これから4Kテレビを買う方必!!4Kテレビと4K対応テレビの違い

2019年夏、ボーナスで4Kテレビの購入を検討されている方必見です。ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店に行くと見かける「4Kテレビ」と「4K対応テレビ」の違いについて今一度解説していきます。

違いは簡単「4K放送チューナー内蔵」されているか?

以前の記事を加筆、修正しました。↓

この二つの基準は実は非常に簡単なんです。4K放送チューナーが内蔵されているタイプは「4Kテレビ」で内蔵されてないテレビは「4K対応テレビ」と表記されています。

4K対応テレビで4K放送を視聴するには別途対応チューナーが必要です。

「4Kテレビ」「4K対応テレビ」とはどのような意味なのか?

JEITA(電子情報技術産業協会)のガイドライン「4K・8K映像表示が可能なテレビジョン受信機の呼称について」では、以下のように定義されています。

4K対応テレビ
(1) 水平3,840画素以上かつ垂直2,160画素以上を有する表示デバイス(液晶パネル等)を搭載
(2) デジタルハイビジョンチューナー内蔵
(3) デジタルハイビジョン映像と4K映像信号を表示できる
(4) アスペクト比(有効画面):【16:9】を基本とする
(5) 59.94(≒60)Hz以上のフレームレートで表示が出来るを満たすテレビ

4Kテレビ
上記の4K対応テレビの (1)~ (5) に加えて
(6) 4K放送をテレビ本体で受信可能※
を満たすテレビのこと。

総務省ホームページ

しかし、ここで大きな落とし穴があります。数年前から販売している4Kテレビは・8Kテレビは、「4K対応テレビ」「8K対応テレビ」となっています。詳しい理由はこちらの記事をご覧ください。

個人的には映像関係はSONY製品を使っています。2019年夏にお勧めの4Kテレビはこちらです。

テレビ選びのポイントの参考にしてください。↓

再確認!どうやったら4K・8K放送視聴できる?

大きく分けるとこの2つに分かれます。↓

  • パラボラアンテナで視聴
  • パラボラアンテナ以外(ケーブルテレビや光回線)で視聴

4K放送を見るための 4K放送チューナーは?

4K対応テレビは持っている方は、別途チューナーが必要です。

4K放送チューナーは?

4K放送チューナー付きレコーダーは?

新4K8K衛星放送のBSの4Kチャンネルについて

主要チャンネルはこんな感じです

NHK BS4K

HP:https://www.nhk.or.jp/bs4k8k/

BS 朝日4K

HP:http://www.bs-asahi.co.jp/4k/

BS TBS4K

HP:https://www.bs-tbs.co.jp/4k/

BS テレ東4K

HP:http://www.tv-tokyo.co.jp/timetable/

BS フジ4K

HP:http://www.bsfuji.tv/top/list/4k.html

NHK BS4Kにはどんな番組がある?お勧め番組とお勧め時間帯

やはり資金が潤沢なNHKのコンテンツが最強です。生放送もあるし楽しいです。

実は・・・4K放送チューナーさえあれば、新しいチャンネルは楽しめる

ちなみに、4Kテレビ、4K対応テレビがなくても、これらのチューナーがあれば、4K放送の番組自体は楽しめます。ただし2Kになります。

4K・8K視聴のための補助金制度もあるので利用しよう!

補助金についてはこちら

我が家が補助金申請をしようとしたときの体験記です

もともと4K試験放送は、CSからスタートした

4Kの試験放送は先にCS放送で始まりました。チャンネル4K、スカパー4K!などがそうです。その後、BSの試験放送が始まり、昨年2018年の12月1日に新しく4K衛星放送(BS・CS)がスタートした訳です。

参考:4K対応テレビ

CSで放送されている4K試験放送「Channel 4K」はすでに終了

もともと、4K対応テレビに内蔵されているチューナーで視聴出来るのは視聴無料の試験放送「Channel 4K」と有料放送の「スカパー!4K」でした。この2つの一つである「Channel 4K」はすでに役割を終え、終了しています。

また、数年前に発売していた4K対応テレビでは、CSアンテナが必要な「スカパー!4K」しか視聴することが出来ませんでした。しかもすべてのテレビメーカーで対応していたわけでもなく、ここ2-3年は各社チューナーに関してはまばらで、統一感は全くありませんでした 。

一番初めに4Kチューナー搭載テレビを発売したのは、東芝

その後、昨年2018年に、東芝から4K放送が搭載 4Kテレビが発表されました。

4K対応テレビも、4Kテレビでも、4Kを楽しめるのは同じ。どんなことができるの?

4Kのビデオオンデマンドや、4Kゲーム、HDRって何か?知りたい方はこちらもご覧ください。

「8Kテレビ」「8K対応テレビ」とはどのような意味なのか?

8K対応テレビ
(1) 水平7,680画素以上かつ垂直4,320画素以上を有する表示デバイス(液晶パネル等)を搭載
(2) デジタルハイビジョンチューナー内蔵
(3) デジタルハイビジョン映像と4K映像、8K映像信号を表示できる
(4) アスペクト比(有効画面):【16:9】を基本とする
(5) 59.94(≒60)Hz以上のフレームレートで表示が出来る
を満たすテレビのこと。  
8Kテレビ
上記の4K対応テレビの (1)~ (5) に加えて
(6) 8K放送をテレビ本体で受信可能
を満たすテレビのこと。

総務省ホームページ

まとめ

4K放送8K放送に必要なパラボラアンテナを設置するには、南向きに設置する必要があるため、自身の住居環境が対応しているか?の確認も必要です。

4Kテレビの購入を検討されている方はどうやって4K作品を視聴するかも含めて検討をすることをお勧めします。

最近のテレビはチューナーに依存しないインターネットを用いた動画配信で4K作品配信に対応しているサービスがあります。これなら4K対応テレビで視聴可能です。

ビデオオンデマンドで4K楽しむなら4K対応テレビでOK

さいごに、4Kテレビ・4K対応テレビだけをまとめたページをどうぞ。いろいろ探すのに便利です。

4Kテレビの違いを見てみる

4Kや8Kに興味を持った方は、毎年開催されるNHKの放送技術研究所の一般公開に出かけてみては?

当サイトのNHK放送技術研究所関連の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebook Twitter
SHARE