今年も開催決定!RED BULL AIR RACE CHIBA 2016

今年も開催決定!RED BULL AIR RACE CHIBA 2016

お役に立ったらシェアお願いします!

aircraft-67566_1280

2016年も千葉で、「RED BULL AIR RACE CHIBA」開催決定。3/1から予約開始しました。昨年は完売したこのレース、我が家は見に行きました!

4K映像でのエアロバティックの映像があるんですよ。Air Raceではないですが、4Kにて飛行機の映像がすでに幾つかあります、是非観て見てください。

Channel 4K 「SKY」

4K試験放送、「Channel 4K」で、7分ですが「SKY」という作品があります。こちらは、channel 4Kで視聴可能です。しかしこのchannel 4Kは、今年度末の2016年3月末に終了します。

コンテンツ自体は、channel 4Kがなくなってもどこかで放映するとは言っています。

高性能プロペラ飛行機によるエアロバティックは「空のF1」とも呼ばれる3次元空間のモータースポーツ。それに挑戦する日本人パイロット室屋 義秀をクローズアップ。エアロバティック飛行だけを目的に作られた機体「EXTRA300S」が時速400kmのスピードとダイナミックで華麗な技を大空に描く。

実際に「RED BULL AIR RACE CHIBA」で実物を見てる私としては物足りませんが、飛行機と同じ目線でも撮影してますので、その映像は綺麗だし、空の上ってこんな感じなのかな?と思いを馳せることができる映像です。7分ではなくもっと長いコンテンツだと嬉しいのに・・

これ以外にも飛行機好きなら、4Kの飛行機コンテンツがあります。

スカパー!4K 総合 「Fighter Pilot」

ラスベガスにある米国同盟国の空軍訓練場所であるレッドフラッグで、世界のエリートパイロット達が、彼らの経験の中で実践さながらの飛行を行う様子です。

ネバダ砂漠で、若い米軍戦闘機パイロットが、命を守るための訓練を行っている様子を4Kで撮影。作成したのはボーイング社。

戦闘機、滑走路、アメリカならではの広大な土地、スケール感があってとても面白いコンテンツです。

スカパー!4K 総合 「Legends of Flight」

100機以上のテスト飛行に携わった、伝説的チーフ・テストパイロット「マイク・キャリカー」の目を通して、1世紀にわたる航空の歴史においての挑戦と失敗の数々と、ドリームライナーのデザインに影響を与えた初期の航空機デザインを検証する。

こちらは、飛行機の技術面の話がメイン。エンジンのや機体の材料についての映像が多いのですが、飛行機工場の内部の映像もあり、飛行機の整備場よりスケールがあって面白いです。
上空の映像は少なめです。

スカパー!4K 総合 「Rescue」

見る者を自然災害に立ち向かい命を救う困難な”Rescue”の世界に引き込む。数人の英雄たちが主導し、レスキューチームが結成され、彼らは陸海空での訓練を重ね最悪の事態に備えていた。そしてマグニチュード7の地震がハイチを襲った時、そのチームは世界中から呼応する軍人、民間人、機材を集め、本当の災害救助が始まった。空前のスケールで災害救助活動を捉えたリアルストーリー。

こちらは、日頃訓練に励んでる飛行機に限らず、消防士、海軍など様々な人たちの話です。個人的にはこのコンテンツ内の米国女性パイロットが格好良く、飛行機のコンテンツとしても楽しめます。

「RED BULL AIR RACE CHIBA」の詳細も書きたいと思います。

「RED BULL AIR RACE CHIBA」

RED BULL AIR RACE CHIBA 2016/レッドブル・エアレース千葉2016

【開催日】予選 6月4日(土)決勝 6月5日(日)※雨天決行、荒天中止

【開場・開演】開場10:00(予定)・競技開始13:00(予定)・競技終了16:00(予定)

【場所】千葉県立幕張海浜公園

【主催】レッドブル・エアレース・ジャパン実行委員会
(グッドスマイルカンパニー、ローソンHMVエンタテイメント、Zeppライブ、エアレース・ジャパン)

詳細は、http://rbar.jp/

RED BULL AIR RACEとは?

世界最高の飛行技術を持つレースパイロットたちが、最高時速370km、最大重力加速度10Gの中、操縦技術の正確さ、知力、体力、そして精神力の限りを尽くして3次元でタイムを競うFAI(国際航空連盟)が公認する世界最速のモータースポーツ・シリーズです。

高速で、機動性に優れたレース専用飛行機を使用し、1機ずつペナルティを回避しながら高さ25mの空気で膨らませたパイロン(エアゲート)で構成する低空の空中コースを周回してその飛行タイムを競います。

2003年に第1回大会を開催し、2005年より世界選手権としてスタート。2010年まで毎年開催し、2011年からの休止後、3年のブランクの間に安全面やルールをさらに向上させて2014年に再開。2014年と2015年それぞれ7か国、8ヶ所でレースを開催しています

2016年のレースも8戦予定され、レースの日程も発表されています。

2016年のレースカレンダー

 開催場所(国)開催日
第1戦アブダビ(アラブ首長国連邦)3月11日(金) 12日(土)
第2戦シュピールベルク(オーストリア)4月23日(土) 24日(日)
第3戦千葉(日本)6月4日(土) 5日(日)
第4戦ブダペスト(ハンガリー)7月16日(土) 17日(日)
第5戦アスコット(イギリス)8月13日(土) 14日(日)
第6戦ラウジッツ(ドイツ)9月3日(土) 4日(日)
第7戦インディアナポリス(米国)10月1日(土) 2日(日)
第8戦ラスベガス(米国)10月15日(土) 16日(日)

室屋義秀って?

この世界的なレースに参加する、初のアジア人エアレースパイロットです。

幼いころからパイロットを目指し、中央大学入学後、航空部に所属し、グライダーで飛行訓練を開始。パイロットとしての歩みは決して順風でなく、資金も実績もなく機体購入は全額借金。スポンサー回りの生活から始まったと言います。

実績もないので、エアショーのオファーなく、無償でエアショーを行うという作戦に出て、燃料費を確保できるように。少しづつ実績を出し、2008年、アジア人初のレッドブル・エアレース・パイロットに抜擢され、翌年2009年には6位入賞を果たす。

2014年には、「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」で初の表彰台を経験(3位)しました。

公式HP:http://www.yoshi-muroya.jp/

室屋さんの2016年の意気込み:YouTube

http://www.redbullairrace.com/ja_JP

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします!