本日夜中12月21日(水)午前1時40分からの「おやすみ王子」が面白そう

本日夜中12月21日(水)午前1時40分からの「おやすみ王子」が面白そう

お役に立ったらシェアお願いします!

dog-1674553_640

本日夜中からNHKで「おやすみ王子」という番組が4夜連続で放送します。眠る前のひととき、一日頑張った女性たちが心安らかに眠れますように…そんな祈りを込めて「おやすみ王子」こと 吉沢亮さんが読み聞かせをしてくれます。本日の放送は12月21日(水)午前1時40分(火曜深夜) です。VR動画も同時に見られるようです。

「おやすみ王子」

4夜連続で、俳優の吉沢亮さんが大人のための読み聞かせというコンセプトで本を読んでくれます。物語は「眠りに誘う」というテーマで、現代を代表する女性作家たちが書き下ろした作品になります。作家さんは直木賞や芥川賞を受賞した作家さんばかり。

時間も遅めですが、一日頑張った女性たちが心安らかに眠れますように…という粋な内容の番組です。今日から放送なのでどんなことになるのかはまだ分かりませんが、VR動画の方も同時に見られるようで楽しみですね。

VRの動画の方は、NHKで予告CMを見て分かったのですが、Samsung(サムスン電子)のGear 360を使用して撮影していました。4Kのカメラになりますが、VRのコンテンツの方は4Kではないようです。(NHKのHPにも練習用としてVR動画がアップされており確認できます。)

4Kではないのが残念でしたが、NHKがこういう番組を作ったことが面白いですよね。これからこれを派生にいろいろな番組が出てきそうな予感です。

Samsung(サムスン電子)のGear 360については

4K/VRのGear 360を試してみました!
Samsung(サムスン電子)のGear 360が、7/15日に日本でも発売開始となりました。海外ではすでに発売されていたため、...

book-419589_640

一日の終わりに優しい気持ちになれたら、その日一日が幸せだったと思えませんか?これは、仕事・家事・育児…日々奮闘する20~40代の女性たちに向けた、“読み聞かせ”の番組。

毎夜手に取る1冊は、「眠りに誘う」というテーマで、山田詠美、森絵都、村田沙耶香、宮下奈都ら人気女性作家たちが番組のために書き下ろした物語です。
実力派4人が、赤ワインやホットミルクなど、寝る前に飲む様々なドリンクのように、味わいの異なる4つの作品を書きおろしてくれたそうです。

放送時間は毎日違うので注意!

12月21日(水)午前1時40分(火曜深夜)
12月22日(木)午前1時50分(水曜深夜)
12月23日(金)午前1時45分(木曜深夜)
12月24日(土)午前1時25分(金曜深夜)

一夜目 山田詠美さんの『ヴァン・ショーの夜』

深い悲しみを抱えた女の子を温かく包み込む、愛の物語。

山田詠美(やまだ・えいみ)

1959年、東京都生まれ。85年に「ベッドタイムアイズ」でデビュー。87年に『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で第97回直木三十五賞。2005年に『風味絶佳』で第41回谷崎潤一郎賞受賞。著書に『放課後の音符』『ぼくは勉強ができない』『学問』『賢者の愛』など多数。最新作は、『珠玉の短編』。

12月21日(水)午前1時40分(火曜深夜)

二夜目 森絵都さんの『青々』

幅広いファン層をもつ森絵都さんの『青々』。ささいなことで青色が嫌いになってしまった女の子…困ったお母さんがかけたある一言で変化が!明日への希望に満ちた物語。

森絵都(もり・えと)

1968年、東京都生まれ。早稲田大学卒業。90年『リズム』でデビュー。『風に舞い上がるビニールシート』で第135回直木賞を受賞。小説に『つきのふね』『カラフル』『漁師の愛人』など多数。ノンフィクションに『君と一緒に生きよう』『おいで、一緒に行こう』がある。最新作は、『みかづき』。

12月22日(木)午前1時50分(水曜深夜)

三夜目 村田沙耶香さんの『大きな星の時間』

三夜目は、『コンビニ人間』が話題の芥川賞作家・村田沙耶香さんの『大きな星の時間』。“眠りのない世界”で暮らすことになった女の子が主人公の、オトナ女子に贈るファンタジー。

村田沙耶香(むらた・さやか)

1979年千葉県生まれ。玉川大学文学部卒業。2003年「授乳」が第46回群像新人文学賞優秀作となりデビュー。09年『ギンイロノウタ』で第31回野間文芸新人賞受賞。
13年『しろいろの街の、その街の、その骨の体温の』で第26回三島由紀夫賞受賞。
16年『コンビニ人間』で第155回芥川賞受賞。他に『タダイマトビラ』『殺人出産』『消滅世界』など。

12月23日(金)午前1時45分(木曜深夜)

四夜目 宮下奈都さんの『椿』

四夜目は、『羊と鋼の森』で2016年本屋大賞を受賞した宮下奈都さんの作品『椿』。クリスマス前に失恋してしまった女性の再出発を描いた、心温まる物語。

宮下奈都(みやした・なつ)

1967年、福井県生まれ。上智大学文学部哲学科卒。2004年に文學界新人賞佳作に入選。07年に発表された長編『スコーレNo.4』が絶賛される。15年に刊行された『羊と鋼の森』が本屋大賞などの三冠を受賞。その他の著書に『よろこびの歌』『太陽のパスタ、豆のスープ』『田舎の紳士服店のモデルの妻』『誰かが足りない』『たった、それだけ』など。最新作は、『静かな雨』。

12月24日(土)午前1時25分(金曜深夜)

朗読は俳優の 吉沢亮

吉沢亮(俳優)

1994年2月1日生まれ、東京都出身。
テレビ、映画、舞台などで幅広く活躍中。

【コメント】
小説家の方々の素敵な、しかも書き下ろし作品を読ませていただくのは光栄でした。
どの作品も、最後にはホッとするお話になっています。
忙しい毎日を送っている女性に、この瞬間だけでも、安心してもらえる時間になればいいなと思って朗読しました

おやすみ王子のHPは http://www4.nhk.or.jp/P4208/1/

関連記事はこちらも

12月15日から、東京スカイツリーでドコモ「LIVE for YOU」イベント開催
12月15日から25日まで、東京スカイツリータウン・ ソラマチひろばにて、ドコモ「LIVE for YOU」イベントが開催されます。...
SXSW2016にて8K・VR作品「Aoi −碧− サカナクション」を再上映
NHKエンタープライズは、米テキサス州オースティンで開催のクリエイティブビジネスの見本市「SXSW2016(サウス・バイ・サウスウエスト2...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!