FUNAI 4K有機ELテレビなど7機種、ヤマダ電機限定で7月20日発売

7月20日、FUNAIブランドで知られる船井電機から、2019年モデルが発売されます。4K有機ELテレビ2機種、4K液晶テレビ3機種、4K対応テレビ2機種の全7機種をヤマダ電機グループ全店舗にて発売します。

FUNAIの2019年4Kモデルは3シリーズ

4K有機ELテレビ
FE-65U7020(4Kチューナー×2、1TB HDD内蔵)
FE-55U7020(4Kチューナー×2、1TB HDD内蔵)

4K液晶テレビ
FL-55U4120(4Kチューナー×2、 1TB HDD内蔵)
FL-49U4020(4Kチューナー×2、 1TB HDD内蔵)
FL-43U4020(4Kチューナー×2、 1TB HDD内蔵)

4K対応テレビ
FL-55U3020 (4Kチューナー非搭載)
FL-43U3020 (4Kチューナー非搭載)

FUNAIの2019年4K有機ELモデルはどんなモデル?

4K有機ELテレビ「7020シリーズ」の予想価格65型「FE-65U7020」379,800円55型「FE-55U7020」249,800円 

昨年7月に発売した「7010シリーズ」の後継機種になります。

新4K衛星放送チューナーを2基搭載

FUNAI 4K 有機ELテレビ 7020シリーズは、4Kチューナーを2基搭載し、4K放送を観ながら別の4K放送が録画できるテレビ。1TBのHDD内蔵のテレビになります。

有機ELの特性を活かした高画質処理

高画質エンジン “クリアピクスエンジン4K HDR OLED Z”を搭載。
画像パターンを解析・学習したデータベースを構築した高画質エンジンで、なめらかな階調表現が可能です。

HDR信号は、HDR10のほか、Dolby VisionとHLG(ハイブリッドログガンマ)に対応しています。

正面にフルレンジスピーカーとウーファー

正面向きに配置したフルレンジスピーカーと、大容量のウーファーを搭載。総合最大出力50Wのマルチアンプ駆動で、2.2ch の立体的な迫力サウンド。

映像だけを際立たせるデザイン

正面から見えない位置にスタンドを配置し、本体をわずかに浮かせることで「映像だけがそこにある」ようなデザインを追求しています。

多彩な録画・再生機能搭載

1TBのHDD内蔵4K放送裏番組録画機能搭載。(BS4K放送なら最大約65時間(地上デジタル放送の場合最大約128時間録画可能。)

スカパー!プレミアムサービスLink対応

スカパー!プレミアムサービスチューナーと接続すれば、スカパー!プレミアムサービスの番組を内蔵HDDに保存できます。

スペックは?

形名FE-65U7020FE-55U7020
画面サイズ65V型55V型
画素数水平3,840×垂直2,160
画質エンジンクリアピクスエンジン4K HDR OLED Z
チューナーBS 4K/110度CS 4K×2
地上デジタル(CATVパススルー対応)×3
BS/110度CSデジタル×3
HDR対応HDR10/HLG/Dolby Vision
倍速駆動
スピーカーフルレンジ ×2
ウーファー ×2
パッシブラジエーター ×4
音声実用最大出力
(JEITA)
15W + 15W + 10W + 10W
接続端子
入力
HDMI入力端子(HDCP2.2/ARC対応)x3
ビデオ入力端子x1
接続端子
出力
ヘッドフォン端子(アナログ音声出力兼用)x1
光デジタル音声出力端子x1
接続端子
その他
USB端子(HDD録画用/USBメモリー用)x2
LAN端子x1
FE-65U7020
by カエレバ

FUNAIの2019年 4K液晶テレビはどんなモデル?

4K液晶テレビ 「4120/4020シリーズ」の予想価格55型 4K液晶テレビ 「FL-55U3020」 159,800円 49型 4K液晶テレビ 「FL-43U3020」 109,800円 43型 4K液晶テレビ 「FL-50U3010」  99,800円

4120と4020シリーズの主な違いは?

パネル駆動速度とスピーカー音声最大出力が違います。

  • パネル駆動 は、「FL-55U4120」のみ倍速120Hz。 4020 シリーズは60Hz駆動。
  • スピーカー音声最大出力は、4120シリーズは15W×2、4020シリーズは、10W×2

その他は概ね共通です。

新4K衛星放送チューナーを2基搭載

4K チューナーを2基搭載し、4K放送を観ながら別の4K放送が録画できるテレビ。また1TBのHDD内蔵のテレビになります。

映像エンジン「クリアピクスエンジン4K HDR PLUS」搭載

映像エンジン「クリアピクスエンジン4K HDR」を搭載。HDR信号は、HDR10のほか、Dolby VisionとHLG(ハイブリッドログガンマ)に対応しています。

地上デジタル放送やブルーレイも4K高画質にアップコンバートする「4K クリアピクスリマスター」も搭載。

形名FL-55U4120FL-49U4020FL-43U4020
画面サイズ55V型49V型43V型
画素数水平3,840×垂直2,160
画質エンジンクリアピクスエンジン4K HDR PLUS
チューナーBS 4K/110度CS 4K×2
地上デジタル(CATVパススルー対応)×3
BS/110度CSデジタル×3
HDR対応HDR10/HLG/Dolby Vision
倍速駆動
スピーカーフルレンジ ×2フルレンジ ×2
音声実用最大出力
(JEITA)
15W + 15W10W + 10W
接続端子
入力
HDMI入力端子(HDCP2.2/ARC対応)x3
ビデオ入力端子x1
接続端子
出力
ヘッドフォン端子(アナログ音声出力兼用)x1
光デジタル音声出力端子x1
接続端子
その他
USB端子(HDD録画用/USBメモリー用)x2
LAN端子x1
FL-55U4120
by カエレバ
FL-49U4020
by カエレバ

FUNAIの2019年 4K対応液晶テレビはどんなモデル?

4K対応液晶テレビ 「3020シリーズ」の予想価格55型 4K対応液晶テレビ「FL-55U3020」  79,800円 43型 4K対応液晶テレビ「FL-43U3020」  44,800円

新4K衛星放送チューナーは非搭載

地上デジタルx2、BSデジタル・110度CSデジタルx 2になります。

4Kチューナーを接続すれば、4K放送を楽しめます。 新4K/8K衛星放送の視聴には市販の対応チューナーが必要です。 

こちらのモデルは、内蔵HDDはありません。外付けのUSB HDDへ裏番組録画可能。

HDRは、HDR10とHLG のみ

4K液晶パネル(3,840×2,160ドット)を採用。HDRは、HDR10とHLGに対応。

残念ながらネット動画配信サービスはなし

動画だけでなく、無線LANは非搭載です。

FL-55U3020
by カエレバ

さいごに

ヤマダ電機の店頭か、WEBショップでしか買えませんが、安いし結構人気ありますから、狙っている方は予約も急ぎましょう。

関連記事はこちらも

パナソニック 有機EL 4Kテレビ 7月に発売 注目は自社製パネルの「GZ2000」シリーズ

6月4日、パナソニックは4Kダブルチューナー搭載の有機ELテレビを3シリーズ「 GZ2000/GZ1800/GZ1000」を発表…

ORION 4K対応液晶テレビ2機種を7月から発売 国内設計ボードを搭載

ドウシシャは、ORIONブランドの4K対応液晶テレビ「RDシリーズ」を7月より発売します。価格はオープンプライスで、55型「OL55RD100」50型「OL50RD100」…

最新情報をチェックしよう!