これは買いだ!GoPro HERO7 Blackは、優秀なアクションカメラだ!

ついに7代目!GoProが、Black、Silver、Whiteの3機種を同時発表しました。注目の「GoPro HERO7 Black」(4万9800円)は、GoPro HERO6 Blackのアップデート版で解像度とフレームレートは従来機どおり。注目は手ブレ補正力(HyperSmooth搭載)、期待度高いです。※サイトリニューアル中に書いたものが消えてしまったのでもう一度UPしなおしています。

 

「GoPro HERO7 Black」 のビデオスタビライゼーション”HyperSmooth“は凄い!

日本では自撮り用にも大人気で、沢山のテレビ番組で使われ信頼も厚いGoPro。

もう7代目なんです。またエントリーレベルや一般的なユーザーにも適したHERO7 Silver、HERO7 Whiteもラインナップに加わりました。

※Black(フラッグシップ)、Silver(ミドルシップ)White(ローエンド)

GoPro HERO7 Black (国内正規販売価格:税込53,460円)

とくにBlackは待望のFacebook Live対応で注目度も高いです。注目は手ブレ補正力(HyperSmooth搭載)で、下のYoutube見てもらうとわかりますが、物凄くスムースでジンバルはもういらないのでは?と思う作りで凄いんです!

HyperSmoothはスムースで凄い!

このHyperSmoothはこれまでのカメラのビデオスタビライゼーションと一線を画すもの。

プロが電動のジンバルを使用して撮影しているような映像が、このHERO7 Black単体で簡単に撮影可能です。水中や強風でジンバルが使用できない誌シーンでも活躍しそう。

このHyperSmoothを搭載したHERO7 Black ― その目で確かめてください!!

初のライブストリーミングに対応したGoProカメラ

Facebook、Twitch、YouTubeでのライブ配信に対応。これで簡単に外で活発に動き回っている瞬間をシェアすることが可能になります。

プロでなくても簡単にライブ配信できるようになりました。

では「HERO7 Silver + HERO7 White」はどうなの?

エントリーレベルや一般的なユーザーにも適したHERO7 Silver、HERO7 Whiteがラインナップに加わりました。10mの防水性と音声コマンドを使って操作をしたり、シャッターボタンを一度押すだけで電源が立ち上がり、撮影を開始できます。

4K撮影が可能な GoPro HERO7 silver (国内正規販売価格 税込41,580円)

1080pが撮影可能な GoPro HERO7 white(国内正規販売価格 税込31,860円)

 

どちらも、高画質のビデオ・写真はそのまま。ただフラッグシップモデルの「GoPro HERO7 Black」 のビデオスタビライゼーション”HyperSmooth“があまりにも凄いと、RAWでいじれるから「GoPro HERO7 Black」 がやはり一押しですね。

スペック比較

[table “149” not found /]

 

関連記事

4K60Pに対応した「GoPro Hero 6」9月29日に日本でも発売開始!

 

HERO7 Black、HERO7 Silver、HERO7 Whiteは国内正規販売店にて9月27日(木)より販売開始となります。

我が家はGoPro5なので買い直したくなりました。これは一緒に買いましょうね。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください