WOWOW開局25周年記念!4K・HDR制作 ドラマ「コールドケース ~真実の扉~」 10月放送!

WOWOW開局25周年記念!4K・HDR制作 ドラマ「コールドケース ~真実の扉~」 10月放送!

お役に立ったらシェアお願いします!

police-224426_640

WOWOWが、開局25周年を記念して、米人気ドラマ「コールドケース」の日本版を、全編4K・HDRで制作する。放送は今年10月で、WOWOWのオリジナルドラマ枠「連続ドラマW」で放送、日本版のタイトルは「コールドケース~真実の扉~」と決定した。

米人気ドラマ「コールドケース」とは?

『コールドケース』( Cold Case)は、2003年から2010年まで、全7シーズンもの間、アメリカCBSで放送された刑事ドラマ。

ペンシルべニア州のフィラデルフィアを舞台に、未解決の殺人事件(通称「コールドケース」)を女性刑事リリーが真相を解明していく。

未解決事件が起きた当時のヒット曲を、劇中で使用する演出が視聴者から高い支持を得て、本国アメリカでは、全シリーズの平均視聴者数が1000万人を超える大ヒット作。日本でもWOWOWをはじめ、一部放送局で放映しており、世界的にも人気の高い作品です。

日本版「コールドケース」は?

http://www.wowow.co.jp/dramaw/coldcase/

ワーナーブラザースからドラマのフォーマット権を、WOWOWが獲得し日本版ドラマが実現に至った。オリジナル版では米フィラデルフィアが舞台ですが、日本版では神奈川が舞台。全10話の予定。

全編4K・HDRで制作

監督は、映画化もされたドラマ「SP」の波多野貴文氏が務め、全編4K・HDR(ハイダイナミックレンジ)で制作し、撮影監督は、7月公開の『シン・ゴジラ』を手掛けた山田康介氏を起用した。

カメラはRED Digital Cinema社最新の機種「WEAPON」を使用。

このカメラをテレビドラマで使用するのは日本初であり、ハイクオリティーな作品を完成させると意気込んでらっしゃいます。また、回想シーンは「スーパー16mmフィルム」で撮り下ろし、これをデジタル処理し4K・HDR制作を行なう。こちらも日本初。

最新4K・HDRの技術とフィルムの併用で、過去と現在をつなぐ世界観を表現するそう。WOWOWがオリジナルドラマを4K・HDRで制作するのは、2015年10月から放送された「連続ドラマW 海に降る」に次いで2作目となる。

「WEAPON」は使用してないけど・・・この映画も同じような手法で作られています。

「シェルコレクター」の水中撮影は4Kカメラ。独特の世界観な映画をみておきたい
2016年2月27日から全国公開の「シェルコレクター」は美大出身ぞろいのセンスが光る作品。沖縄・渡嘉敷島の水中撮影は4Kカメラで撮影...

また「海に降る」はこちらも

WOWOW初、4K・HDR対応で撮影。「海に降る」を早く4Kでも観てみたい!
10月10日より放送が始まった全6話構成の有村架純が主演するオリジナルドラマ「海に降る」は全編4Kで撮影され、しかも話題のHDRにも...

監督のコメント

「コールドケース」のいちばんの魅力は、誰も捜査のスペシャリストではなく、特殊能力があるわけでもなく、人間味あふれる刑事たちが、事件発生当時とは異なる状況にある証人たちと真摯に向き合うことで、当時は解明不可能と思われた未解決事件の手掛かりを見つけ出し、真相にたどり着くところだと思っています。今回、日本版を演出するに当たり、それぞれの時代の登場人物のリアルな感情をライブ感のある演出で切り取っていこうと思っています。戦後、震災、バブル…日本の激動の時代を生きた人々の感情を大切にし、その時代だからこそ起きた悲しき事件を、現代の時間軸を生きる主人公たちを通して描いていきます。そしてそこには、日本の美しさの象徴でもある、四季の風を感じられる、そんなドラマにしていきたいと思っています。私は幸せなことに、最高のキャストで捜査一課チームを組むことができました。出演者たちを通し、時代時代の哀愁や余韻を視聴者の皆様に感じていただけたらと思っています。とコメントしている。

また、7月にWOWOWプライムでは、米オリジナル版「コールドケース 迷宮事件簿」も放送予定。WOWOWでは2005年に放送が始まった。

こちらも見逃せません!!

http://www.wowow.co.jp/drama/cold/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!