「4K映像規格の父」、小野定康氏が100年前のフィルムを修復するリマスター技術を開発

「4K映像規格の父」、小野定康氏が100年前のフィルムを修復するリマスター技術を開発

お役に立ったらシェアお願いします!

映像業界で「4K映像規格の父」と呼ばれている小野定康氏(オノ・アンド・ジーアイティー:代表取締役社長)が画期的なリマスター技術の開発を行いました。この技術により、フィルムで撮影された素晴らしいコンテンツのデジタル化及び4K化が急速に進みそうです。

綺麗なの?4Kリマスターって何?
最近よく聞く、4Kリマスターって何?最近だと60周年記念で制作・リマスターされた「ゴジラ」とか聞きますし、スカパーでも4Kリマスターってけっ...

デジタルリマスター(以下リマスター)とはフィルムで撮影された映像をデジタル化することです。デジタルと聞くと、先進的なことをしているように聞こえますが、実際はフィルムを1枚1枚デジタルスキャンを行い、スキャンした画像の修復作業を行っています。

1分の映像フィルムをリマスターするお値段ははなんと20万円!

非常に手間がかかり、かつフィルムをスキャン出来る状態にするため、ロール状から1枚1枚剥がす作業が必要です。しかし、保存状態の悪いフィルムは劣化し、フィルムとフィルムがくっ付いてしまい、剥がそうとすると破れてしまうことも多々あるためうまく修復出来ないのが多くります。

しかもほぼ手作業であるため、多くの時間とコストがかかり1分の映像データを修復する費用は、一般的なフィルムの場合、約20万円と非常に高い多くの費用がかかります。そのため、修復する費用を捻出出来る映像コンテンツはごく僅かになっています。

一般的なフィルムとしたのはほとんどのほとんどフィルムが1秒あたり24フレーム(フィルム24枚)で構成されています。しかし、1秒あたりの表示フレーム数が多い場合、1分の映像をし修復するにはより多くのフィルムを修復する必要があるため、より多くのコストがかかります。

「4K映像規格の父」ってどういうこと?

なぜ、小野定康氏(以下小野氏)が「4K映像規格の父」と呼ばれているか?を一言でいえば、小野氏が現在の「4K規格」を作ったからです。4K規格って日本人が作ったの?と驚かれる方も多いかもしれませんが、4Kの開発・規格化は主にNTTの研究所が中心となって進めてきたことは、一般的にあまり知られていない事実でしょう。

4K開発はNTTの研究所から始まり、その後DCCJ(Digital Cinema Consortium of Japan:ディジタルシネマ・コンソーシアム)というNPOが中心となって、4K規格の標準化と普及を行っていました。その過程で最も重要なターニングポイントはハリウッドに認められたことでしょう。

なぜ、ハリウッドなのかは4Kという規格そのものが当時、デジタル化されていない映画をデジタル化することを前提としていたからです。「デジタルシネマ」という言葉は今では当たり前のようになっていますが、このデジタルシネマは実は4Kを表現しているといっても過言ではないのです。

その後、NTTが中心として作った4K規格はハリウッドでスタンダートだった「35ミリフィルム」と同等の品質であると認めら「DCI(Digital Cinema Initiatives) 4K」としてハリウッドお墨付きの規格となりました。

その後、このDCI 4K規格は映画用の規格であったため、一般的にテレビ放送とは違い、17:9というアスペクト比(4096×2160)かつ、24pというフレームレートとなっていました。その規格をもとに放送用に作られたのが、現在一般的に4Kと呼ばれている規格となります。

4K規格が出来た歴史や4Kという規格そのものが2つに分かれている詳細については、別の記事にて紹介する予定です。

「オメガシステム」という新たな手法で画期的なリマスターが実現

小野氏が開発したリマスター技術は「オメガシステム」(特許出願中)という全く新たな方法となっています。一般的なリマスターはフィルムを1枚1枚スキャンするためにフィルムロールから剥がす必要がありますが、この「オメガシステム」では、フィルムをデジタル化するためにフィルムを引っ張らずに透明な硬いフィルムキャリアに吸い付け、連続的にスキャンすることが可能となっています。この技術は山勝電子工業と共同開発を行っています。

自動化による効率化とコスト削減を目指す

現在はこの「オメガシステム」を自動化し、24時間無人稼働させることが次の課題となっているようです。自動化かつ24時間無人稼働が可能となれば、劇的にリマスターにかかる費用が下がって、より多くのフィルムが4Kで蘇る機会が生まれそうです。今後の技術開発に注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!