2,160ドットの倍速パネル。LX900の43型のみVA液晶で、ほかはすべてIPS液晶を採用している。様々な映像処理を支える高画質技術「へキサクロマドライブ」は2シリーズ共通。

②アルゴリズム「オートAI画質/オートAI音質」

blank
AI技術により自動で最適な画質・音質に調整 4K液晶ビエラ 2シリーズ5機種を発売 Panasonicプレスリリースより

LX950シリーズのみ、ディープラーニングを活用したAI技術利用のアルゴリズム「オートAI画質/オートAI音質」が搭載。(LX900はオートAI画質のみ)

「オートAI画質」は、部屋の明るさや照明の色まで認識して、自動でかしこく画質調整する機能。

blank
AI技術により自動で最適な画質・音質に調整 4K液晶ビエラ 2シリーズ5機種を発売 Panasonicプレスリリースより

「オートAI画質」はコンテンツのシーンを認識し、「ヘキサクロマドライブ」「AI HDRリマスター」「4Kファインリマスターエンジン」技術を統合的に制御することで、映像を部分ごとに自動的に最適な画質に調整しています。

例えるなら、以下のイメージのようにシーンごとに輝度情報を検出。

blankblankこれまで、時々暗いシーンもあったHDRが、明るいシーンも大満足な表現にします!!これはうれしい。

 

blank「ヘキサクロマドライブ」は、HDR信号(HDR10/HDR10+)に対応し、シーンごとにHDRトーンマッピング処理を変化。高輝度の部分も色抜けがおきにくく、リアルに再現する。
blank「AI HDRリマスター」は、ハリウッドの映画制作者との協業などを通じて培ったノウハウを活かした機械学習アルゴリズムで、4KやHDRではない通常の映像もHDRのような映像に変換。
blank「4Kファインリマスターエンジン」は、素材解像度検出処理を搭載し、4K放送、地上デジタル放送やネット動画などを4K高精細化するもの。

③「イネーブルドスピーカー」を搭載

blank

LX950シリーズのみ「イネーブルドスピーカー」を搭載。
最新のHDMI2.1規格4K120p入力に対応し、ゲームも快適に楽しめます。信号の処理時間を短縮することで通常モードより映像表示までの遅延を低らしています。
75LX950と43LX900は「VRR(Variable Refresh Rate)」「AMD FreeSync™ Premium」に対応。
関連記事

Appleの「iPhone13 Pro Max」を購入しました。使いやすいのか?良いところも悪いところも、書いていこうと思います。総じて素晴らしいスマートフォンだと思いますが、写真は逆光に弱く、重すぎて持ちづらいので万人受けはしない[…]

blank

 

LX950のスペック

チューナーBS4K/110度CS4K×2、地上・BS・110度CS×3
パネルプレミアム液晶ディスプレイ(LED IPS)
画素数(水平×垂直)3,840×2,160(4K)
超解像エンジン

「ヘキサクロマドライブ」

素材解像度検出4Kファインリマスターエンジン

新画質処理アルゴリズムを採用

HDR信号対応

 (HDR10/HDR10+/HDR10+/

ADAPTIVE/HLG/Dolby Vision/Dolby Vision IQ)

倍速機能オブジェクト検出 倍速表示 ※1
バックライトLEDバックライト:Wエリア制御 ※2
音響Dolby Atmos
HDMI端子x4
HDMI2.1に規定される機能eARC/ARC対応

・TH-75LX950 :4K120p入力対応 
AMD FreeSync Premium VRR対応 ALLM対応

・TH-65LX950 :4K120p入力対応、ALLM対応

・TH-55LX950:4K120p入力対応、ALLM対応

スピーカー音声実用最大出力
LX950シリーズ
TH-75LX950
LX950シリーズ
TH-65LX950
LX950シリーズ
TH-55LX950
60W
Dolby Atmos®対応イネーブルド
スピーカー×2
フルレンジ×2
60W
Dolby Atmos®対応イネーブルド
スピーカー×2
フルレンジ×2
60W
Dolby Atmos®対応イネーブルド
スピーカー×2
フルレンジ×2

 

LX900

チューナーBS4K/110度CS4K×2、地上・BS・110度CS×3
パネルTH-49LX900:LED IPS

TH43LX900:LED VA

画素数(水平×垂直)3,840×2,160(4K)
超解像エンジン

「ヘキサクロマドライブ」

素材解像度検出4Kファインリマスターエンジン

HDR信号対応

 (HDR10/HDR10+/HDR10+/

ADAPTIVE/HLG/Dolby Vision/Dolby Vision IQ)

倍速機能オブジェクト検出 倍速表示 ※1
バックライトLEDバックライト:Wエリア制御 ※2
音響Dolby Atmos
HDMI端子x4
HDMI2.1に規定される機能eARC/ARC対応

・TH-49LX900:4K120p入力対応、ALLM対応

・TH-43LX900:4K120p入力対応
 AMD FreeSync Premium VRR対応 ALLM対応

スピーカー音声実用最大出力
LX900シリーズ
TH-49LX900
LX900シリーズ
TH-43LX900
30W
Dolby Atmos®対応フルレンジ
30W
Dolby Atmos®対応フルレンジ

 

オブジェクト検出 倍速表示 ※1

blank

背景とオブジェクトを分離し、映像内で物体(オブジェクト)が動く量を検出します。

これは、スポーツなど動きの激しい映像に対応し、クリアな倍速補間が可能となりました。

また、動きの速い映像も残像を抑えてくっきりと描写してくれます。

LEDバックライト:Wエリア制御 ※2

HLG/HDR10/HDR10+/Dolby Visionの映像信号解析に対応

blank

液晶パネルのバックライトエリア制御だけでなく、エリアをより細かく分けてコントラスト制御を行います。

これにより、引き締まった黒、黒つぶれのない陰部分までリアルな明暗を表現してくれます。

関連記事

もう12月。2021年もあっという間に過ぎてしまいましたね。2021年に発売された「4K Ultra HD ブルーレイ」を見ていきます。一昔前に公開した名作映画が「4K」になり、少し安く販売しているのも魅力です。12月には、例年いつも安[…]

2021年 今年発売された「4K Ultra HD ブルーレイ」一覧

さいごに

インターフェイス「ゲームコントロールボード」良い

子供がゲームするのに、良さそうなので、このインターフェイス「ゲームコントロールボード」良いと思います。

ゲームをしているときに、遅すぎるとか、もっとスムーズに見たいとか、いろいろ要望もあるでしょうから、フレームレートやHDRメタデータなどのソース情報を表示できるのは歓迎!!

映像の暗いところを見やすくするのも大事ですよね。動きの速いゲームほど暗いと思うし。だからこの「暗部視認性強調 」は良いと思う。

blank

個人的に「キャリブレーション」欲しい。

私も夫も個人的に欲しいキャリブレーション。これはあったほうが良い!と思う。

ISF Certified Calibration Configuration対応

blank

画質設定にこだわる方には嬉しい、ISF Certified Calibration Configurationにも対応した「キャリブレーションモード」を搭載。

ポストプロダクションや放送局など、プロフェッショナルの現場で使用されるキャリブレーションツール「CalMAN」

私たちが所有する4Kテレビは細かい設定はできないので、次買うなら、細かい設定ができるモデルが欲しい。

パナソニック ビエラだけでなく、SONY BRAVIAやLGなども、細かくキャリブレーションできるので、それも良いなと思うのです。

関連記事

2022年4月発売の4K Ultra HD ブルーレイは?昨年12月に公開の「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」や、10月公開の「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」が発売されます。 また「レオン」が4Kになって登場します。最新の[…]

blank

 

blank
最新情報をチェックしよう!