スカパーが、4K HDR対応中継車を注文。2017年から、4K HDRで生中継できる?

お役に立ったらシェアお願いします!

4khdr-skyperfecttv-2

ソニービジネスソリューションは、スカパー・ブロードキャスティングから、4K HDR対応中継車の製作を受注しました。2017年1月の納車を予定していて、順次稼働とのこと。スカパー!は2016年10月からHDRの放送を始めますが、2017年以降は、4K HDR対応で生中継可能になりそうです。

出典:http://www.sonybsc.com/sbsc/press/2016/20160912.html

スカパー!は10月4日、世界初の4KHDR放送を開始!

スカパーは、4K専門チャンネル「スカパー!4K体験」にて、2016年10月4日より、世界初の4KHDR(High Dynamic Range)放送を開始すると発表しています。

  • オープニング番組として『CG プロデューサー ヤナイ君〜プロジェクションマッピング 篇〜(仮)』(イマジカ・ロボットグループと共同制作)
  • BSスカパー!オリジナルドラマ「螻蛄(疫病神シリーズ)」全5話

を4K HDRで放送する予定です。

「螻蛄(疫病神シリーズ)」についてはこちらも

スカパー!4K、『螻蛄 (けら)』を2/19より放送開始。撮影は4K/HDR対応にて実施
スカパー!4Kにあの『螻蛄 (けら)』が4Kオリジナルドラマとして帰ってきます。2016年2月19日(金)「螻蛄(疫病神シリーズ)」から放送...

参考:http://www.sptvjsat.com/load_pdf.php?pTb=t_news_&pRi=632&pJe=1

2017年1月以降は、4K HDRの生中継も?

2017年1月の納車を予定。

ソニーは4K HDRライブ制作システムにおいて、撮影から送出・配信までの一連のワークフローの中で魅力的な4K HDRによる映像表現ができ、かつ従来の4K SDRやHD制作も同時に行える制作ワークフロー<SR Live for HDR>を確立し、柔軟なライブ制作を可能とする最新のシステムソリューションを業界に先駆けて構築しています。

具体的には4K HDRに対応した『HDC-4300』などシステムカメラでS-Log3撮影し、4Kマスターモニター『BVM-X300』で画質を確認しながら画作りを行います。更に制作領域で決定した画質や色を損なうことなく配信時のEOTFへの変換をHDRプロダクションコンバーターユニット『HDRC-4000』によって実現します。

受注システムは?

導入予定概要

4khdr-skyperfecttv

出典:http://www.sonybsc.com/sbsc/press/2016/20160912.html

HDC-4300 マルチフォーマットポータブルカメラ (8式)
XVS-8000 マルチフォーマットスイッチャー (1式)
BVM-X300 30型4K有機ELマスターモニター (4式)
HDRC-4000 HDRプロダクションコンバーターユニット (9式)

メインカメラは、4K HDR撮影に対応したマルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-4300』を導入。今夏にリリースされた新バージョンにより、ライブでのHDR制作への対応を実現。

HDC-4300は、4K/60pの撮影が可能ですが、今後のファームアップなどで4K/120p撮影への対応も検討されている。実現すれば、4Kの2倍スローも表現できる見込みです。

4K有機ELマスターモニター(マスモニ)「BVM-X300」の解像度自体は4Kしかないため、8K映像の解像度表現は出来ていないのですが、自発光モニターであるため、コントラストよく、色域も素晴らしいです。

また、今年度発売予定のHDRプロダクションコンバーターユニット『HDRC-4000』も世界に先駆けて導入される予定です。

4khdr-skyperfecttv-2

出典:http://www.sonybsc.com/sbsc/press/2016/20160912.html

さいごに

2017年春からは、 チャンネル「スカパー!4K総合」/「スカパー!4K映画」でもHDR放送の開始を予定しています。

明暗表現できる範囲が広く、屋外でのスポーツ中継や、ホールでの音楽ライブ(暗い会場でのレーザー光線の演出等)に適しているHDRは、高輝度を含むシーンが白くつぶれず、自然に見えるのが特徴です。

これを機に今まで以上に、4K・HDRの生中継のコンテンツも増やしてほしいです。

関連記事はこちらも

【第45回番組技術展レポート~part1~】8K対応中継車(SHC-1)に乗ってきました!
2/7、NHKの渋谷放送センターにて開催された「第45回番組技術展」に行ってきました。今回は、なんと!8K対応中継車(SHC-1)が...
世界初8K(Super-Hi-Vision:SHV)対応中継車(SHC-1)と22.2ch対応音声中継車(SA-1)レビュー
昨年の9月に池上通信機株式会社(以下池上通信機)が、「世界初」の8K中継に必要な機材を一式搭載可能な8K対応中継車を製作しました。製...
NHK技研公開2016~part2~8K/HDRの方式はすべてHLG方式、国際標準化ももう間もなく!
今年の最新テレビは4K/HDR対応というのキーワードですが、NHK技研公開2016ではその先の8K/HDR対応が話題・展示の中心とな...
世界初の8K対応中継車を使ってNFL(National Football League)スーパーボウルが8Kで生中継されます、しかもライブビューイング参加も出来る!!
「NFL 第50回スーパーボウル」記念大会の8Kスーパーハイビジョンによるよるライブビューイングと録画上映を見に行こう!観覧には...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!