【海外情報】BRAVIA XR 新8Kテレビ「Z9J」発表 日本の発売は2021年春か?

米国のソニーが新しい8K液晶テレビBRAVIA XR「BRAVIA Z9J」を発表しました。「MASTER Series」として75型と85型で展開し、米国と欧州で2021年春の発売を予定です。また、日本向けの公式発表はないのですが、こちらは上位機種なので、BRAVIA XRは日本でも発売されるでしょう。

海外情報 新8K液晶テレビ BRAVIA XR「Z9J」を発表

さて、新しい8K液晶テレビはどんなものかというと、75型と85型で展開。

海外品番:XR-75Z9J と XR-85Z9J また価格発表はまだありません。

「BRAVIA XR」は、8Kテレビのほか、4K有機ELテレビ、4K液晶テレビがあり、独自で「BRAVIA XR」限定の映画配信サービス『BRAVIA CORE』を開始するそうです。このサービスは、日本でやるかは不明ですが近年ソニーは映画関連の事業に注力しているので、将来的には日本で同じサービスが始まるかも!と思いました。

関連記事

2020年最新版 4Kや有機EL、8Kなどよく耳にするようになりましたが、いざテレビを買おうと思うと違いがわからない。そこで、テレビの買い時や適切なサイズを家電量販店販売員アルバイト経験を持つ筆者が説明します。テレビの選び方特集になりま[…]

新エンジン「Congnitive Processor XR」を搭載

AIと人の知能を併せ持つ新エンジン「Congnitive Processor XR」を搭載。

人間が見たり聞いたりするプロセスを反映するように設計されているという。

具体的には、人間の目は、無意識に特定の箇所に焦点を合わせますよね。特に人の顔には何か意味があるとじっと見たり、手前のモノに意味があるとか考えて焦点を合わせることが多いと思います。人が注視するものをテレビが理解出来たら・・・私たちが観たいものがよりはっきりした表示になるんじゃないか!という考え方のもと、「Congnitive Processor XR」が開発されました。

「Congnitive Processor XR」は、画面を多数のゾーンに分割し、画像の「焦点」がどこにあるかを検出します。

これまでの人工知能(AI)は、色、コントラスト、詳細などのピクセルを個別に検出して分析することしかできません。

新しいプロセッサは、脳と同じように、要素の配列を一度に相互分析できます。結果、各要素が互いに連携し調整されるため、よりリアルに近づくそうです。

また、音も同様で、音が画面の内容と正確に一致できます。あらゆる音は、3Dサウンドにアップコンバート。すべてのシーンを最適化し、ソニーがこれまでに提供した中で最もリアルなサウンドを実現します。

GoogleTV対応

米国、欧州のこれから発売のソニーの2021年製テレビは、Googleの新しいテレビユーザーインターフェース、GoogleTVに切り替わります。

Google TVでは、アプリやサブスクリプションの映画などのコンテンツを、ユーザーごとに整理して表示したり、スマートフォンやノートPCからウォッチリストに追加したものを、テレビで楽しめます。

また、Android TV同様、Google TVでもハンズフリー音声操作は使用可能。音声検索したり、テレビやスマートホームデバイスを制御可能。(GoogleアシスタントとAmazon Alexa対応デバイスとも連携可能)

動画配信『BRAVIA CORE』

『BRAVIA CORE』は「BRAVIA XR」限定の映画配信サービス。最大80Mbpsのストリーミングかつ、4Kブルーレイと同等の画質で視聴可能。

こちらは、「IMAX Enhancedコンテンツ」をリリースする予定です。

ソニー・ピクチャーズのIMAX Enhancedコンテンツは?(一部)

・スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
・スパイダーマン:ホームカミング
・スパイダーマン: スパイダーバース
・ジュマンジ/ネクスト・レベル
・ヴェノム
・バッドボーイズ フォー・ライフ
・ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
・メン・イン・ブラック: インターナショナル
・チャーリーズ・エンジェル など

4月22日追記:国内最大級のIMAX Enhanced配信サービスがソニーのBRAVIA XRTMで提供開始。音声はDTSを採用。

詳しくはこちら https://www.sony.jp/bravia/bravia-core/

IMAX Enhanced 製品で、“IMAXクオリティ”が家庭で楽しめる

BRAVIA XR「BRAVIA Z9J」は、IMAX Enhanced製品で、高品質の色、コントラスト、透明度、およびサウンドに対応します。“IMAXクオリティ”が家庭でも楽しめます。

このほか、映像面においては、Dolby Vision、Dolby Atmosほか、Netflixキャリブレーションモード、IMAX Enhancedもサポート。

IMAXとDTS(R)が手掛ける「IMAX Enhanced」は、対象機器であれば、IMAX体験を家庭で実現できます。日本では、TSUTAYA TV で『IMAX Enhanced』対応のコンテンツが見られます。

Netflixキャリブレーションモードは、Netflixのオリジナルを楽しみ、テレビで映像スタジオと同じ画質を再現するために開発されました。作成者のビジョンと意図が忠実に保持されるモードです。

映画好きにはたまらないテレビに仕上がっています。

日本でBRAVIA「IMAX Enhanced」 認証されている機種は・・・

4K有機ELテレビ BRAVIA A8H/A9S/A9G/A9Fシリーズ
4K液晶テレビ BRAVIA X9500H/Z9F/9500Gシリーズ
8K液晶テレビ BRAVIA Z9H

サウンド面

独自の音響技術「Acoustic Multi-Audio(アコースティック マルチ オーディオ)」を採用。TVの振動フレームツイーターにより没入型の体験を実現しまた音が映像から聴こえるようなリアルな臨場感を味わえます。また、前面のサブウーファーは、強力な低音を表現します。

また、3次元のリアルな立体音響「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」対応。映像はDolby Vision(ドルビービジョン)にも対応しているので、映像とリアルな音響が一体になり迫力のサウンド体験が楽しめそうです。

また、「Acoustic audio calibration」で音響自動校正を行います。テレビは、物体を検出し、部屋に合わせて強化および最適化されたサウンドを再生します。

どこに座っていても、テレビは人の位置を検出して音を最適化。テレビの真正面に座っているのと同じ音質を楽しむことが可能だと言う。

HDMI 2.1をサポート 4K/120p入力対応

8Kテレビ「Z9H」同様、4K/120fps入力に対応しています。また、HDMI 2.1をサポート。可変リフレッシュレート(VRR)、自動低遅延モード(ALLM)、eARCに対応。

このほか、2021年に発売予定で、HDMI 2.1をサポートする4K・8Kテレビは以下の通り

8K液晶の「Z9J」と、4K液晶の「X95J」「X90J」そして4K有機ELの「A90J」「A80J」

SONY(海外品番)BRAVIA Z9J・A80J・A90J・X95J・X90J・X85J

今後を考えると、2021年に日本で発売のソニーのテレビは、HDMI 2.1をサポートしそうですね。

また、先日CESで発表のPanasonic(海外品番)4K有機ELテレビ JZ2000もHDMI 2.1をサポートするようなので、今後は、日本で発売のパナソニックのテレビも、HDMI 2.1をサポートしていくでしょう。

この4K有機ELテレビ JZ2000は、HDRの新しい規格「HDR10+ ADAPTIVE」(「照明条件に関係なくテレビの視聴体験を向上させる」というHDR映像の独自規格)に対応。「HDR10+ ADAPTIVE」の対応製品は、パナソニックやサムスンなどから発売されそうです。

AV1採用へ

また、インターネット上の動画配信を目的に開発した動画圧縮コーデックAV1についてですが、海外のサイトを見ていくと遂に、VP9やHEVC/H.265からAV1採用へ動いていきそうです。

ただ、BRAVIA XR「BRAVIA Z9J」では、ストリーミングアプリのみサポートしているそうです。ただし2021年に発売されるBRAVIAは、AV1を採用している模様。

LG電子とサムスン電子は、2020年にAV1を実装し、TCL、Philips、その他のTVメーカーもAV1に取り組んでいると聞きます。 配信事業者では、NetflixとAmazonもテストを開始。YouTubeではPC向けのサイトの一部で採用されています。

インテルなどのチップベンダーもNetflixのストリーミングのAV1対応に力を入れ、すでに商業的に採算が取れるレベルまできたと言います。

さいごに

「BRAVIA XR」シリーズとしては、5製品が発表されています。

8K液晶テレビ:Z9J、4K有機ELテレビ:A90J・A80J、4K液晶テレビ:X95J・X90J

今回は海外の話でしたが、日本でこれから発売される最上位モデルになりそうです。日本での発表が楽しみです。

関連記事はこちらも

関連記事

 今年2020年に発売された「4K Ultra HD ブルーレイ」を見ていこうと思います。ディズニー関連やSTARWARS関連作品も多いし、一昔前に公開したあの名作映画も「4K」になっています。12月には、例年いつも安くなるので、気にな[…]

関連記事

例年なら米国ラスベガスで開催のCESですが、今年はオンラインで「CES 2021」が始まりました。さて、気になるSONY(ソニー)ですが、ドローンプロジェクトの「Airpeak」を初めて公開しました。また、昨年発表のオリジナルEV「[…]

BRAVIA XRについてさらに知りたい方はこちら↓

 

 

最新情報をチェックしよう!