Amazonがアメリカで「Fire TV Edition」という4Kテレビを発表!なんと65型モデルが900ドル

 

Amazonがアメリカで「Fire TV Edition」という4Kテレビを発表しました。どんなものなのか気になりますよね。65型モデルで、900ドル、43型モデルで449ドルという安さ!なんとも羨ましくなります。日本での発売は未定。でも使い勝手も良さそうで見てみたいモデルです。

Amazonから発表 Fire TV Editionとは?

しかし65型で900ドルと、日本円で約10万円しないくらいなので本当に魅力的。国内メーカーの65型4Kテレビの1/4ほどですから。今のところ日本での発売などは発表されていません。

サイズは、43、50、55、65インチの4種類。

昨年、DMMが発売した4Kモニターも、6万円を切る実売価格で人気を博しました。これから4Kテレビ、また8Kテレビは一体どうなっていくのでしょうか?

 

どんなテレビか?

直接テレビに、FireTVのオペレーティングシステムを統合させた4Kテレビになります。

作っているのElementという会社。ただし製造は、Seiki、Westinghouse、Elementという3つのメーカーの様です。すでにネットで予約を開始し、来月には店頭でも予約を受け付けるそうです。

この「Fire TV Edition」は、「Amazon Fire TV」が搭載されたテレビで、プライム会員のユーザーは、Amazonプライム・ビデオやプライム・ミュージックの視聴ができます。

もちろん「Netflix」「Hulu」など、その他のVODサービスも簡単に視聴できます。テレビや音楽の再生、番組の検索、アプリの起動などが可能になります。30万ストリーミングとも書いていますので、期待できそう。↓

また、音声操作が可能なAI音声アシスタント「Alexa」も搭載。

このようなリモコンが付いてくるようです。Fire TVそのものですね。

画質は4K(解像度3840 ×2160)ただしHDRは対応していない模様です。

端子は?

ポートはHDMI×4/ARC/USB2.0/USB3.0/SDカードなど

 

米Amazonのサイトに載っていた動画を見たのですが、思った以上に使いやすそうです。動画を見る限り、関係のないどの画面からでもどのアプリからでも、音声でそのアプリにジャンプできそうな雰囲気です。

まだ、日本では発表していませんし、詳細は分からないのですが、使い勝手は良さそう。例えるなら、スマートフォンの大きい版みたいな感じです。

さいごに

何はともあれ、日本での発売が期待されるのと、実物を見てみたい。これに尽きます。

他にも、こんな記事はどうですか?

https://4k8ktv.jp/2017/05/18/funai-4ktv/

https://4k8ktv.jp/2017/05/14/viera-ez1000_ez950/

https://4k8ktv.jp/2016/10/30/ultrahd-blu-ray/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください