11月30日発売 アイ・オー・データの「HVT-4KBC」はどんな4Kチューナー??

新4K8K衛星放送開始も1週間を切りました!今回はアイ・オー・データの4Kチューナー「HVT-4KBC」をみていきます。この「HVT-4KBC」は、4K/60p、HDCP 2.2に対応したテレビ・ディスプレイであれば接続可能なチューナーです。外付けのUSBハードディスク(別売り)を繋げば、BS 4Kや110度CS 4Kの番組を録画できるレコーダーにもなります。

「新4K衛星放送」対応 4Kシングルチューナー「HVT-4KBC」

「HVT-4KBC」は11月30日発売予定。33,000円前後のお値段から販売開始されそうです。

BS4K/CS4Kチューナーは1基づつ搭載のチューナーになります。

どんな4Kチューナー?

 

I-O DATA 4Kチューナー BS/CS 外付けHDD録画 リモコン付 土日サポート 1年保証 HVT-4KBC/E

「HVT-4KBC」は、BS・110度CSによる4K放送チューナーです。東経124度・128度CSデジタル放送、BS8K放送、地デジの受信はできません。

4K対応テレビ以外にも接続可能ですが、4K画質で視聴するには、4K/60pとHDCP2.2に対応したテレビが必要です。
また、 HDRや広色域画質で視聴するには、HDR(HLG方式)や広色域(BT.2020方式)に対応したテレビが必要となります。

4Kテレビも検討中の方はこちらも

ダウンコンバート可能

4K→2Kへダウンコンバート可能。HDR非対応でもSDRで、HDテレビであればダウンコンバートして出力しますので、様々なテレビに接続可能です。

スペックは?

HVT-4KBC のスペック
搭載チューナー
地上デジタル数
BSデジタル数
110度CSデジタル数
BS 4K数1
110度CS 4K数1
BS 8K数
124/128度CS4K(スカパープレミアム)
搭載端子
HDMI端子1 (2Kダウンコンバート出力対応)
USB端子1
(ファームウェア更新用USBメモリーおよび録画用USB HDD接続用)

※HDDのバスパワー動作は保証外
アンテナ入出力入力×1
出力×1
(入力:コンバータ供給電源15V、最大4W)
LAN端子1
(10BASE-T/100BASE-TX)
ネットワーク
無線LAN・Wi-Fi内蔵

外形寸法(幅×高さ×奥行):約220×150×35mm
本体質量:約600g
付属品:付属品: リモコン、単4形乾電池(動作確認用)×2、ハイスピードHDMIケーブル(約2m)×1、ACアダプター×1、取扱説明書

HDMIケーブルは同梱されています

取り付けに必要なものは?

取り付けには、アンテナケーブル、HDMIケーブルが必要です

4Kの映像信号(2160p)を出力する場合は、プレミアムハイスピードHDMI(R)ケーブルを使用しましょう。

アンテナケーブルは、しっかりとシールドされたもの。
また「SH(スーパーハイビジョン)マーク」「4K8K対応」と記載されているアンテナケーブルをきちんと選びましょう。

録画できるHDDはどれを選べばいいか?

接続できる外付け HDD はセルフパワータイプの HDD。バスパワータイプのHDDは未対応で、8TBまで。
接続できる外付け HDD は1 台だけです。(USB ハブなどを使用して、複数の外付けHDD を同時に接続した場合、外付け HDD を認識できません。)

アイ・オー・データのサイトによると、以下のUSBハードディスクは動作確認済みとのこと。

I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 3TB テレビ録画 日本製 土日サポート AVHD-URSQ3

I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 3TB テレビ録画 日本製 土日サポート AVHD-AUTB3

I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 3TB テレビ録画 日本製 土日サポート AVHD-AUTB3

I/Oデータ USB3.1 Gen1(USB 3.0)/2.0 外付けハードディスク 3.0TB(ホワイト) HDCZ-UT3WC

参考までに我が家は、 I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 3TB を2台購入しました。アイ・オー・データなのに安い!おすすめです。

I-O DATA製品

また、そのほかおすすめの機種はこちら。特にブラビアとは相性のいい機種です。

SONY製品

バッファロー製品

対応機種について

対応機種は、4K/60p、HDCP2.2の入力に対応したHDMI端子を搭載の4K対応テレビ。パソコン用ディスプレイ HDMI端子を搭載する4K解像度に対応したパソコン用ディスプレイ。

動作確認済み4K対応液晶ディスプレイ一覧

4Kディスプレイで見たい方も多くいると思います。メーカー動作確認済みのディスプレイは以下の通り

LCD-M4K552XDB
LCD-M4K491XD  HDR非対応
LCD-M4K431XDB  HDR非対応
LCD-M4K271XDB  ディスプレイ側の設定を変更する必要あり

さいごに

試験波が出ていても本放送が始まっていないので実際のところの使い勝手など細かいところはまだわかりません。また追記予定です。

他社の4Kチューナーはこちらもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください