【4K Sample Movie付き】ソニー製4Kビデオカメラ「FDR-AX30」撮影設定比較レビュー

昨年から使用している4Kビデオカメラ「FDR-AX30」にて、普段は撮影設定を100Mbps/30pで撮ることがほとんどなのですが、今回はあえて設定変更を行い、どのように撮影出来るかの比較を行いました。

撮影した環境

 

4Kビデオカメラの画質設定とフレームレート設定のみにフォーカスして比較を行いたいため、外ではなく、室内にて比較動画の撮影を行いました。撮影時の様子は上記の写真をご覧下さい。室内では光量不足になるため、LEDライトを使ったのですが、それでもサンプル動画は少し暗めになってしまいました。アイリス等はオート(デフォルト)にて撮影しています。

撮影モードについて

ビットレートフレームレート1時間あたりのデータ量
100Mbps30p約50GB
24p
60Mbps30p約30GB
24p

撮影の設定モードは全部で4パターンあります。ビットレートが同じであれば、30p/24pとフレームレートを変更してもデータ量自体はかわりません。24pモードで撮影すると、映画っぽい映像になります。

撮影モードの変更のやり方

1.「MENU」をタッチ

KDR-AX30_monitor

 

2.「画質・画像サイズ」をタッチ

KDR-AX30_menu

 

3.「フレームレート」をタッチ

KDR-AX30_framerate_setting

 

4.「設定するフレームレート(30p/24p)」を選択後、「次へ」をタッチ

KDR-AX30_framerate

 

5.「設定する画質(100Mbps/60Mbps)」を選択後、「OK」をタッチで設定完了

IMG_1669

 

 

全部で5ステップで完了です。設定した撮影モードは、液晶モニターにも表示させることも出来るので設定モードを頻繁に変える場合は液晶モニターに表示した方が便利でしょう。

各撮影モードの映像比較

①60Mbps/24pの場合

②60Mbps/30pの場合

③100Mbps/30pの場合

④100Mbps/24pの場合

 

まとめ

好みにもよりますが、通常の撮影時には24pモードはあまり向かないのかなというのが正直な感想です。また、ビットレートの差についてはデータ量が1.5倍ありますが、今回の使用した比較動画では壁紙の解像度で違いは見えるものの、想定よりは画質差が少なかったです。

むしろ、明るさが足らないことからISO感度ノイズの方が気になってしまいました。そのあたりは本日のCES2016にて発表された新型4Kハンディカム「FDR-AX53(日本モデル:FDR-AX55)」に期待したいところです。

https://4k8ktv.jp/2016/01/06/ces2016-sony/

 

Panasonicのビデオカメラ

公式:Panasonic のサイト

 

SONYのビデオカメラ

公式:SONYのサイト

4Kビデオカメラ関連記事

https://4k8ktv.jp/2016/01/13/2016-4k-videocamera-panasony/

https://4k8ktv.jp/2016/01/08/2016-panasonic-4k-videocamera/

https://4k8ktv.jp/2016/01/13/2016-sony-4k-videocamera/

https://4k8ktv.jp/2015/12/06/4k-fdr-ax30/

https://4k8ktv.jp/2016/01/07/fdr-ax30-image-stabilization/

https://4k8ktv.jp/2015/12/27/4k-movie-2/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください