SONY α7S IIが撮影した、国際宇宙ステーションからの4K動画は素晴らしい。。。

お役に立ったらシェアお願いします!

以前記事にもしたのですが、国際宇宙ステーションの有人実験施設「きぼう」の船外にSONYの「α7S II」が取付けられ、4K動画を撮影しています。今回の動画は7月26日に公開され、日本の上空も4K画質でピシッとしたハッキリとしたものが見られました。子供と一緒にこんな映像が見られたら、自由研究にも役立ちそう。

スポンサーリンク

SONY α7S II が活躍!

「きぼう」の船外カメラとして活躍する「α7S II」

プロジェクトは2014年から始まったそうです。2016年12月にこのα7S IIは打ち上げられた荷物に乗り、ISSに取り付けられたと言っています。

以下は、Youtubeからキャプチャーしました。

この動画は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の日本の宇宙実験棟『きぼう』に取り付けられたカメラ α7S IIによって撮影されたものです。

とくに船内ではなく船外での使用に耐えられるカメラということ。大西宇宙飛行士のISSの長期滞在ミッションの報告会でも、その映像が流れていました。

こちらも参考にどうぞ。

先日、大西宇宙飛行士のISSの長期滞在ミッションの報告会に参加したのですが、Pronewsのレポートに面白い記事が掲載されていました...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、カメラを選定する際に、真空、放射線などの宇宙環境や、宇宙の極端な温度変動(摂氏200度くらい)に耐えられ、信頼性もあり、採用されたそうです。

JAXAによれば、温度変化を助けるためのハードウェア(ラジエータとヒーターが搭載)が組み込まれているものの、「カメラのハードウェア自体はほとんど変わらないという。

これからどう活用されるの?

JAXAは、オゾンと森林の色の変化を比較したり、色調の再現性、静止画像をキャプチャするのにも使用されているそうです。このあたりは4K動画ならではですね。

これからは、ドッキング操作なども公開されそうです。

また、α7S IIへならではといえば、高感度のフルフレームセンサーのおかげで、夜間の撮影も綺麗に撮影が可能。以前のシステムでは不可能だったので、期待できるところですね。

暗闇でもこんなに光がハッキリ撮影されてすごいです。

★レンズ交換式デジタル一眼カメラ ソニー α7S II
圧倒的な高感度・広いダイナミックレンジを実現し、4K動画記録、
5軸ボディ内手ブレ補正も備えた35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ

こちらも参考にどうぞ。

以前、NASAが米Harmonic社と提携し、「NASA TV UHD」サービスをスタートさせたと書いたのですが、4月現在で...
NASAは、米Harmonic社と提携し、「NASA TV UHD」サービスをスタートしました。非商用としては米国初だそうです。日本では「C...
火星に一人置き去りにされた宇宙飛行士(マット・デイモン)が、火星で生き延びようと必死にもがく話で、2016年に公開されたばかりのSF...

我が家で撮った映像はこちら

今年の冬のボーナスで夏から迷いに迷い、そして清水寺の舞台から飛び降りるような思いでα7SⅡとSELP 28135Gレンズと SEL1635Z...

どんなカメラか気になる方は、こちらも

10月20日よりSONYのα のサイトに、ネイチャーフォトグラファー柏倉陽介氏が登場。日本国内の素晴らしい光景を残すプロジェクト「極...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!