マスプロ電工 新4K衛星放送用 4Kチューナー DT814 12月発売

お役に立ったらシェアお願いします!

マスプロ電工から、2018年12月に始まる新4K衛星放送(BS/110度CS 4K放送)を、視聴できる『4KチューナーDT814』を12月に発売します。価格はオープンプライス、店頭予想価格は3万円台前半。

スポンサーリンク

マスプロ電工『4KチューナーDT814』

外形寸法は約220×146×34mm(幅×奥行き×高さ)。

2018年の12月からBS・110°CSによる新4K8K衛星放送が始まります。

マスプロ電工の4Kチューナーは、4K対応テレビに接続するだけで、手軽に新4K衛星放送を視聴することができます。8Kは受信できません。

HLG方式のHDRに対応

新4K衛星放送で採用されるHLG方式のHDRに対応。

後日案内する推奨の外付けHDDを接続することで、新4K衛星放送の録画も行なえるそうです。

これまで発表されている4Kチューナー

遂にパナソニックから、「新4K衛星放送」対応のBS/110度CS 4Kチューナー「TU-BUHD100」が発表。価格はオープンプライ...
DXアンテナは、本年12月に本放送が開始される新4K衛星放送(BS・110度CSによる4K放送)gが受信できる「4K BS/CSチュ...
6月7日、シャープは、新4K衛星放送の受信が可能な「4Kチューナー」を開発、本年12月1日の放送開始に合わせ発売すると発表しました。...
国内テレビ初!東芝から、BS/CS 4Kチューナーを搭載したレグザの2018年モデルが発表されました。嬉しいのは、全モデル「新4K8...

さいごに

これ以上の情報を探したのですが、全然見つかりませんでした。申し訳ありません。とにかく12月の新4K衛星放送に向かって4Kチューナーがどんどん発表されています。

またお値段はいまのところ、3万円前半くらい。私なら4K対応テレビを買って、こういう4Kチューナー後付けしたいなと思いますが・・・

関連記事はこちら

4K有機ELテレビが好調です。ソニーとパナソニックの参入から1年経った今、本当に買い時なのか?4K有機ELテレビが好調な理由と、その...
【2018年最新版】近ごろ、4Kや有機EL、8Kなどよく耳にするようになりましたが、いざテレビを買おうと思うと違いがわからない。そこ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!