Windows 10の「Creators Update」で誰でもアーティストに!?

Windows 10の「Creators Update」で誰でもアーティストに!?

お役に立ったらシェアお願いします!

vr-2

10月26日、ニューヨークにて開催中のWindows 10イベントにて、マイクロソフトが 来春、Windows 10の大型アップデートをすると発表しました。名称は「Creators Update」4Kゲーム、3D、VRに対応し、すべてのWindows 10デバイスに無償で提供。このアップデートで個人が作った作品をシェアする機能も強化するようです。

Windows 10 来春大型アップデート

名称はCreators Update

プレゼンを見ていて、とてもわくわくしました!凄いです!気軽に3DやVRを誰でも楽しめ、作品も具現化しやすくなり、新たなアーティストが生まれてくるのではないでしょうか?そう予感させるものでした。

とくに私がいいなあと思ったのは、「Paint」が3Dに対応したことと、新しいSurface製品のSurface Studioですね。これまでも液晶画面に絵を描いたり、図面を描いたりと出来たのですが、今まで以上に誰でもクリエーターになれる!可能性を感じました。

クリエーター向けのツールではなく、万人が「創造力を発揮できる道具」になっていると思います。

3D for Everyone [Paint 3D]

イラストが描けるツール「Paint」が3D対応し、「Paint 3D」という名称に!また、Windows 10 Creators Updateに標準で含まれるアプリケーションとなります。

紹介の動画を見るだけで凄いです。例えるならAdobeのソフト illustratorやPhotoshopの良いとこを取り入れ、3Dで物体そのものを取り込むことも、編集も可能。使い方も直感的で素晴らしい。絵を描くように3D作成が出来そうな予感。もちろんPowerPointも3Dで楽しめるようです。

3Dが当然の環境で育ち、3Dで思考する新世代へ向けたものとなっています。

また、この3DデータをFacebookに表示できたり、Microsoftの「HoloLens」ヘッドセットを使って3Dホログラムとして投影できたり・・・。早く使いたいです。

公式Youtube

Surface Studio

パソコンだけど、液晶ペンタブレットみたいに使えるのは変わりませんが、別売りでダイヤルというものがあり、これが凄いんです。

surface-studio

このように20°傾けて使用可能。

surface-studio-5

凄いのは、ダイヤルです。Surface Studio画面上に置くと、ソフトウェア側のUIと同期します。くるくるダイヤルを回すと色の調整をしたり、3Dで回転したり直感的で使いやすそうです。

surface-studio-4

surface-studio-2

surface-studio-3

このように、ダイヤルの周りにUIが表示され、選択するようです。

公式Youtube

主な仕様

ディスプレイ

  • 28インチ PixelSense Display
  • 解像度:4500 X 3000(192 dpi)
  • カラー設定:adobe sRGB、DCI-P3 とVivid Color Profiles 個別に色を校正
  • タッチ:10ポイントマルチタッチ
  • アスペクト比:3:2

プロセッサー

  • クアッドコアの第6世代Core i5またはi7

グラフィック

  • NVIDIAのGeForce GTX 965M 2ギガバイトGPU GDDR5メモリ または、
    NVIDIAのGeForce GTX 980M 4ギガバイトGPU GDDR5メモリ

ストレージ

  • ハイブリッドドライブ 1TB または 2TB

メモリー

  • 8GB、16GB、または32GBのRAM

surface studioのサイト 英語のサイトになります
https://www.microsoft.com/en-us/surface/devices/surface-studio

surface-dial で何が出来るのか?英語のサイトになります
https://www.microsoft.com/en-us/surface/accessories/surface-dial

価格は構成によりますが2999ドル~。4K以上の解像度で28インチの広色域ディスプレイ、さらにペン入力とタッチ対応。

と、値段は高いけど、3Dで直感的に使えるダイヤル、ペンなんて他にはない・・・と思うと、正直他のものと比較ができない。欲しくなりますよね。

MR対応VRが発売 299ドル~

vr-2

Microsoftが、以前から取り組んできた HoloLens(電脳メガネ) や、現実とバーチャルを併せ持つ MR(Mixed Reality)の要素のあるVRヘッドセットが発売されると発表されました。

大手PCメーカー5社 (HP、Lenovo、Dell、Acer、ASUS) より発売予定。ヘッドセットは普及帯のノートPCやデスクトップPCでも動作し、米国で最安で299USドルからと、手頃な価格のMR/VRが実現するようです。

また、edgeブラウザを使ってARやMR体験ができるようです。

vr-1

さいごに

個人的に欲しいのは、Surface Studioですが、やっぱりちょっとお値段が・・・もっと安くなれば嬉しいけど。

しかし時代の流れを本当に感じます。これらを使って授業したり、遊んだりする私の息子や娘は一体どんな大人になるんだろう?と思うのです。

関連記事はこちらも

4K画質のVRヘッドセット、Pimaxから発売。日本にも発送可能な模様。値段も安い!
4K画質のVR が遂に発売された!中国のメーカー PIMAX の「PIMAX 4K UHD VR 3D PCヘッドセット」ですが、販...
4K/VRのGear 360を試してみました!
Samsung(サムスン電子)のGear 360が、7/15日に日本でも発売開始となりました。海外ではすでに発売されていたため、...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!