「LUMIX DC-GH5」9月下旬にファームウェア開始。HLG方式の4K/HDR撮影に対応する

「LUMIX DC-GH5」9月下旬にファームウェア開始。HLG方式の4K/HDR撮影に対応する

お役に立ったらシェアお願いします!

パナソニックから今年3月に発売され、一時は品薄になるほどの人気モデルだった「LUMIX DC-GH5」。9月下旬にファームウェアアップデートされることが分かりました。これで「DC-GH5」がHLG方式の4K/HDR撮影に対応することになります。

9月のファームウェアアップデートで、HLG対応

【速報】Panasonicのミラーレス一眼「DMC-GH5」4K/60p撮影可能!6K撮影も!
パナソニックは、米ネバダ州 ラスベガスにて開催の「CES 2017」にて、以前から開発中のミラーレス一眼カメラ「DMC-GH5」を正...

デジタル一眼レフカメラ「DC-GH5」が、9月下旬に提供されるファームウェアアップデートで、HLG(Hybrid Log Gamma)方式による4K/HDR映像の撮影が可能になります。

「LUMIX Tether」「4:2:2 10bit ALL-I記録」「4K HDR動画撮影」などに対応したファームウェアバージョン2.0のダウンロードサービスを2017年9月下旬より開始する予定です。

もともと「DC-GH5」は、4K60p動画記録/4:2:2 10bit 4K30p動画記録を実現したミラーレス一眼カメラとして、2017年3月に発売しました。

今のお値段はこんな感じ・・・発売当初と比べると2-3万円は安くなっています。

ファームウェアの内容は?

▼GH5 ファームウェアバージョン2.0 / LUMIX Tether
http://panasonic.jp/support/dsc/
※ 2017年9月下旬よりダウンロード開始予定

「4:2:2 10bit ALL-I記録」「4K HDR動画撮影」などへの対応、新たなPCソフト「LUMIX Tether」に対応していて、ファームウェアバージョンは2.0。

①PCソフト「LUMIX Tether」

PCソフト「LUMIX Tether」は、PCとカメラをUSB接続することで、PCからカメラをコントロールできるようになり、スタジオでの人物撮影や商品撮影などのワークフローをアシストします。

カメラ制御PCソフト「LUMIX Tether」によるUSBテザー撮影に対応しました。カメラとPCをUSB接続し、PCの大画面でライブビューを確認しながら撮影することができます。

シャッターレリーズのほか、絞り、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランス、フラッシュなどの各設定をPC上で行えるので、スタジオなど撮影現場でのワークフローをサポートします。写真撮影だけでなく、動画記録や6Kフォト/4Kフォト撮影にも対応。また、Mac/Windowsの両OSに対応(※)しています。

※:[対応OS] Windows7、Windows8.1、Windows10、MacOS X v10.10~v10.11、MacOS 10.12

②「4:2:2 10bit ALL-I記録」

「4:2:2 10bit ALL-I記録」は、1フレーム単位で圧縮するイントラフレーム方式で、最大約400Mbpsの高いビットレートにより高画質で4K動画を記録できます。

4K/FHD動画記録において「4:2:2 10bit ALL-I記録」モードを追加しました。1フレーム単位で圧縮するイントラフレーム方式なので、1フレーム単位でデコード/エンコードを行え、カット編集や映像切り出しなどのノンリニア編集に最適です。特に4K記録時には最大約400Mbpsの高ビットレート記録を実現し、映像制作現場のクオリティに応えます。

▼ALL-I動画記録モード表
http://panasonic.jp/dc/g_series/gh5/4k_recording.html#allintra

➂「4K HDR動画撮影」

「4K HDR動画撮影」は、暗部の階調を表現しながら、太陽光や空など明るい部分の階調も肉眼に近い状態で再現することができる技術であり、GH5はHDRに関する国際標準規格(ITU-R BT.2100)のひとつである「ハイブリッドログガンマ(Hybrid Log Gamma:HLG)」方式でのHDR動画撮影に、デジタルカメラとしていち早く対応。

HLG方式に対応したテレビとHDMI接続することで、より自然に近い階調での映像を視聴できます。

HDR(High Dynamic Range)動画記録とは、暗部の階調を表現しながら、明るい部分の階調も再現することができる技術であり、これまでのSDR(Standard Dynamic Range)動画では再現できなかった太陽や空、光線の反射などの被写体でも、黒潰れと白飛びを抑えた肉眼に近い階調の映像を記録することができます。

GH5はHDRに関する国際標準規格(ITU-R BT.2100)のひとつである「ハイブリッドログガンマ(Hybrid Log Gamma:HLG)」方式でのHDR動画撮影に、デジタルカメラとしていち早く対応しました。「ハイブリッドログガンマ」はフォトスタイルから選ぶことができ、LongGOP、ALL-I圧縮方式を含む、全ての4K/FHD 4:2:2 10bit動画記録モードに対応しています。

撮影した映像は、HLG方式に対応したテレビとHDMI接続することで、より自然に近い階調での映像を簡単に視聴できます。また、今後増えてくる4K HDR映像コンテンツの撮影現場でも、GH5を活用いただくことができます。

さらに、本ファームウェアでは、パナソニック製4K HDR(HLG)対応ビエラなどHEVC圧縮方式に対応したテレビでの動画再生を可能にする、低ビットレート(4:2:0 10bit, 72Mbps)の4K HLG動画記録モードを追加しました。SDカード(※)やUSBメモリ経由で、手軽に4K HDR映像を視聴いただけます。

・対応ビエラ:2017年モデル(EZ1000/EZ950/EX850/EX780/EX750/EX600シリーズ)
ネットワークダウンロードにより最新のファームウェアにバージョンアップして使ってください。

※:Class10、あるいはUHS-Iスピードクラス1(U1)の規格のSDカードを使ってください。

▼4K HDR対応フォーマット一覧
http://panasonic.jp/dc/g_series/gh5/4k_hdr.html#hlg_recording_list

④その他

撮影の基本機能である「オートフォーカス」や「6Kフォト/4Kフォト」、「ボディ内手ブレ補正」などの性能も強化。

「オートフォーカス」

・写真撮影中の、低コントラスト被写体へのオートフォーカス合焦性能を向上させました。
・動画記録中の、オートフォーカス追従性能を向上させました。
・「マルチAF」「カスタムマルチAF」において、AF枠を常時表示できるようにしました。
・「マルチAF」のAF枠移動を、画面端から反対側へループ移動できる機能を追加しました。
・「追尾AF」において、ライブビュー画面内のAFロック開始位置をあらかじめ配置できる機能を追加しました。
・「連写撮影」「6Kフォト/4Kフォト」において、シャッター半押し中、および撮影中にAF枠を移動できるようにしました。

「6Kフォト/4Kフォト」

・「6K連写/4K連写」機能において、撮影停止後から次の撮影が可能になる時間を、従来の半分以下に短縮しました。
・「6Kフォト」による「ループ記録」ができるようになりました(※)。

※:ビデオスピードクラス90のSDカードを使ってください。

「ボディ内手ブレ補正」

アングルを固定した撮影で強力に手ブレ補正がはたらく「手ブレロック」機能を追加しました。望遠時、手持ち撮影時の手ブレをさらに低減します。
・2.0倍、1.33倍のアナモフィックレンズを使用した撮影で最適な補正効果を発揮する、手ブレ補正モードを追加しました。

さいごに

ファームウェアで「4:2:2 10bit ALL-I記録」「4K HDR動画撮影」が予定され、ますます私も欲しいカメラですが、どうせ買うなら、5のつく日にYahoo!ショッピングで買おうと思っています。5の付く日はお得ですよ。

関連記事はこちら

【速報】Panasonicのミラーレス一眼「DMC-GH5」4K/60p撮影可能!6K撮影も!
パナソニックは、米ネバダ州 ラスベガスにて開催の「CES 2017」にて、以前から開発中のミラーレス一眼カメラ「DMC-GH5」を正...
ケンコー・トキナーから4K・8K対応のレンズフィルター発売。歪みが少ない画が撮れてお勧め!
ケンコー・トキナーは、極めて高い平面性により、4K・8Kの高解像度カメラに対応した新世代のレンズフィルター『ZX』(ゼクロス)を発表...
【海外情報】SONY 5軸手ブレ補正付APS-Cカメラ「α6500」発表。日本の発売は12月2日!
SONYは、APS-CカメラでE-マウントの「α6500(ILCE-6500)」を発表。2400万画素のカメラです。5軸手ブレ補正と、動...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!