「ひかりTVどこでも」が4Kに対応、世界初モバイル向けHDR対応コンテンツ配信開始

「ひかりTV 4K」がスマホでも視聴出来る!

NTTぷららは11月20日より「ひかりTV」を外出先でも視聴出来るスマートフォン向けアプリ「ひかりTVどこでも」に4K配信が対応になりました。先日、とある店頭にて試してきました。

しかも来年の1月からHDRコンテンツ配信にも対応するとのこと。スマートフォン向けHDR対応は世界初だそうです。

対応機種は「Xperia Z5 Premium(SO-03H)」のみ

Z5-Premium

4K配信に対応しているスマホは「Xperia Z5 Premium」のみとなっています。だって4Kディスプレイを搭載した機種がこのスマホしかないので当然といえば当然ですが、今後の対応機種追加に期待です。

現時点ではiOS版での対応予定はないとのこと。iPad Proで見れたらいいなぁと思ったのですが、こちらは当分対応はなさそうです。Xperia Z5 Premiumはいいスマホなんですが、常に4Kを見続けるにはやはりディスプレイが小さいな感じます。

配信ビットレートはテレビ向けの約半分:15Mbps

配信スペックの紹介です、内容としては一般的な数値となっていますが、特徴的なのは配信ビットレートが15Mbps固定になっているようです。また、この4Kコンテンツ視聴はLTE環境下でも視聴出来るようです。

  • 解像度:3840×2160
  • 映像圧縮方式:H.265/HEVC
  • Main Profile :SDR(HDR非対応)8bit,HDR対応10bit
  • HDR方式  :ドルビービジョン方式
  • 音声圧縮方式:AAC
  • 配信レート :15Mbps
  • フレーム数 :最大30fps

最近はすっかり「パケ死」なんて言葉を聞かなくなりましたが、久々にそんなワードが頭の中をよぎってしまいました。視聴に関してはWi-Fi環境下で見ることをお勧めします。

また、スマートフォン向け配信へは世界初のHDR対応となっています。特徴的なのはHDR方式に「ドルビービジョン方式」を採用していること。すでに始まっているテレビ向けには「HDR10」という別の方式を採用しています。

また、HDR方式には上記以外にも「フィリップス方式」と呼ばれる方式があります。先月発売となった「Ultra HD Blu-ray」ではこの3方式の中で「HDR10」については対応必須、その他2方式については対応はオプションとなっています。

配信コンテンツは40作品以上

現在のところ、「ひかりTVどこでも」を使って視聴出来るコンテンツは40作品以上用意されています。このあたりはすでに多くの4K対応コンテンツがそろっている「ひかり TV 4K」ならではの強みですね。

注意が必要なのは11月30日より始まった4K映像による放送サービス(通称:4K-IP放送)には対応していません。従来のテレビサービス(地デジやBSデジタル等)にはすでに対応出来ていますが、4Kについては未定なようです。

HDR対応コンテンツ配信は2016年1月から

世界初とうたっているHDR対応コンテンツ配信ですが、開始は年明けの2016年1月からのようです。配信開始した際に改めてレビューしたいと思います。

ひかりTV 4K関連記事

https://4k8ktv.jp/2015/12/13/about-hikaritv-4k/

https://4k8ktv.jp/2015/12/19/4k-modelpress/

https://4k8ktv.jp/2015/12/21/4k-lonely-gourmet/

https://4k8ktv.jp/2015/12/21/4k-girls/

https://4k8ktv.jp/2015/12/28/hikari-tv-4k-rec/

https://4k8ktv.jp/2016/01/10/4k-hikaritv/

https://4k8ktv.jp/2015/12/30/4k-kaidan/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください