【2015冬最新】4K放送・4K動画配信サービスの録画対応一覧まとめ

今年もあと2週間、気付けばもう年末ですね。今年の年末年始は休みが短いので家でゆっくり家でテレビを見て過ごす方も多いのではないでしょうか。せっかく4Kテレビで4Kコンテンツを見るので気にいった番組は録画したいけど、そもそも録画できるの?という疑問にお答えします。

4Kを録画するには

まずは4Kを録画する方法からです。2015年時点では4Kコンテンツを録画する方法はHDD(ハードディスク)に保存するか方法がありません。一言にHDDと言ってもいくつかのパターンがありますが、基本的には同じです。

  • パターン1:対応チューナー+外付けHDD
  • パターン2:HDD内蔵対応チューナー
  • パターン3:対応チューナー内蔵テレビ(対応機種)+外付けHDD

HDDと接続する機器やすでに内蔵している等の違いはありますが、パターン1と2については同じサービスで録画が出来る可否に違いはありません。しかし、3は対応機種が限られてしまいます。また、現時点ではHDDに録画したコンテンツはいかなる方法を持ってもダビングは不可能となっています。

4K放送・4K動画配信サービスの録画対応一覧表

各サービスの録画対応一覧をまとめました。番組によっては下記に対応(○)と記載してあっても非対応の場合はありますのでご了承下さい。あくまでも全般的にはという視点でまとめております。

サービス名録画対応
Channel 4K
スカパー4K(総合)
スカパー4K(映画)×
ケーブル4K
ひかりTV 4K(ビデオサービス)×
ひかりTV 4K(テレビサービス:4K-IP放送)×
ひかりTVどこでも 4K×
みるプラス4K×
Netflix×
amazonプライムビデオ×
YouTube×
4Kアクトビラ×
dTV×

4K放送普及の本命!?ケーブル4Kとは

【2015/12/24更新】日本初のHDR対応コンテンツ配信を開始した「ひかりTV 4K」とは

サービス開始日から利用の「スカパー!4K」をレビュー 加入を検討の方参考にどうぞ!

日本初の4K放送「Channel 4K」が2016年3月末に終了。試験放送を振り返る。

Amazonプライムビデオはとってもお得なサービス メリット一覧

4Kテレビを購入したら、Netflix(ネットフリックス)に加入して観て欲しい!その理由

まとめ

4K放送と呼ばれているサービスはほぼ録画可能(ひかりTV 4Kを除く)です。しかし、インターネット系のサービスは軒並み録画は非対応となっています。理由としてはインターネット系のサービスは基本的にVODであるため、視聴したいコンテンツを選んで見るという形式でありそもそも録画をする必要がないからでしょう。

例外的なのは「ひかりTV 4K」のテレビサービスはVODサービスではありませんが、録画出来ないため見たい番組がある場合は生で見るしかないようです。

blank
最新情報をチェックしよう!