最新の8K技術を使った手術はもうすぐ実用化! もしも、自分や身近な人が癌になったら・・・・

 

もしも自分や身近な人が癌になったら・・・どうしますか?今日は最新の4K8K技術を使った手術方法を見ていこうと思います。すでに、8K技術を医療で応用する初の国家プロジェクトが始まっています。「腹腔鏡手術システムでの実用化」を目指しています。臨床実験がはじまり、もうすぐ実用化できそうなところまできています。

 

8K技術を医療で応用 臨床試験を開始!

引用:https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2018/0314/index.html

2016年にスタートし、やはり気になっていました。誰でも癌になる時代がきて、他人ごとではないからです。

2018年3月、8K技術を用いた腹腔鏡手術システムで、大腸がん患者を対象とした臨床試験を開始しました。

国立研究開発法人国立がん研究センターと一般財団法人NHKエンジニアリングシステム、オリンパス株式会社、株式会社NTTデータ経営研究所は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構「8K等高精細映像データ利活用研究事業」の支援により開発したもの。

今は、臨床試験中。安全性および有用性を確認した後、先進医療での実施を目指し準備を進めます。もう近い未来に手術の選択肢として選べるようになりそうです。

8K技術の医療応用におけるヒトを対象とした臨床試験は世界で初めて。2017年度は2例、2018年度は20数例に増やし検証を進める予定。

8K内視鏡手術用カメラの試作機と
使用している8K内視鏡手術用カメラシステム

カメラシステムとしてBT.2020準拠(7680×4320画素、広色域、10ビット階調)であり、腹腔鏡から8Kカメラまでのトータルシステムとして3600TV本の解像度。

機器の安全性:JIS T 0601-1(医療電気機器の安全):2014、JIS T 0601-1-2(EMC):2012、JIST0601-2-18(内視鏡としての安全性):2013の各規格の一部

実用化に伴う期待は?

がんの根治性(治癒率)の向上
超高精細な8K技術を腹腔鏡手術に使えたら、従来の内視鏡とは比べ物にならない超臨場感が生まれ、手術が更に緻密となり、がんの病変、リンパ節の切除を行えることが期待されます。

また、開腹手術以上の超高精細な手術をすることで根治性がより高まり、より多くの症例に治癒をもたらすことが期待できるという。

肉眼では見えにくい自律神経に関わる手術も、高精細で広色域な映像の特色を活かせるので期待できます。

知的データベースの構築も期待!(新しい診断学の確立)

8K内視鏡システムや、超高精細画像情報データベースを利用することにより、従来は認識することができなかった「がん腫」の微細構造の観察や、画像診断ができると期待されています。

また、このような画像診断が可能になると、遠隔地でも診断可能でしょう。また、更に言えば、遠隔でロボットを使える技術が確立出来たら・・・どこにいても名医に見てもらえるかもしれません。

これまでの歩み

2016年度から開始。8K技術を用いた新腹腔鏡手術システムの開発と、実用化・普及を目指しています。

2017年度は、新腹腔鏡手術システムの試作品が完成。動物実験や医療機器安全性検査等を通して性能を検証。

8K内視鏡が2017年に実用化?、4K/8K技術が医療現場で活躍する日は近い

2017年11月頃、8K硬性内視鏡システムが始動。これからは8K内視鏡で受けたい!

現在、安全性を一定レベルで確保できることを確認

その結果としては、腹腔鏡と8Kカメラ全体として解像度や色再現性、実物感など8K映像の性能を十分発揮できること、医療機器としての安全性を一定レベルで確保できることを確認できたそうです。

さいごに

今週は、NHKの技研の一般公開がありますね。毎年のことながら、この分野の発表や展示があると思うので、また後日、最新情報をUPしたいと思います。

これまでの記事はこちらも

技研公開2016~part5~医療現場での8K活用

最新情報をチェックしよう!