凸版印刷が開発した4K・8Kの壁「エクスペリエンスウォール」が面白い

凸版印刷株式会社が2018年6月から販売を開始した「エクスペリエンスウォール」が面白い。「エクスペリエンスウォール」は壁一面に4Kや8Kを表示し、現実の世界にいるかのように体験できる壁ということで・・・興味深い。遠目で見ると本物に見えそうだし、窓に見えますね。

 

凸版印刷の エクスペリエンスウォール とは?

凸版印刷が、ハード開発、天井、壁面のデザイン施工まで行い、フレームのない空間を作り出した新しい空間で、広島県府中市の 株式会社タテイシ広美社と共同で開発した、8Kや4Kの壁です。

タテイシ広美社について
コーポレートサイト:http://www.t-kobisha.co.jp/

1.5mmピッチのLEDディスプレイに、凸版印刷撮影から編集まで独自に制作した8Kの映像を表示。静止画、CG映像の表示や、プロジェクションマッピングとして利用が可能。

販売先は、大型施設、駅や空港、企業ショールームなどの予定だそうで、まずは、2018年6月7日「NIPPON GALLERY TABIDO MARUNOUCHI」(東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F/2F)に、エクスペリエンスウォールを設置されたので、機会があれば見に行って見ようと思ったのですが、凸版印刷と取引がないとは入れないみたいです。残念です。

これまでの凸版印刷の記事

https://4k8ktv.jp/2016/10/19/chinzanso/

https://4k8ktv.jp/2016/07/05/osaka-geidai-8k/

エクスペリエンスウォールについて

480mm×270mmのLEDパネルを単位に、パネルを組み合わせて自由にサイズを設計可能。

階段状や壁面の360度外周、内部にパネルがない空白部分なども設計可能だそうで、かなり自由度が高いです。

駅や空港など交通施設のメインゲートや、商業施設、テーマパーク等での動画、静止画、CG映像の表示や、プロジェクションマッピングの様なエンターテインメントとしての演出も可能です。

こちらは↑プロジェクションマッピング

またフレームのない大画面に実物大の映像を表示することで、自動車や住宅設備などのバーチャルショールームにも利用したり、博物館の展示だったり汎用性は広そうです。

「NIPPON GALLERY TABIDO MARUNOUCHI」構成・価格

1.5mmピッチLEDパネル178枚(約23㎡)、制御用コンピュータ、4K映像再生装置2台、音響設備

価格:導入価格 600万円/㎡~(音響設備、コンテンツ制作費別途)
施工期間(製造期間含む) 約5カ月

 

さいごに

この4K・8Kの壁・・・には可能性を感じますね。未来は、学校や美術館、家の家電製品何でもOKということでしょう。お金はかかるのは仕方ないとして。

そんな未来を考えたら楽しくなりました。まずは実物を見てみたい!どなたか行った方はまたコメント欲しいです。

関連記事はこち

https://4k8ktv.jp/2018/06/19/2018fifa-3/らも

https://4k8ktv.jp/2018/06/14/which-one-4ktv/

https://4k8ktv.jp/2018/06/04/nhk-giken2018-2/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください