SONYが米国でサイバーショットDSC-RX10Ⅲを発表。本日3/31からプレオーダー開始か?

SONYが米国でサイバーショットDSC-RX10Ⅲを発表。本日3/31からプレオーダー開始か?

お役に立ったらシェアお願いします!

photographer-424622_640

SONYは、米国でサイバーショットDSC-RX10Ⅲを発表しました。アメリカでは2016年3月31日よりプレオーダー開始とも書いてある。RX10Ⅱを発表してまだ1年も経っていないのに?早い!!このカメラはどんなカメラなのでしょうか?

どんなカメラ?

rx-10

出典:http://presscentre.sony.eu/pressreleases/see-beyond-the-bridge-and-further-still-1355972

RX10Ⅱが発売されてまだ1年も経ってない

RX10Ⅱを発表してまだ1年も経っていないのに目を疑いました。が、3月31日から北米の正規代理店でプレオーダーを始めるとあります。一部では、5月発売とも書かれていますね。

しかし、日本での発表はやっぱりまだです。発売も未定。

静止画は?

カメラは、1型CMOSセンサー搭載で、静止画だけでなく、4K/UHDビデオ撮影可能。25倍ズームで、焦点距離は24-600mm(35mm版換算)。

RX10Ⅱは8.3倍ズームでしたが、このRX10Ⅲは25倍ズーム。飛行機や電車のような望遠が必要なものも良し、また子供の運動会にも良いでしょうね。

またRX10Ⅱは、24-200mmのF2.8のレンズだったけど、RX10Ⅲは、24-600mmでF2.8-4になりました。600mmでもF値は4。と、なかなか・・・・

またシャッター速度は、メカシャッターで1/2,000秒、電子シャッターで1/32,000秒で撮影可能です。

動画は?

動画に関しては、高ビットレートでの品質を、全画素読み出し「ノーピクセルビニング」とも
記載あり。また標準速度より遅い最大40倍速でのスーパースローモーションビデオを記録する機能をもち、1080pで960fpsのスローモーション撮影が可能。

SONYのプレスサイトにも、新たに開発されたレンズは、カメラをキャプチャすることができ、撮影状況の種類に大きな柔軟性を可能にする、24〜600ミリメートルの間で高品質な4K動画を撮影が可能。

また、LSIが大きく、「ローリングシャッター現象を減少させる」とあります。ゆがみは抑えられているとあります。どの程度かは気になるところです。

使い勝手は?

情報によると、レンズ鏡筒上の新しいフォーカスホールドボタンが、使い勝手の良い場所に配置され、簡単に被写体をロックすることができ、手動制御でビデオを撮影したい方には、良いカメラと書かれています。そういう意味では、ビデオをマニュアル撮影したい方にもいいでしょうね。

とにかく、一眼レフの雰囲気を持つ、かなり凄いコンデジが登場したという印象です。

しかし、日本での販売は未定。新製品は海外からの発表が先、というのが通例のSONYですが、こちらもまだ発表もありません。

北米での販売価格は、1500ドルほど。日本で発売するならいくらで発売するのでしょうね?早く発表して欲しいところです。

詳細が分かり次第、追記または、続報を書く予定です。

出典:http://presscentre.sony.eu/pressreleases/see-beyond-the-bridge-and-further-still-1355972

http://blog.sony.com/press/sonys-new-cyber-shot-rx10-iii-camera-brings-extended-zoom-capability-to-acclaimed-rx-line/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!