地デジで4K放送が実現する?総務省が、地上4K放送を実現する技術について募集!

地デジで4K放送が実現する?総務省が、地上4K放送を実現する技術について募集!

お役に立ったらシェアお願いします!

総務省が、現行の地デジの視聴環境を維持しつつ、地上4K放送を実現する技術について募集します。期間は平成29年2月10日(金)から平成29年2月24日(金)まで。平成28年度第2次補正予算事業である「地上4K放送等放送サービスの高度化推進事業」の1つとして、調査研究を実施する予定です。

地デジで4K放送?

総務省は、4K・8Kの推進を目的とし、平成28年度第2次補正予算において「地上4K放送等放送サービスの高度化推進事業」を実施します。

この事業の1つとして、現行の地上デジタルテレビジョン放送(地デジ)の視聴環境を維持しつつ、地上4K放送を実現する技術について調査研究を予定しており、調査研究に先立ち、有効と考えられる技術手法ついて募集する。

参考:http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu08_02000168.html

募集期間

平成29年2月10日(金)から平成29年2月24日(金)まで

取り組みについて

総務省では、国、放送事業者、受信機メーカ等関係者の共通の目標として、「4K・8K推進のためのロードマップ」を策定し、4K・8Kに関する取組を官民連携して推進しています。

地上波による4K・8K放送は、同ロードマップにおいて、「より効率的な伝送を実現すべく、研究開発を進める」とされています。

そのため、将来の地デジ4K放送の実現に向けて、伝送容量の拡大、伝送効率の研究を進めています。

4K・8Kのロードマップについてはこちらも

2018年開始予定の4K/8K実用放送とは?
総務省は10月19日、2018年開始予定となっているBS及び東経110°CSによる4K/8K実用放送の業務認定申請の受付結果と、20...

平成28年度第2次補正予算事業?

総務省では、平成28年度第2次補正予算事業である、「地上4K放送等放送サービスの高度化推進事業」の1つとして、現行の地デジの視聴環境を維持しつつ、地上4K放送を実現する技術について調査研究を実施することを予定。

この研究の実施に先立ち、提案を募集するというのです。

内容について

募集要項について 以下抜粋。

具体的には、以下の条件を満たす技術手法について提案募集を行う。

①現行の地上デジタルテレビジョン放送(地デジ)の視聴者は、受信アンテナの交換や新たにチューナー等を購入することなどなく、これまでと同じ視聴環境で地デジを視聴し続けることが可能となること。(地デジの視聴にあたって機器の設定変更等が必要な場合は、視聴者の負担・手間は極力少なくすること。)

②地デジの映像・音声品質は極力維持する(若しくは多くの視聴者が許容できる範囲の劣化に抑える)こと。また、ワンセグ放送についても原則維持すること。

③地上4K放送用の周波数帯及びチャンネル幅については、原則、現行の地デジと同一(使用周波数帯:470~710MHz帯、チャンネル幅:6MHz)とすること。なお、当該周波数帯は地デジが使用していることを鑑み、4K放送用の周波数は、地デジが使用している周波数の削減(その場合は、①及び②の条件を満たす具体的な削減方法を明記すること。)や、両放送を同一帯域で使用できる手段の活用等を前提とすること。

④地上4K放送の視聴を希望する視聴者は、原則、別途対応チューナー等を購入するだけで、視聴可能となること。

⑤上記に示した原則による提案以外に、他の伝送路やサービス等も活用して、現行の地デジの視聴環境を維持しつつ、4K放送を提供する技術手法の提案も募集対象とするが、その場合は手段、経費(初期費、維持費等)など、視聴者が負担・整備する必要がある事柄等を明記すること。

⑥事業の実施期間については、約10ヶ月間とすること。また、事業期間の途中及び終了時において、提案の方法による地デジ及び4K放送の映像・音声のデモンストレーションが可能なこと

原則、別途対応チューナー等を購入するだけで、地デジ4K放送が視聴可能なるなど、消費者に負担にならない方法を募集する予定。

提案募集について

応募資格について

下記(※)の技術に関する調査研究の請負を具体的に検討している、企業、独立行政法人、大学、地方公共団体その他法人等又はこれらの法人等からなるコンソーシアム等。

(※)提案対象となる技術
現行の地デジと同一の周波数帯(470~710MHz)及びチャンネル幅(6MHz)で、現行の地デジに加え、4K放送を実現することが出来る技術又はそれに準ずる技術。

今後はどうなっていく?

期限は、平成29年2月24日(金)18時必着

今後は、提出された提案を評価した上で、調査研究の内容を決定した後に、請負者を決めるための一般競争入札を行う予定。

さいごに

当サイトでは、地デジで4Kは実現しないという記事を書いています。放送システムの変更なしで地デジの4K放送が実現することになるのか?

地デジで4K放送は実現しない。
今日のトピックスは先日、友人から質問された内容です。地上デジタル(地デジ)で4K放送を見ることが出来るのか?ということ。友人...

意外と実現は早いのか?気になるところです。この情報については随時追いかける予定です。

関連記事はこちらも

4Kテレビ購入の方必見!来年開始のBSデジタル4K放送は最新の4Kテレビで視聴出来ない
今、販売してる4Kテレビでは、来年始まるBSデジタル4Kの放送が見られないなんて!えっ?って感じです。4Kテレビの購入検討をされている方に、...
4K/8K試験放送は録画禁止?!今の4Kテレビでは視聴出来ない~次世代放送は知らないと損することがたくさんある~
このサイトを立ち上げようと思った一つに4K/8Kや新技術のHDRに関する情報があまり一般的に知られていないと感じたからです。スタートは「4K...
2018年開始予定の左旋円偏波4K/8K実用放送にも対応!「BC45RL」など6ラインナップ「BC paRabo」が発売開始
マスプロ電工は、現在のBS/110度CSデジタル放送だけでなく、2018年に開始予定となっているBS左旋波(左旋円偏波)を用いた4K/8K衛...
2018年開始予定の4K/8K実用放送に対応する分配器・分波器、衛星ミキサーが2月上旬から発売
マスプロ電工は、2018年から開始予定のBS左旋円偏波4K/8K実用放送にも対応可能な分配器・分波器、衛星ミキサーを2月上旬に発売開始します...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!