「九州通信ネットワーク(QTNet)」が「BBIQ(ビビック)光テレビ」にて4K配信のフィールドテストをスタート!

「九州通信ネットワーク(QTNet)」が「BBIQ(ビビック)光テレビ」にて4K配信のフィールドテストをスタート!

お役に立ったらシェアお願いします!

九州電力(九電)グループで沖縄県を除く九州地域でインターネットサービスを展開している「九州通信ネットワーク(QTNet)」が同社の「BBIQ(ビビック)光テレビ」で4K放送を配信するフィールドテストを開始しました。

「九州通信ネットワーク(QTNet)」とは

九州通信ネットワーク(QTNet)とは九州全域(沖縄を除く)でインターネットサービスを提供しています。提供しているサービス「BBIQ(ビビック)」は、九州地域ではNTT西日本に続き2位のシェアをもっています。

九州電力グループの光ファイバ通信は日本で最初に実用化したと言われており、その歴史は非常に長く、始まりは今から43年前の1972年(昭和47年)となっています。

「BBIQ(ビビック)光テレビ」とは

BBIQ(ビビック)光テレビとは、福岡県・熊本県・鹿児島市内で九州通信ネットワーク(QTNet)の光ファイバを用いた映像配信サービスです。基本チャンネルがすべてハイビジョン画質対応となっています。BBIQ光テレビのプランは以下の通りです。

視聴可能な
チャンネル
地デジ・BSプラン地デジ;BSプラン
WOWOWパック
地デジ・BSプラン
スターチャンネルパック
地デジ・BS・CS
(ベーシックプラン)
地デジ・BS・CS
(プレミアプラン)
地上デジタル7ch7ch7ch7ch7ch
BSデジタル12ch12ch12ch12ch12ch
WOWOW-3ch-オプションオプション
スターチャンネル--3chオプションオプション
CSチャンネル---47ch58ch
月額利用金500円~2,500円~2,200円~2,400円~3,000円~

光ファイバ網を使ったインターネットでの映像配信サービスと聞くとIPじゃないかと思われる方が多いと思いますが、BBIQ光テレビは「ひかりTV 4K」や「ケーブル4K」と同じくRF (Radio Frequency) 方式にて配信されています。

【2015/12/24更新】日本初のHDR対応コンテンツ配信を開始した「ひかりTV 4K」とは
「ひかりTV 4K」とは何かをぷらら歴15年の私が熱く語りたいと思います。私がぷららを使い始めた頃は「株式会社NTTぷらら」という社名ではな...
4K放送普及の本命!?ケーブル4Kとは
今月1日よりケーブルテレビ(CATV)共通の4K専門チャンネル「ケーブル4K」がスタートしています。これまでは4K放送を視聴するには、有料衛...

フィールドテスト概要

フィールドテストは、株式会社 福岡放送(FBS)、株式会社 TBSテレビ(RKB毎日放送)、株式会社 NHKエンタープライズなどが独自に制作したオリジナルの4K番組、6作品の提供を受けて、2015年12月21日~2016年2月14日まで実施されます。

今回のフィールドテストにて「BBIQ(ビビック)光テレビ」での4K放送配信対応に向けた検証が行われます。尚、プレスリリースとして発表されましたが、今回のフィールドテストは番組を提供してる放送局及び九州通信ネットワーク(QTNet)社内のみの実施になるようです。残念ながら、一般ユーザーへのトライアルはないようです。

フィールドテストされている4K配信方式についてはプレスリリースでは発表されていませんが、恐らく他のサービス同様にH.265/HEVCを用いた4K/60p配信ではないかと思われます。

今回のフィールドテストの結果を踏まえて「BBIQ光テレビ」の4K放送配信対応を進めていく方針のようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!