遂に?8K動画モードを備えた最初のミラーレスカメラ キャノン「EOS R5」発表

遂に?コンシューマ向け8Kももうすぐ登場しそうです。2月13日、キヤノンがフルサイズミラーレスのハイエンドモデルカメラ「EOS R5」と、RFマウント望遠レンズ、エクステンダーを開発中と発表。発売は2020年後半の予定だという。値段は未発表ですが、50万円いかないくらいではないかと・・・勝手に思っています。

8K動画モードを備えた最初のミラーレスカメラ「EOS R5」

「EOS R5」は、8K動画が撮影できる初めてのミラーレス・・・とされ、細かいスペックはまだ見えてこないものの、2月27日から3月1日までパシフィコ横浜で開催の「CP+(シーピープラス)」のキヤノンブースにて参考展示される予定です。

このカメラにはキヤノン初のボディ内手ブレ補正が搭載で、電子シャッターで秒間20コマ、メカシャッターで秒間12コマ撮影可能。さらに、8K動画の撮影にも対応している。

もちろん、メモリーカードスロットはデュアルスロットとなっている。

8K動画が撮れても、編集するとなると高スペックなPCが必要でしょうね。環境を揃えるのも大変そうで、手放しで喜べないですね。

また、RFマウント望遠レンズは「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」またこのレンズに装着可能な「エクステンダー RF1.4x」、「エクステンダー RF2x」も開発中とのことで、こちらも期待大。

参考:https://cweb.canon.jp/eos/special/eos-r/r5/

クラウドフォトサービス「image.canon」もまあまあな予感

また同時に発表されたクラウドフォトサービス「image.canon」に対応。(サービスは2020年4月からの予定。)この「image.canon」は、事前に登録したWi-Fiネットワークに接続すると、自動でカメラ内の画像を「image.canon」にアップロードしてくれるもの。※また「EOS R5」以前のモデルは手動でアップロード可能。

アップロードされた画像は30日間保存され、Googleフォト、Googleドライブ等のクラウドサービスに転送される。

30日を過ぎるとデータは削除されるが、300万画素相当のサムネイルのみ長期保管される。(アップロード画像のオリジナルデータを30日後も利用したい場合は、上限10GBまで長期保管することが可能。)

参考:http://image.canon/st/ja/index.html

クラウド関係は、どのメーカーも年々使い勝手も良くなっていますよね。

これからのことを考えても、設定済みのWiFiの時、自動接続するというのは当然でしょうね。また、データを自動で別でバックアップするのは、目新しいものでもないけど、やれないのも困る・・・。

強いて言うなら、Amazonプライムのサービスみたいに写真データ無制限ならRAWデーターもどんどん保存するのになあ・・・。

さいごに

今年は東京2020オリンピックも開催されますし、望遠カメラ付きの良いカメラが欲しいのはみんな同じ。我が家もサッカーの観戦チケットが当たったのでいい写真を撮りたいなあと思ってます。値段次第では本当に買いたいカメラです。

ここ数年、SONYに浮気してましたが、久々にキャノンが来るか!!という勢いも感じますね。私もRシリーズを使ったことがないので触ってみたいし・・・

気になるお値段ですが、こちらはまだ不明。うーん、50万円くらいですかね。でも、そのまえにPC買い替えた方が良いかなとも思いますが。

海外サイトも調べましたが、リーク情報も含め、まだ本物のニュースかどうか怪しいものも多く、分かる範囲のものを書いてみました。とりあえず、続報を待ちたいと思います。

関連記事はこちら

当サイトの8K関連記事

関連記事

ソニーは、1月7日、ラスベガスで開催の「CES2020」で、8K液晶テレビ「Z8H(ZH8)」を公開すると発表。ソニーの8Kテレビは遂に日本でも発売されるのでしょうか?そして、どんなテレビなのでしょう・・・また、あわせて48インチ4[…]

 

最新情報をチェックしよう!