4K・8K本放送まであと一年!!DEAN FUJIOKA の8K+22.2ch ミュージックビデオ「DoReMi」も体感!

 

12月1日から3日間、4K・8Kの本放送の開始までちょうど1年ということで、4Kや8Kの魅力を体験できるNHKのイベントが東京・新宿で開催されました。サカナクションのイベントは大盛況!抽選にはずれた方が、外の8Kモニターで踊りながら鑑賞してました。

 

「放送開始まであと1年!4K・8Kスーパーハイビジョンパーク」

目新しいものはないけど、今年の4K8Kの現状を知るには良いイベントでした。11月30日に発売したばかりのシャープの8Kテレビも展示していました。

展示・体験・参加型イベントは?

  • 8Kリビングシアター(シート型8K有機ELディスプレイ+22.2ch)
  • 8K:VRライド 「東京VICTORY」(体験型8Kアトラクション)
  • 8Kインタラクティブ(双方向)展示(ウユニ塩湖の星空・化石図鑑)
  • 8Kデジタルサイネージ(タテ型ディスプレイ)
  • 4KHDR(ハイダイナミックレンジ)コンテンツショウケース
  • 4K・8Kチャンネル紹介コーナー
  • 4K・8K受信相談コーナー など

8Kリビングシアター

シート型有機ELディスプレイで、8Kディスプレイの将来イメージを展示しています。

NHKとLG Display、ASTROデザインとで共同開発したシート型8K有機ELディスプレイ+22.2chの展示で、65インチのディスプレイを4枚つなげたものになります。

4枚つなげると130インチというサイズになり、このディスプレイの前にはソファーが置いてあるので、見入ってしまいました。

ディスプレイの薄さが来場者の目を引いていました。厚みは2mm。

https://4k8ktv.jp/2016/05/27/nhk-giken2016-2/

上映されていたのは?8KでHDR

  • ディーン・フジオカ「DoReMi」
  • ルーブル永遠の美
  • コンフェデ杯決勝 ドイツVSチリ
  • サカナクション・ライブ2017

で、サカナクションのライブは、幕張メッセで10月に開催したものです。

またディーン・フジオカは月20日に「Let it snow!」をリリースします。収録されているのがこの新曲「DoReMi」です。

この「DoReMi」の楽曲を使って、世界初となる8K HDR×22.2音響を使ったミュージックビデオも制作しました。このようなMVは世の中にまだないため、これからしばらくはこの「DoReMi」がイベントで良く流れるでしょうね。

【Amazon.co.jp限定】Let it snow! 初回盤A(CD+DVD)(オリジナルB3ポスター(Amazon ver.)付)

 

8K:VRライド 「東京VICTORY」

体験型8Kアトラクションで、ドーム型をしたスクリーンに映し出された8Kの映像に連動して座席が動く仕組み。

スクリーンには、東京オリンピックが開かれた昭和39年や、今の東京の町並みの映像が映し出されます。時間や空間を移動するたびに座席が連動して揺れ動き、実際に移動しているような感覚を味わえます。

5歳以上で、健康な方ならどなたでも乗れました。待ち時間は30分前後でした。

https://4k8ktv.jp/2017/10/23/8kvr/

https://4k8ktv.jp/2017/03/14/8k-vr-ride/

8Kインタラクティブ 双方向展示

ウユニ塩湖の星空・化石図鑑を8K映像と組み合わせて、タブレットを介して自分の見たい方向を見たり、拡大したりすることが出来ます。

かなり綺麗なので、美術館や学校などの教育の現場でも活躍しそうな感じです。

関連記事はこちら

https://4k8ktv.jp/2017/10/11/science-staduim2017/

8Kデジタルサイネージ

タテ型ディスプレイで、TOKYO GIRLS COLLECTIONの一部を切り取った形で流しています。サイネージですが、綺麗で動くので実際に街にあったら目を引くでしょうね。

また、モデルが着ている服に合わせて、どこのブランドの服なのか拡大しても8Kはキレイで模様までしっかり見えていました。それを表現したかったのでしょうね。

4KHDR(ハイダイナミックレンジ)コンテンツショウケース

どの写真も人が映りそうで、微妙な写真で申し訳ないのですが、4Kパネルで様々なコンテンツを上映していました。

先着順&要申し込み 8Kスーパーハイビジョンシアター

https://4k8ktv.jp/2017/09/26/sakanaction-8k/

350インチスクリーン 定員100名で、はがきを持った方が並ぶと会場が狭くてスタッフは大変そうでした。
【入場自由】※座席は自由席(先着順)だったようです。とくにサカナクション 8Kライブin幕張は物凄い抽選確率だったと言ってました。

私もサカナクションだけ応募しましたが、やはり落選し、外の小さなモニターで鑑賞しました。小さなモニターといってもシャープの85インチの8Kモニターだったと思います。

  • 「紅白2016ダイジェスト/DRUM TAO in 久住高原/リオデジャネイロオリンピックダイジェスト」(14分)
  • 「サカナクション 8Kライブin幕張(仮)」(90分)
  • 「2017NHK杯フィギュア女子シングル・フリー」(125分)
  • 「2017NHK杯フィギュア男子シングル・フリー」(60分)
    「8K生中継!デュトワ指揮N響演奏会~ラヴェル没後80年~」(120分)

それ以外にも、ドーモ君を探すコーナーや実際にドーモ君と一緒に写真が撮れたりと、一応子供も意識したイベントになっていました。

テレビを拡大しても、ドットがわからないよ。と見せてくれたり・・・

ドーモ君が何人いるのか数えてみたり・・・。

4K・8Kチャンネル紹介コーナー

4Kや8Kを上映していました。

4K・8K受信相談コーナー

こちらは、発売されたばかりのシャープのテレビが展示していました。

https://4k8ktv.jp/2017/09/06/aquos-8k/

ドーモ君も登場

たびたび現れました。意外と可愛かったです。

 

さいごに

チューナーはこれから発売しますし、基本的にはアンテナが必要です。でも4K8K放送が普及するかどうかは、ケーブルテレビに掛かっていそうですね。

そして「4K8K推進キャラクター」に女優の深田恭子さんが起用されました。こちらも個人的にはとても楽しみです。

関連記事はこちら

https://4k8ktv.jp/2015/12/06/about-4ktv/

https://4k8ktv.jp/2016/10/18/4k_8k_bs/

https://4k8ktv.jp/2017/10/13/nojima-4ktv/

https://4k8ktv.jp/2017/07/04/4ktv-choice/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください