【CES2016速報】パナソニック、世界初「Ultra HD Premium」規格対応4Kテレビ「TX-65DX900」や新型4Kビデオカメラ発表

お役に立ったらシェアお願いします!

パナソニック(panasonic)はCES2016のプレスカンファレンスにて、4K/HDR対応認定規格である「Ultra HD Premium」に世界初で対応した4Kテレビ「TX-65DX900」や新型4Kビデオカメラなど多くの4K対応新製品の発表を行いました。

世界初「Ultra HD Premium」規格対応4Kテレビ「TX-65DX900」

TX-65DX900

世界初、UHD Alliance定める「Ultra HD Premium」認定に準拠した4Kテレビ「TX-65DX900」を発表しました。この4Kテレビは今春に日本でも発売される予定となっており、恐らくVIERAシリーズのフラグシップモデルとなるでしょう。

このTX-65DX900は4K/HDRに対応し、最新の映像プロセッサ「Studio Master HCX+」を搭載しています。色域はDCI規格の「P3」に対して99%に対応しており、色作りについてはマスターモニタを意識して調整したとのこと。

4Kビデオカメラ「HC-WXF991」「HC-VX981」

HC-WXF991

出典:www.cnet.comより

新型の4Kビデオカメラ

「HC-VX981(国内型番:HC-VX980M)」(上)
「HC-WXF991(国内型番:HC-WXF990M)」(下)

が発表されました。

「HC-WXF991(HC-WXF990M)」が上位モデルとなります。
「HC-VX981(HC-VX980M)」との違いはビューファインダーの搭載と「Cinema Like Eiffect」の有無です。

下位モデルの「HC-VX981(HC-VX980M)」にはファインダーはなく、液晶モニターのみとなっています。光学ズームは現モデルと同様の20倍光学ズームです。

「Cinema Like Eiffect」は映画っぽい映像が撮影が可能となっています。製品紹介を兼ねたサンプル映像がYouTubeに上がっています。

2016年モデルの特長は

4Kで撮影した映像から、HD映像へ切り出しが出来るようになったことです。HD映像に切り出しを行うことによって、あとから手ブレ補正を行うことが可能となりました。専用のソフトを使えば同様の処理は可能ですが、ビデオカメラだけで出来るのは便利ですね。

パナソニック、CES2016にて発表した新型4Kビデオカメラ「HC-WXF990M」など3機種を1月21日より発売!
先日にCES2016にて発表されたばかりの新型4Kビデオカメラがなんと1/21に発売開始されることが発表されました。CESでは2機種しか確認...

以下はサンプル映像となっています。

1型(インチ)センサー搭載、新LUMIX「DMC-ZS100」など2機種、3モデル発表

パナソニックの2016年新型デジタルカメラ(デジカメ)は4Kがメイン

4K動画撮影可能な新型LUMIX「DMC-ZS100/DMC-ZT100」「DMC-ZS60」の2ラインナップ計3機種が新製品として発表されました。いずれのモデルも日本国内の発売は未定となっています。

DMC-ZT100/DMC-ZS100(2色)

ZS100

主な仕様は以下となっています。

  • 有効画素数は20.1MP(2,010万画素)
  • 1インチ 高感度MOSセンサー搭載
  • 光学10倍ズーム(25-250mm:35mm判カメラ換算)
  • ライカのDC VARIO-ELMARITレンズ f2.8-5.9
  • 4K動画撮影対応(連続動画撮影は最大時間は15分)
  • 5軸ハイブリッドOIS (4K動画以外で作動)
  • 約116.6万ドットの0.2型EVF搭載

DMC-ZS60

ZS60

主な仕様は以下となっています。

  • 有効画素数は18MP(1,800万画素)
  • 1/2.3インチ 高感度MOSセンサー搭載
  • 光学30倍ズーム(24-720mm:35mm判カメラ換算)
  • ライカのDC VARIO-ELMARITレンズ f2.8-5.9
  • 4K動画撮影対応(連続動画撮影は最大時間は15分)
  • 5軸ハイブリッドOIS (4K動画以外で作動)

DMC-ZT100/DMC-ZS100のサンプル映像はこちらから

4K有機ELテレビである「TX-65CZ950」を北米で初披露

cz950

昨年、ドイツで開催されたIFA2015にて公開された、4K有機EL(OLED)テレビ「TX-65CZ950」が初めて北米で公開されました。現在のところ北米での発売予定はないようです。今回の展示はあくまでも参考程度なようです。

Ultra HD Blu-ray再生プレイヤー「DMP-UB900」発表

UltraHD Blu-ray player

Ultra HD Blu-rayの再生に対応した「DMP-UB900」が発表となりました。具体的な発売時期は未定ですが、2016年度内に北米で発売される予定となっています。

主な仕様は以下となっています。

  • 「4K High-Precision Chroma Processor」搭載
  • HDR対応
  • THX認定取得
  • DLNAネットワーク再生に対応

「4K High-Precision Chroma Processor」搭載により、4K/8bit(4:2:0)信号を独自のマルチタップ処理技術により、4K/12bit(4:4:4)信号に補間することで、鮮度が高く、自然な質感と立体感にあふれた映像表現が可能です。

DLNA対応となっており、ハイレゾの再生も可能です。クライアント(プレーヤー)/レンダラー(サーバー)として動作し、DACは192kHz/32bitまでサポートします。ハイレゾは5.6MHzまでのDSD再生も可能となっています。

遂に登場!4K対応ブルーレイレコーダー「DMR-UBZ1」
2015年11月13日に世界初!Ultra HDブルーレイという新しい規格に対応した、Blu-rayレコーダーがパナソニックから発売...
ワーナー(Warner Bros)が「Ultra HD Blu-ray」の発売を発表、2016年内に35タイトル以上リリース予定。
ワーナーブラザーズホームエンターテイメント(以下ワーナー)は、Ultra HD Blu-ray対応作品を2016年末までに35タイトル以上発...

CES2016関連記事

【CES2016速報】LGが98インチ8Kテレビ発表!
LG Electronicsは、1月6日から米国ラスベガスで開幕する「2016 CES」にて、8K対応の98インチテレビ、LGUH9800や...
CES2016基調講演にて語られたNetflix(ネットフリックス)の展望
今年のCES2016の基調講演は、昨年9月から日本でもサービスを開始したNetflix(ネットフリックス)でした。これまでソニーやサムスンな...
CES2016にて発表!「Ultra HD Premium」とは?4K/HDR認定ロゴ内容を読み解く
米ラスベガスで開催のCES 2016で、UHD Alliance(UHDアライアンス)が、主に消費者向けの4K/HDR対応認定ロゴ「Ultr...
YouTubeが2016年中にHDR(High Dynamic Range)対応に
CES2016最大のこぼれ(うっかり)話?はおそらくYouTubeのHDR対応に関する発表でしょう。狙ってたのか、うっかりだったか、真相は明...
【CES2016速報】SONY製CMOS搭載!4Kカメラ一体型ジンバル「ROXOR(ロクサー)」が一般公開
カメラジンバル「Nebula」で知られるFILMPOWER社が4Kカメラ一体型の手持ちジンバル「ROXOR(ロクサー)」が明日からのCES2...
【CES2016速報】ソニー、新型4Kハンディカム「FDR-AX55」及び4K/HDR対応新BRAVIA「X93D」シリーズを発表
ソニー(sony)はCES2016の開幕前プレスカンファレンスにて、新型の4Kハンディカム「FDR-AX53」と4K/HDR対応の新BRAV...
パナソニックと慶應大学発のベンチャー企業、非圧縮フルスペック8Kの伝送可能な光ファイバーケーブルを開発
パナソニックは、フルスペック非圧縮8K映像を、1本の光ファイバーで伝送可能な独自のコネクタ付ケーブルを、慶應義塾大学発ベンチャー企業「KAI...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!