4/1放送のNHK美の壺「伊万里から有田焼へ」の収録は4K。再放送にも期待!

 

草刈正雄と、ナレーション木村多江との軽快な掛け合いで人気、NHK BSプレミアムで放送中の「鑑賞マニュアル 美の壺」じつは4月で放送10周年を迎える。4/1放送の美の壺「伊万里から有田焼へ」の収録は、初めて4Kの収録だったと草刈さんがFacebookで語ってます。

「鑑賞マニュアル 美の壺」とは?

身の回りにある、ありふれた普段使いの器から家具、着物、料理、建築に至るまで、衣食住、人の暮らしを彩ってきた美のアイテムにフォーカスして、毎回素敵なジャズと、鑑賞ポイントを紹介する。

日本人ならではの暮らしの知恵やこだわりは、見る者を豊かな気持ちにしてくれるはずです。
番組ではそれぞれのアイテムの選び方・鑑賞法を、いくつかの「ツボ」に絞ってわかりやすく解説していきます。

この番組で紹介したツボを覚えていただけば、これまで敷居の高かった骨董店や美術館でも、ひとかどの「通」として振る舞うことができるかも・・・。 出典:NHK

目指すは実際に使える「美術の鑑賞マニュアル」。草刈正雄の何とも言えない語り口が良いし、映像もいつも気合を入れて撮影されていて、とっても美しい。

結構地味な番組になるとは思いますが、一度見たらファンになる番組ですね。

この番組の製作現場は、「フレッシュな感性でつくる番組ではない。(スタッフも)人生のわびさびが共有できていないと」と佐藤さん。五十~六十代が中心という視聴者から「セカンドチャンスには興味がない。敗者の美学が聞きたい」など大人の意見が寄せられるという。メールでなく手書きの封書も多い。

また、知らなかったのですが、あの素敵なJAZZ。HPに何の曲か記載がありました。問い合わせ多いんでしょうね。しかし、それにも対応してくれてるNHKに頭が下がります。こういった努力の結果、10周年を迎えたのでしょうね。

テーマ曲も、アート・ブレイキーのモーニンという曲なのですが、古い曲だけどいつ聞いても素敵ですよね。またNHKがこの美の壺で使用した曲をCDにしてました。(笑)

本放送は終わってるけど、まだ再放送もある

「伊万里から有田焼へ」

  • 4月5日(火) 

さいごに

NHKのHPなどで確認しても、4Kで撮影されたとは記載されていませんでしたが、草刈さんがFacebookでお話しされてますので、その通りなのでしょう。私は見逃してしまったので再放送で確認しようと思います。

現状4Kで撮影されていても、4Kで見ることはできませんが、しかし4Kで撮影されたものはやはり綺麗ですので、見逃した方!是非見ておきましょう。もともとこの「美の壺」はとても綺麗な映像ですが、さらに美しい映像がみられるかも。

近い未来「美の壺」も含めた再放送は、「4K画質」できっと見られるでしょう。「美の壺」はこれからは、どんどん4K撮影を行うとも言ってるようです。

 

このままでは、4Kの試験放送は見られません。詳しくはこちらも

https://4k8ktv.jp/2016/01/11/4k8k-test-broadcast/

https://4k8ktv.jp/2015/12/06/about-4ktv/

https://4k8ktv.jp/2015/12/03/bs-digital-4k/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください