冬ボーナスで買いたいモノ、第1位は4Kテレビみたいだ。2015年

冬ボーナスで買いたいモノ、第1位は4Kテレビみたいだ。2015年

お役に立ったらシェアお願いします!

冬のボーナスで何を買いたい?目立って増加したのは、「キッチン家電・生活家電」「ITデジタル家電」で、節電や省エネ性能に優れた付加価値の高い家電の需要が高まっている。今買いたいデジタル家電1位は、薄型テレビとなっています。

MM総研(東京都港区)は12月10日、インターネットアンケート・サービス「NTTコム リサーチ」の会員モニターを使い、全国の20歳以上の就業者1,090人を対象とした「冬のボーナス商戦に関するアンケート」を実施、結果がまとめられています。

出典先をそのままご覧になるかたはこちら↓

http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120151210500

回答から見えてきたのは、昨冬より「増加する」と回答した方が多いこと。ボーナス支給額は改善傾向が続き、購買意欲も昨冬・今夏に比べ回復傾向とのこと。ずいぶん、私のボーナスと違いますが、世の中の人は冬ボーナスは増えているようです。

デジタル家電は、薄型テレビが1位

ITデジタル家電の購入意欲ランキングを見ると中々興味深いです。

1位:「薄型テレビ」9.3%
2位:「ノートパソコン」7.9%
3位:「スマートフォン」6.3%
4位:「デジタルカメラ」4.6%
5位:「タブレット端末」4.0%

なんと、薄型テレビが1位にランクイン。しかし、2011年の地デジ移行で薄型テレビは普及しているはずなので、ここでいう薄型テレビは、4Kテレビなのではないと思います。

12月1日にケーブルテレビの4K専門チャンネル「ケーブル4K」も開局し、年内にも1400万世帯で視聴可能になります。いよいよ4K放送が普及期に入って身近になるということなのでしょう。

朝日新聞DEGITALによれば、液晶テレビに占める4Kテレビの台数構成比が、過去最高の18.9%を記録しており、金額ベースではすでに30%を超えているようです。家電量販店としても4Kテレビを販売出来た方が売り上げが上がるので、どの量販店も4Kテレビの販売に力が張っているようです。

おおむね20万円以下の価格帯で強いのは、パナソニックの4Kテレビです。主にCX700シリーズやCX800シリーズの価格が下がっていることから人気があるようです。売れ筋は60インチ未満のテレビで台数構成比が9割以上と大半を占めています。

一般家庭のリビングにははやり大きくても60インチが限界ということでしょう。パナソニックは画面サイズ別のメーカーシェアでも40型台、50型台ともに4割弱のシェアの売り上げがあるとのこと。

一方、60インチ以上のモデルで人気なのは、シャープの4Kテレビ。シャープは4Kテレビの対応が遅れていましたが、今年6月に相次いで新製品を発表し、特に大型テレビに特化して巻き返しを図ってますね。

この冬お勧めの4Kテレビは何か?

60インチ以上を購入するなら、シャープのAQUOS でしょう!

同一サイズなら、他のメーカーより実売価格が少し安いのでシャープがお勧めです。

先日記事にも書きましたが、8K相当の画質が表現できるモデルもあります。

8Kテレビに最も近い4Kテレビ「AQUOS 4K NEXT」シリーズ
我が家は、ソニーのBRAVIA KD-55X9200Bを使っていますが、今、気になる4Kテレビの一つであるシャープ「AQUOS 4K NEX...

60インチ以下であればパナソニックのCX800シリーズがお勧めです!

お勧めのテレビはパナソニックの「TH-55CX800」というモデル。

55インチで、実売価格が20万円を切って販売しているお店をあるようです。

1インチあたりで見ると、約4,000円前後。

普及の分岐点と言われる、1インチあたり5,000円を下回っており、最新のHDRにも対応可能です。また、コンパクトなデザインなので、狭い場所にも設置可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!