キャノンから4K/60pの撮影が可能なビデオ登場 アマチュア向け「iVIS GX10」はどんなモデル?

キャノンから4K/60pの撮影が可能なビデオ登場 アマチュア向け「iVIS GX10」はどんなモデル?

お役に立ったらシェアお願いします!

キヤノンは、4K/60pの撮影が可能なビデオカメラ「XF405」「XF400」「iVIS GX10」を発表。「XF405・XF400」が業務用カメラで、「iVIS GX10」がハイアマチュアユーザー向けのビデオカメラと言ったたころ。11月上旬より順次発売予定で、24万8000円という。スペックを考えると安いけど、お財布的には高いと感じます・・・。この「iVIS GX10」はどんなカメラなのでしょうか?

キャノンから4K/60pの撮影が可能なビデオカメラ

この3台の4Kビデオカメラですが、業務用(「XF405」「XF400」)とハイアマチュア用(「iVIS GX10」)とHPに記載されています。

もちろんシャッタースピードに細かい設定があったり、細かく言えばスペック的に違いはあるけど、使っているセンサーも含めて、3機種は概ね同じに見えます。なんと外寸サイズも同じでした。

動画を探したら英語のものがありました。

業務用の「XF405」「XF400」

「iVIS GX10」はこちら

しかし、業務用のことを書いても仕方ないので、私自身も気になるハイアマチュア向けモデル「iVIS GX10」を見ていきます。

iVIS GX10

4K/60Pの映像を光学15倍ズームで撮影可能な小型・軽量モデルの4Kビデオカメラです。

「XF405」「XF400」と同等の高画質で、映像撮影を趣味とするハイアマチュアユーザー向けのビデオカメラ。

気になるビデオカメラ本体の大きさは?

気になるビデオカメラ本体の大きさは、約135mm(幅)x97mm(高さ)x214mm(奥行き)重さはレンズフードやメモリカードなどを含めて、約1,355gと軽い。これは嬉しいですね。

高感度撮影時のノイズ低減を実現

新開発の1.0型CMOSセンサーと2基のDIGIC DV 6を採用し、高感度撮影時のノイズ低減を実現。

2基の DIGIC DV 6を搭載することで、35mm換算で、広角25.5mmから望遠382.5mm相当の全ズーム域で、高画質な4K/60Pの映像を撮影できます。

オートフォーカスは? 「デュアルピクセルCMOS AF」

EOS MOVIEやCINEMA EOS SYSTEM で評価の高い像面位相差AF技術を、iVISシリーズとして初めて採用しています。

シビアなピント精度が求められる4K動画撮影をサポートしてくれます。AFエリアは画面内の縦横約80%をカバーし、AF枠をタッチするという、直感的な操作で指定可能。素早く高精度にピント合わせができます。

マニュアルリングを利用して、ピントを合わせる際にも、「デュアルピクセルCMOS AF」の距離情報を利用したフォーカスガイドを表示することが可能です。

合焦状態も、非合焦状態の前ピン/後ピンも、視覚的に確認できるのでピント合わせがスムーズです。

これ、大したことないと思うけど、ピントってマニュアルだと上手くいかないことも多いので、良いですよね。

リレー記録/同時記録も可能

ダブルストロットを装備。指定したカードがいっぱいになったら、自動でもう一方のカードに切り換えて撮影が継続できます。また、同じ映像を2枚のカードに同時記録すれば、撮影と同時にバックアップも可能。

また、4K 60P/フルHD 120P(スローモーション記録時)映像のSDカード記録ができます。

手ぶれは、5軸方向対応手ブレ補正で安心

光学式+電子式の手ブレ補正機構を搭載。上下左右補正に加え、光軸回転補正、縦回転補正、水平回転補正が可能です。

独立3濃度NDフィルター

3濃度(ND1/4、1/16、1/64)を選択可能な回転式のNDフィルターを内蔵。

日差しの強い屋外での撮影でも絞りを開き、背景のボケを活かした印象的な映像を記録できます。また、意図的に低速シャッターを活用し、独特のブレ感を演出したいときにも有効。

9枚羽根虹彩絞り

円形に近い絞り形状と奇数枚構成の虹彩絞りを搭載。美しく自然なボケ味を実現。

スペックは

iVIS GX10 
型式4KビデオカメラIVISGX10
撮像素子1.0型CMOSセンサー、総画素数:約1340万画素
有効画素数:約829万画素
レンズ光学15倍ズーム
焦点距離:8.3-124.5mm(35mmフィルム換算時:約25.5-382.5mm)
F2.8-4.5、9枚羽根虹彩絞り
レンズ構成14群18枚、非球面2枚使用
NDフィルター3濃度:ターレット切り替え、電動駆動
焦点調整デュアルピクセルCMOS AF、コントラストAF、マニュアル調整可
手ブレ補正機能学式+電子式補正
マクロ機能ワイド端(約1cm〜)、ズーム全域(約60cm)
フィルター径58mm
ホワイトバランス調整オート、太陽光、電球、色温度、セット1/セット2(白取り込み)
露出調整こだわりオート/プログラムAE/Tv/Av/マニュアル
シャッタースピード
(59.94P時)
1/30~1/500(Pモード、オートスローシャッターON時)
1/60~1/500(Pモード、オートスローシャッターOFF時)
1/2~1/2000(Tvモード時、Mモード時)
1/2~1/500(ローライトモード時)
露出補正ロック/タッチ露出/マニュアル調整可
最低被写体照度約0.1ルクス(ローライトモード時 シャッタースピード1/2秒)
ビューファインダー0.24型、約156万ドット相当(視野率100%)
液晶モニター.5型、約156万ドット、タッチパネル(静電容量方式)
内蔵スピーカー
マイクステレオエレクトレットコンデンサーマイク
記録メディアSD/SDHC/SDXCカード(2スロット)
映像・音声記録MP4準拠/映像:MPEG-4 AVC/H.264
音声:MPEG-4 AAC-LC(16bit 2CH)
録画機能
動画サイズ
MP4
150Mbps:3840×2160、59.94P/29.97P/23.98P
35Mbps/17Mbps:1920×1080、59.94P/29.97P/23.98P
8Mbps:1280×720、59.94P
4Mbps:1280×720、29.97P
静止画機能
JPEG圧縮
静止画サイズ
3480×2160、1920×1080、1280×720
端子
HDMI-OUT端子
HDMIミニコネクター(出力のみ)
端子
USB端子
mini-B Receptacle、Hi-Speed USB(出力のみ)
端子
MIC端子
Φ3.5mmステレオミニジャック、不平衡
端子
ヘッドホン端子
Φ3.5mmステレオミニジャック -29dBV(16Ω負荷、ボリューム最大)/100Ω
端子
REMOTE端子
Φ2.5mmステレオミニミニジャック(入力のみ)

気になるお値段は?

iVIS GX10は、キヤノンオンラインショップのみでの販売で、248,000円(税別)

業務用(「XF405」「XF400」)はオープン価格。

4Kビデオカメラ以外にも、フルHDビデオカメラ「XA15」「XA11」「iVIS HF G21」を9月22日より順次発売するという。

http://cweb.canon.jp/newsrelease/2017-09/pr-xf405.html

関連記事はこちらも

ソニーから動きに強くて、連写も凄いカメラ「RX10M4」発表
ソニーより、光学25倍のレンズ一体型デジタルカメラ「RX10 IV」が発表されました。「RX10 III」の上位機種になります。35...

当サイトの4Kビデオカメラの記事

運動会・発表会には4Kビデオカメラがお勧め!なぜお勧めなのか解説します!!
もう9月、運動会・発表会が控えているご家庭も多いのでは?子供の動きは激しく、追っかけるのもやっとですよね。でもわが子の成長をしっかり...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!