【海外情報】北米で「Disney +」開始 4K、Dolby Vision、Dolby Atmos対応 初日で1000万人加入

海外情報ですが、11月12日 米国ウォルト・ディズニーの動画配信サービス「Disney +」がサービスを開始し、ディズニーの公式サイトによると既に1000万人が加入したと言う。視聴できるのは、ディズニー作品、ピクサー作品、マーベル作品、その他オリジナル作品だという。日本での「Disney +」サービス開始は未定ですが、米国ではAmazonのFire TVでも視聴可能になったと報じており、日本でもAmazonで視聴できるようになるのでは?と勝手に思っています。

「Disney +」サービス開始 たった1日で1000万人が加入?

11月12日、米国ウォルト・ディズニーの動画配信サービス「Disney +」がサービスを開始。そして翌日の11月13日付けのディズニーの公式サイトには、既に1000万人が加入と書かれているので、凄まじい人気なのは分かりますね。

実際に「Disney +」はサービス開始当日に、アクセスが殺到しシステム障害が起きたそうです。1000万人という数字はウソではなさそうです。それどころか、やはりディズニーは凄いと見せつけた形です。

ちなみに、全世界で人気のNetflixは、米国で6000万人の会員がいるそうです。でもNetflixはもう何年もサービスやってますしね・・・

そして、「Disney+」がまず利用可能になった米国とカナダ、オランダのユーザーは、サービス開始初日に130万時間をコンテンツ視聴したそうで、この視聴時間だけを比較しても、アマゾンプライムやRokuを上回ったという。

視聴可能なのは?

サービスの始まった北米では、ディズニー作品、ピクサー作品、マーベル作品、ナショナルジオグラフィック、その他オリジナルコンテンツなどDisneyブランドに所属するドラマやアニメも該当しそうです。一部サイトには、20世紀フォックス作品も見られると書かれているので、ドラマ、映画ともコンテンツとしては、何千もの映画やテレビ番組が広告なしで視聴可能です。

この「Disney +」ですが、11月12日サービス開始したのは、米国、カナダ、オランダです。

「Disney +」は4K、Dolby Vision、そしてDolby Atmos対応

インターネット環境が必要な定額の動画配信サービスになります。4K画質。Dolby Vision、そしてDolby Atmosが利用可能。

  • 最大10台のデバイスで無制限にダウンロード可能
  • 最大4つの異なるデバイスでの同時ストリーミングも可能
  • 4K UHDおよびHDR
  • Dolby Vision
  • Dolby Atmos
サービス料金
月払い:Disney + Monthly Subscription$ 6.99
年払い:Disney +年間サブスクリプション$ 69.99

無料トライアルは7日間

米国では、バンドルパッケージもあり、月額12.99ドルで、Disney Plus、Hulu、および ESPN +を使えるサービスも存在。

関連記事

本日、2019年6月19日(水)、ウォルト・ディズニー・ジャパンから、ディズニー・ピクサーの代表作『トイ・ストーリー』シリーズ3作品と、不朽の名作『リトル・マーメイド』『ライオン・キング』の計5作品が、4K Ultra HD Bluray[…]

作品は?

すべての『スターウォーズ』映画の全作品は、ドルビービジョンとドルビーアトモス対応で、4Kでリマスターされているようです。今のところ、「Disney +」はリマスターにアクセスできる唯一の場所です。

『スター・ウォーズ』のスピンオフ作品で「Disney +」オリジナルドラマ作品『ザ・マンダロリアン(The mandalorian)』

『High School Musical(ハイスクール・ミュージカル」シリーズ)』

『Captain Marvel(キャプテン・マーベル)』

『Avengers: Endgame(アベンジャーズ/エンドゲーム)』

『Aladdin(アラジン)』

『Toy Story 4(トイストーリー4)』

『The Lion King(ライオンキング)』

『Maleficent: Mistress of Evil(マレフィセント2)』

『Frozen 2(アナと雪の女王2)』

『Star Wars: The Rise of Skywalker(スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け)』

『The Falcon and The Winter Soldier(ファルコン&ウィンターソルジャー)』

『WandaVision(ワンダ・ヴィジョン)』

『Loki(ロキ)』

『MS.MARVEL(ミス・マーベル)』

『MOON ムーンナイト(KNIGHT)』

『SHE-HULK(シー・ハルク)』など

関連記事

今年大いに盛り上がったDisney・ Pixarの映画のカーズ3こと「カーズクロスロード」ですが、11月22日にDisney/Pixar映画初のUltra HD Blu-ray(4Kブルーレイ)になって登場します!今年中にDisn[…]

Apple製品で使うのが賢明

「Disney +」の応OSは、iOS、 iPad OS、tvOS・Android OSで、Apple製品、Android製品どちらも対応可能で、パソコンで視聴したい方は、Webから見ることが可能です。

あとは、ストリーミング端末のRokuも対応していて、Xbox OneやPlayStation 4ユーザーはアプリをダウンロードすれば視聴可能のようです。

ただ、口コミをみると、Androidでは動かないと書かれていたり、その後、Androidの最新の更新プログラムで問題なく動いたと書かれてもいました。AmazonのFireTVでは視聴可能なようです。ただ、現時点でクロームキャストはダメみたいですね。・・・

まあ、Android端末でも、更新プログラムに対応すれば「Disney +」が楽しめそう。

結局のところApple製品で使う方が無難。スマホで見たいなら、iPhoneの方が賢明だ!と言うことが今言えることですね。

DELUXEとの違いは?

一番困るのはこれでしょう。現在、NTTドコモがやっているサービス『Disney DELUXE』がどうなるか?

ちなみに『Disney DELUXE』は、月額使用料:700円 初回31日間無料です。

ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルの4ブランドの動画配信を行うディズニー公式サービスになります。

「Disney +」が『Disney DELUXE』と一緒になるのか、それとも別々のサービスとして開始するのか・・・日本の市場は独特ですし、注目ですね。

『Disney DELUXE』公式サイト:https://www.disney.co.jp/deluxe.html?ex_cmp=ddcm_corp_service

日本でのサービスはいつ開始?

この「Disney +」、11月12日サービス開始したのは、米国、カナダ、オランダ。

また来週からは、オーストラリアとニュージーランドで始まり、2020年3月から西ヨーロッパに拡大し、2020年後半から東ヨーロッパとラテンアメリカに拡大と言われています。アジアはこのスケジュールで考えると、2020年3月の西ヨーロッパと同時に始まるくらいでしょうか・・・

やはり、ここでもNTTドコモの『Disney DELUXE』サービスがありますし、これがひっかかって時期が遅れていることもあり得そうです。

サービス自体は、4Kだし、ドルビービジョンとドルビーアトモス対応なので皆が期待するサービスなのは間違いないですし・・・。

日本でも、そう遠くない未来に「Disney +」のサービスが楽しめるのではないでしょうか。

さいごに

「Disney +」日本でも早く「Disney +」のサービスが楽しめると良いですね。実際、ディズニーのコンテンツで4K、ドルビービジョンとドルビーアトモス対応で700円前後であれば嬉しい。皆が待ち望んでいますよね。

関連記事はこちらも

関連記事

明日、12月15日公開の映画、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。ここ最近、Twitterや公式サイトでも盛り上がりを見せています。とても気の早いお話ですが、海外ではこの『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は4K Ultra HD ブル[…]

2019年12月発売の4K Ultra HD ブルーレイのソフトは何がある?注目は、ディズニー作品「ライオン・キング」が 4Kになって登場!またつい最近まで劇場公開していた「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」がもう4K Discになりこちらも注目で […]

新作映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』の公開日、12月27日(金)向けて、盛り上がりをみせている寅さんの『男はつらいよ』シリーズ。1969年8月27日に第1作が劇場公開され、第1作の公開から50周年、さらには新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』は5 […]

  10月18日、NTTドコモは「dTVチャンネル」と、4K/HDRコンテンツの視聴にも対応のVODサービス「ひかりTV for docomo」を発表しました。また新しいSTB「ドコモテレビターミナル」も発売予定。一部、4K・HDR・Dol […]

 

 

最新情報をチェックしよう!